アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「黒夜生誕 DM-ST-1 生存」

W
W

あなた達行こうとしてるの?

W
W

ちゃんと治療しないと感染するわよ。

強気な子
強気な子

――俺が魔族を信じると思うか?

W
W

魔族、魔族ね。

W
W

身近に魔族が多すぎてその呼び方を忘れてしまうところだったわ。

強気な子
強気な子

ちっ、お前、俺たちの後ろを付いてくんな。

W
W

もう十分離れてると思うけど?

強気な子
強気な子

白々しい事しやがって、そんなにやりたいなら、今すぐやれよ!

弱気な子
弱気な子

ル、ルブリョフ、あんまり刺激しないほうが…。

強気な子
強気な子

…いいんだ、何なら自分一人で行け。

強気な子
強気な子

ほっとけ。

弱気な子
弱気な子

ご、ごめんなさい…。

強気な子
強気な子

感染する時は感染する、魔族の助けなんて必要ない!

弱気な子
弱気な子

…うん。

W
W

うふふ…。

W
W

この近くに廃墟病院があるの。チェルノボーグ区病院。

W
W

何処にあるか知りたいんじゃないの?

強気な子
強気な子

…。

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ…?

強気な子
強気な子

あいつの話なんて聞くな。きっと俺たちを騙しているんだ。

強気な子
強気な子

あいつを振りまくぞ…急げ。

強気な子
強気な子

あそこに路地が見えるだろ?お前はその角に走って、1分以内に行くんだ!

弱気な子
弱気な子

…うん。

強気な子
強気な子

――走れ!

 

W
W

まだ速く走れるみたいねえ。

強気な子
強気な子

あいつどうしてこんなにも速く付いてこれるんだ――あっ!

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ…君の足!血、血が黒くなってる…

強気な子
強気な子

ちっ、さっきお前を助けなかったら、あいつから逃げられていたのに!

弱気な子
弱気な子

ごめんなさい、ごめんなさい…

強気な子
強気な子

もういい!声を小さくしろ。

強気な子
強気な子

あいつに気付かれないようにしろ。

W
W

…。

W
W

前の通りを左に曲がると、壊された広場が見えるわ。。

W
W

広場の西にある一番大きな建物が病院よ。

W
W

廃病院。

弱気な子
弱気な子

…僕たちもう見つかってるみたいだよ…

強気な子
強気な子

お前が言うことを聞かないからだろ――もういい。

強気な子
強気な子

おい、魔族。

強気な子
強気な子

どうしてそんなことを俺たちに教えてくれるんだ?

W
W

気まぐれかしらねえ。

W
W

あなた達二人ってどういう関係なの?

弱気な子
弱気な子

…。

強気な子
強気な子

…俺はただ食べ物を探してたらこいつに会ったんだ。

弱気な子
弱気な子

ルブリョフが僕を助けてくれたんだ…。

W
W

へえ…だからあなたは彼の言うことを聞くの?

弱気な子
弱気な子

W
W

もういいわ、好きにしなさい。今度はあなたは自分の命の恩人を助けてあげる番よ。

強気な子
強気な子

お前はこいつに何をさせたいんだ?

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ…。

W
W

大丈夫よ、行ったでしょ、そこまで遠くない所に病院はあるって。

W
W

当然、レユニオンだって馬鹿じゃないわ。あの医療物資を放っておく訳が無い。だからルブリョフを助けたいのであれば…盗むのよ。

W
W

そこの全ての感染者は暴徒で、あなた達の家族、身内、友人を殺した暴徒よ。

W
W

オリパシーの早期症状を抑える薬剤もそこにしかない。

W
W

盗む、奪い取る、何だって良いわ。

W
W

でも、そこの人が助けてくれることは期待しないことね。

強気な子
強気な子

行くな!あいつの言うことなんて聞く必要無いからな!

弱気な子
弱気な子

で、でも…

W
W

行くな?

W
W

彼はあなたの名前を知っているの、ルブリョフ、あなたは彼の事を知っているの?

強気な子
強気な子

それが今と何の関係がある!?

強気な子
強気な子

行くな!お前には出来ない!あそこにあるのは――。

弱気な子
弱気な子

僕――。

弱気な子
弱気な子

僕――やってみるよ。

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ兄ちゃんだけじゃない、多くの人が天災の時に怪我をしたんだ。

弱気な子
弱気な子

みんな痛がってる…僕は…

強気な子
強気な子

お前はどうして俺の話を聞いてくれないんだ!

W
W

あの人達を救いたい、それはとても良いことだと思うわ。

W
W

私の言った病院、医療物資は既に地下倉庫に集約されているの。

W
W

化学廃棄物が無ければ駐車場のダクトから潜り込んだり、排水溝から歩いたりすることが出来るわ。

W
W

もしかしたら、あなたはそこで死ぬかもしれないけど。

弱気な子
弱気な子

…。

強気な子
強気な子

ほら、お前の足震えてるじゃないか、考えるな!俺たちのこの魔族の話なんか聞く必要はないんだ!

強気な子
強気な子

早く行くぞ!

弱気な子
弱気な子

僕は…。

(爆発音)

 

弱気な子
弱気な子

ひっ――。

強気な子
強気な子

な、何があったんだ?

W
W

龍門では色々なことがあったのよ…ここにもいくつかの穴が出来るくらいには。

W
W

今のチェルノボーグではせっかくの戦地病院なの。どうして他の人はそういったアイディアが考えられないのかしらね。

W
W

あなた達はどうしてだと思う…魔族の私が、そこに病院があるのを知っているのはどうしてだろうね?

強気な子
強気な子

お前はこれを――う、あ――。

弱気な子
弱気な子

僕..僕…。

W
W

彼はとても苦痛を受けているの、しかもこの勢いで進行していくなら彼は救いようが無いわ

W
W

あなたがここで決めないのなら..。

W
W

あなた達はここで死になさい。

弱気な子
弱気な子

あ…。

強気な子
強気な子

お前、お、お前は一体何をしたいんだ!こっちに来るな!

W
W

行くわよ。

W
W

行かないの?

W
W

あ…でも今から行っても遅いかもしれないわね。暴動が起きている以上、盗みに行くのはもっと難しいだろうし――

弱気な子
弱気な子

僕、行くよ

W
W

――へえ…死んじゃうわよ。

強気な子
強気な子

どうしてあいつの話を聞いて俺を救おうとするんだよ!。

弱気な子
弱気な子

僕は、僕はやってみたいんだ…。

強気な子
強気な子

お前にそんなこと出来るもんか!俺たちは薬局と食べ物を探す、それで良いんだ!

弱気な子
弱気な子

――。

弱気な子
弱気な子

ごめんなさい!

強気な子
強気な子

あ…待て!

W
W

彼の名前も知らないのに、止めようとするなんて、本当に仕方が無いわね。

強気な子
強気な子

お前…あいつを騙しやがって!この悪魔め!。

W
W

騙す?

W
W

私は嘘なんて一言も言ってないわよ。

W
W

当然、信じるも信じないもあなた次第だけど。

W
W

彼を信じるのもの信じないのもあなた次第だけどね

強気な子
強気な子

…俺は、俺はあいつに会いにいかないと、うっ….

W
W

どうして?

弱気な子
弱気な子

あいつは俺無しじゃ何も出来ない…。

W
W

あなたは彼が逃げたと心配しているんじゃないの。

W
W

あなたはこう思っているんでしょ。彼はどうしてあなたを一人で魔族の所に置いていったんだろうって。

強気な子
強気な子

そんなことは無い!

強気な子
強気な子

*ウルサススラング*お前みたいな化物は――

W
W

黙りなさい。

W
W

…ここで彼を待つのよ。一歩も動かずに。

W
W

でなければ、私は今あなたをここで殺すことになるわ。

強気な子
強気な子

うぅ――

W
W

私を誰だと思っているの?

W
W

私が犯人なの。

W
W

この街を壊して、あなたの両親と友達を傷つけた犯人。

W
W

…あ、ふふ、そうだ。

W
W

あなたが忘れたこの刀。その柄にはサルカズのアクセサリーが付いて血に染まっているでしょ。

W
W

誰の血だと思う?。

強気な子
強気な子

う…うぅ、俺、俺には分からない…あいつは…。

W
W

泣いてもいいの、子供は泣いても良いのよ。

W
W

この後の死活なんて…あなた達の態度次第なんだから。

強気な子
強気な子

あいつには出来やしない…。

W
W

そう。

強気な子
強気な子

俺があいつを廃墟の地下から掘り出していなければ、あいつはとっくに…

強気な子
強気な子

…あいつは俺がいないとダメなんだ。

W
W

…。

W
W

誰だって…他人無しでは生きられない。

W
W

違うわ。

強気な子
強気な子

W
W

また静かになったわね、この廃城。

W
W

あの虐殺以来、反乱者はとても少なくなった。良いことだわ、これでようやく少しは力を足せるし、死人も少なくなる、

W
W

だけど、病院の方向は動かないわね。

強気な子
強気な子

あいつ…あいつは…。

強気な子
強気な子

もう…うぅ、こんなにも長く…。

W
W

彼は逃げた。

強気な子
強気な子

W
W

だけど、あなたが彼を救ったのであれば、彼もあなたを救うために努力するでしょ、違う?

強気な子
強気な子

…俺は…。

W
W

それともあなただけが彼を救えて、彼はあなたを救うことが出来ないとでも?

強気な子
強気な子

あいつは…あいつはずうっと何にも出来なかったんだ!

強気な子
強気な子

食べ物を探す時だって!あいつは店の他の奴にも気付かなかったんだ!

強気な子
強気な子

あいつのせいで!俺の足は――!

W
W

…。

強気な子
強気な子

…。

W
W

何処へ行くの?

強気な子
強気な子

俺は…自分で帰る…

W
W

私、ここから離れるとあなたは死ぬって言ったわよね。

強気な子
強気な子

でもあいつは逃げたんだろ!

W
W

あら――

W
W

あなたの目、彼を恨んでいるのね。

強気な子
強気な子

そ、そんなこと!

強気な子
強気な子

例え…あいつが向かっていたとしても…もうこんなにも長く…あいつはもう…。

W
W

――黙りなさい。

W
W

彼が帰るまではあなたは何も知らないわ。

W
W

彼が帰ってくると思っていても良い、彼には出来ないと思っても良い。

W
W

でも、彼が出来ないと考えて、彼を疑って、彼を疑うのはあなたの問題よ。

W
W

彼が失敗した、彼が逃げた、何でそう仮定をするの?

W
W

あなたが彼を救ったから?あなたが彼よりも強いから?

強気な子
強気な子

…うう。

強気な子
強気な子

うああ――

W
W

また泣いちゃって。

W
W

安心しなさい、すぐに痛くて泣けなくなるわ。

W
W

あなたは年下でしょうし、サルカズでもない。本当に耐えられないのであれば教えて頂戴。

W
W

楽にしてあげるから。

W
W

…。

強気な子
強気な子

う..うあ..うう..。

W
W

意識がはっきりとしなくなってきているわね

W
W

まあいいわ…本当に間に合わないみたい。

強気な子
強気な子

いらない…俺はまだ…。

強気な子
強気な子

あいつを…待つ…。

W
W

…。

W
W

あなたが彼を信頼し直したのは、あなたが死ぬのが怖いだけに過ぎないわ。

W
W

子供っていうのはいつも空気を読むのが上手。そうやって私から好感を得たいのだろうけど、つまらないわね。

強気な子
強気な子

…う…

W
W

でも、確かにもう随分と時間が掛かっているわね。

W
W

最後の10分よ。

W
W

安心しなさい。本当にその時になったら、子供を苦しみの中で死なせるなんてことはしないから。

強気な子
強気な子

W
W

…もう咽び泣く力も残ってないのかしら

W
W

あなた何を考えているの?

W
W

私を恨んでいる?それとも彼を恨んでいる?

W
W

それとも余計なお世話をして、一人を助けて、自分が怪我をしたことに後悔でもしているの?

強気な子
強気な子

…違う…。

W
W

そう。

W
W

あなたにはまだ力が残っているわ、私の目に適ったもの。

強気な子
強気な子

…。

W
W

聞いてるの、ルブリョフ。

W
W

人一人が何かをするって決めた理由って何なのかしら?

W
W

出身?身分?それとも過去?ずっと彼の行動を束縛するため?

W
W

全部違う。

W
W

彼の人生の全てが、彼に与えた影響が常に変化をさせているの。彼自身の信念と考えに。

W
W

そして、彼は自分のこの信念をどれほどまで信じているのか。

W
W

あなたは彼を救った、でも心の底では彼を信じていないから、彼を軽蔑し、自分を彼の救世主だと思っているの。

W
W

彼はとても単純よ。あなたが彼を救ったから、彼はあなたを救いたいの。

W
W

この面では彼はあなたよりも間違いなく強いわ。

W
W

このナイフを受け取りなさい。それはサルカズのナイフ。主人の代わりにそれをあげるわ。

W
W

それを使って、それを使うことを覚えて、あるいは売ってお金にでも換金してお金に好感しても良い。あなたの好きなようにすれば良いわ。

W
W

じゃ、そういうことで。

強気な子
強気な子

お前は..お前は何を…。

弱気な子
弱気な子

ル、ルブリョフ!大丈夫だよ!

弱気な子
弱気な子

見て!見て!

弱気な子
弱気な子

医療箱全てを盗んできたんだ!鎮痛剤と包帯もあるよ!

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ――

強気な子
強気な子

うるさい…ぞ、俺はまだ死んでない…

弱気な子
弱気な子

う、うん、傷口を包帯で縛るからね…!

弱気な子
弱気な子

この包帯はどうやって使うんだろう…こ、これは抑制剤?ぼ、僕が開けて…。

強気な子
強気な子

…お前の両親って医者じゃなかったか?

弱気な子
弱気な子

えっと…僕には教えてくれなかったんだ、試してみないと…

強気な子
強気な子

…お前怪我してるのか?

弱気な子
弱気な子

大丈夫、軽い傷だよ…鉄の棒で叩かれただけだから…。

強気な子
強気な子

馬鹿…!

弱気な子
弱気な子

…へへ…。

強気な子
強気な子

あの…サルカズは?

弱気な子
弱気な子

え…僕が入ってきた時にあの人とは会わなかったよ…あの人はさっきまでずっと一緒にいたの?

強気な子
強気な子

…。

弱気な子
弱気な子

ルブリョフ兄ちゃん?

強気な子
強気な子

強気な子
強気な子

…あの、えっと、お前、お前は何て名前なんだ?

弱気な子
弱気な子

え?あ…アンドレ。

強気な子
強気な子

フルネームは?

弱気な子
弱気な子

アンドレ・フヨードル・オストロフスキー…へへ。

強気な子
強気な子

何を笑ってるんだ?

弱気な子
弱気な子

やっと聞いてくれたなって。

強気な子
強気な子

…ごめん。

弱気な子
弱気な子

いや、そんなつもりじゃなくて…君が謝る必要なんて無いよ…。

弱気な子
弱気な子

よし、少しは良くなった?。

強気な子
強気な子

ああ…。

弱気な子
弱気な子

やった!

弱気な子
弱気な子

僕が君を支えるから、さっさと帰ろうよ。

弱気な子
弱気な子

大人たちもこの救急箱を見たらきっと喜んでくれるはずだよ!

私はその二人の子供を見て笑った。

不安の種がなくなれば、彼らはきっとこの街で…この大地で生きていけるだろう。

生きてこそ、生きてこそ苦労はすることが出来る。

蛾が火に付くように、深い穴の虫が入るように。

代価を支払っても、何かを求めて。

W
W

そうよね。

W
W

…タルラ。

サイドストーリー「黒夜生誕」完

タイトルとURLをコピーしました