アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ウルサスの子供達「裏表のある」

???
前衛オペレーター

やや渋みがある感じがする、塩を入れすぎたような味がするな。あー、戻ってきたって感じがする!

???
後方勤務オペレーター

一回長期任務が出ただけだろ、そうじゃなかったっけ?

???
前衛オペレーター

お前は知らないんだろうけど、ウルサスの食べ物って本当に食べ慣れないんだよ。

???
前衛オペレーター

やっぱり、ロドスの食堂が一番だよ、全部俺の好きなものだし。

???
後方勤務オペレーター

さっきの言い方だとお前の好きな食べ物って感じはしなかったが…。

???
前衛オペレーター

美味しいと好きっていうのは違うんだよ。

???
前衛オペレーター

親戚を見つけた難民にごちそうをされたんだけどさ、んん、繊細で高貴だったんだよな。

???
前衛オペレーター

あれに慣れることなんて出来ないね。

???
後方勤務オペレーター

これからはお前をロドスアイランドの食堂に飼いならされた男とでも呼ぶよ

???
後方勤務オペレーター

それで今回の任務はどうなんだ?

???
前衛オペレーター

簡単だったよ。お前も知らない訳じゃないだろう?俺たちはチェルノボーグから救い出した難民を他のウルサスの都市に送り届ける。走るだけなんだが時間が掛かる。

???
後方勤務オペレーター

それは聞いていなかったな。お前からは難民を助けられると聞いてとても気にはなっていたが。

???
前衛オペレーター

そうか、まあ俺達には時間も人数も多くのことをするっていうのが許されてはいないが、でも救ったのは救ったからな。

???
前衛オペレーター

俺もドーベルマンから聞いたんだが、俺達の状況は良くない感じでウルサスと何か接触してるんだってさ、まあアーミヤとドクターがこういう救助をしてくれて嬉しい限りではあるけど。

???
後方勤務オペレーター

ああ、こっちもそういう指導者がいることは喜ばしいよ。

???
後方勤務オペレーター

でも、このことについてはアーミヤとドクターの他にもう一人感謝される人がいるんだろ。

???
前衛オペレーター

ああ、知ってるよ。道端で他の人から聞いたんだ。ナタリアっていう女の子だろ。

???
???

あら、私の話が聞こえたみたいだけど

???
後方勤務オペレーター

あ、ナタリア。こんにちは。

ナタリア
ナタリア

セレンさん、こんにちは、そしてこの方は…

前衛オペレーター
コンパス

俺はコンパス、そのままコンパスって呼んでくれ。

ナタリア
ナタリア

コンパス…いいコードネームですね。こんにちは。よろしければ、ここに座って食事をさせてもらっても良いですか?

ロドスオペレーター
セレン

もちろんいいよ!

前衛オペレーター
コンパス

おい、学生だって聞いてたんだが…。

前衛オペレーター
コンパス

どう見ても超が付くお嬢様じゃねえか!

前衛オペレーター
コンパス

こんな人とどう話をしたらいいのか俺分からねえよ!

ロドスオペレーター
セレン

緊張するな。ナタリアはとても話しやすいからさ。

ナタリア
ナタリア

そういえば、先ほどお二人のお話をお聞きしたのですが、コンパスさんは難民保護の任務を終えて帰ってきたばかりとか?

前衛オペレーター
コンパス

ああ、さっきはそれについて話していたんだ。

ロドスオペレーター
セレン

そうそう、そこでナタリアが果たしてくれたことのことを彼に話すつもりだったんだ。

ナタリア
ナタリア

私は些細な仕事をしただけですよ。

ロドスオペレーター
セレン

謙遜し過ぎだよ。ナタリアが難民達を説得してくれなければ、俺達の仕事は上手くいかなかったんだから

 

前衛オペレーター
コンパス

道のりで難民達から聞いた話なんだが、とても親切なお嬢さんがいて、ロドスは全員いい人なんだと言ってたな。

前衛オペレーター
コンパス

俺もセレンの話を聞いて、君に感謝をしないといけないな、ナタリアさん。

前衛オペレーター
コンパス

正直なところ、難民達の俺達への態度はあのままじゃ何処にも行けない感じだった。君がいなければ道のりがどれだけ面倒なことになっていたか想像出来るくらいだ。

前衛オペレーター
コンパス

俺も難民出身で、そういうのは分かるんだが、白い目で見られるからな。

ナタリア
ナタリア

それは私がすべきことでしたから。本当に大変なのはコンパスさんが護送をしてくれた人達です。

ナタリア
ナタリア

ロドスが信じられないという訳ではありませんが、彼らは災難を受けたばかりで誰も信用が出来ません。

ナタリア
ナタリア

ロドスが皆さんのために良いと言えるということは感じていましたし、私は学生会長としてこういうのはよくやっていましたので。全部得意なことなんです。

前衛オペレーター
コンパス

うんうん、セレン、聞いとけよ。こういうのこそ人の話として気持ちが良いもんだ。

ロドスオペレーター
セレン

だから言ってるだろ、ナタリアは話しやすいって。

ロドスオペレーター
セレン

新人が貴族のお嬢様ってことを最初に聞いた時、俺達はまた付き合いにくそうな相手なんじゃないかって心配してたんだ。

ロドスオペレーター
セレン

いざ蓋を開けてみたら、仕事能力があって、話しやすくて、誰とでも仲良く出来て、誰もが彼女のことを好意的に見ている。

ナタリア
ナタリア

そんなことはありません。私はまだまだ若いのでみなさんが面倒を見てくれているだけです。

前衛オペレーター
コンパス

そういえば、ナタリアはロドスには残ることにしたのか?

ナタリア
ナタリア

はい、先週の時点で後方勤務部門の審査に合格をしまして、正式にロドスの一員になりました。

前衛オペレーター
コンパス

おお、それは良かった。きっとここを好きになってくれるさ。

ナタリア
ナタリア

私はもう、ここが好きになっていますよ。

ナタリア
ナタリア

そういえば、セレンさん。第二陣の難民のリストと彼らが送られるべき目的地の準備が出来ていますので、昼休みが終わったら進めていただけると良いかと。

ロドスオペレーター
セレン

お?そんなに早く?

ロドスオペレーター
セレン

つまり、救出された難民達はちゃんと行き場があったということか?

ナタリア
ナタリア

ええ、一部治療を受けている方以外は全て確認済みです。

ロドスオペレーター
セレン

すごいな。部長が君にこの件を任せたのは正しかったみたいだ。

ナタリア
ナタリア

私はただやるべきことをしただけですよ。

前衛オペレーター
コンパス

となると、俺もは早く第二陣の保護に参加出来るように申請をしておくか。

ロドスオペレーター
セレン

第二陣も行くのか?お前はウルサスの料理が食べられないんじゃなかったのか?

前衛オペレーター
コンパス

それでも、彼らが自分の知っているところに帰って、親戚の表情を見るっていうのが楽しいからな。

前衛オペレーター
コンパス

まあ、もういいじゃねえか。ご飯もそろそろ食べきるし、先に申請しに行ってくるよ!

ロドスオペレーター
セレン

おい、ご飯をよそわはなくても良いのか!

ロドスオペレーター
セレン

ごめんな、ナタリア。あいつはああいう慌ただしい性格なんだよ。

ナタリア
ナタリア

コンパスさんは難民にご執心なんです…ね?

ロドスオペレーター
セレン

ああ、さっきも聞いたけど、あいつも昔は難民で俺達のチームに救われたんだ。だから毎回難民に関する任務だと気になるみたいでな。

ナタリア
ナタリア

お二人は仲が良いんです?

ロドスオペレーター
セレン

まあ、良いほうだな。あいつも最初は後方勤務をしていたんだが、その後に前線に転じたんだが、同期なんだ。性格も合っていたし、いつの間にかいい友人になっていた。

ロドスオペレーター
セレン

ナタリアもあの自治団のメンバーの一人だったよな。

ナタリア
ナタリア

はい、でもソ…ズィマーはコンパスさん達と同じ前線オペレーターで私は後方勤務部にいますね。

ロドスオペレーター
セレン

一緒に発見されたと聞いたんだが、君たちの関係も良いんだろう?

ナタリア
ナタリア

ええ…あの時はずっと一緒にいましたし、仲は良いです。

ロドスオペレーター
セレン

苦労を共にしたってことなんだな。あ、誤解しないでくれよ。災難が良いってことじゃないからな。

ナタリア
ナタリア

分かっていますよ。

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

ん?あれは…

ロドスオペレーター
セレン

ズィマーじゃないか、偶然だな。彼女について話していたばかりなのに。

ロドスオペレーター
セレン

んー、彼女、君を見ているみたいだな?

ナタリア
ナタリア

はい。

ナタリア
ナタリア

ナタリア
ナタリア

すいません、セレンさん、お先に失礼します。

ロドスオペレーター
セレン

問題ないよ。

ナタリア
ナタリア

ズィマー、私を探していたの?

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

あなた大丈夫なの?顔色が悪いわよ。

ズィマー
ズィマー

私は…

ズィマー
ズィマー

なんでもない。私はきっと気がおかしくなってお前を探していたのかもしれない、私は来なかったということにしておいてくれ。

(ズィマーが離れようとする足音)

ナタリア
ナタリア

ちょっと、待って。

(ナタリアが追いかける音)

ズィマー
ズィマー

引っ張るな!

ナタリア
ナタリア

話をしましょう、ソニア。ここに来てからというもの私達はまだよく話をしていないわ。

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

私の部屋に来て。

ナタリア
ナタリア

どうぞ、座って。何か飲む?コーヒー、紅茶、何でもあるわよ。

ズィマー
ズィマー

…流石貴族のお嬢様だな

ナタリア
ナタリア

私を皮肉る力はあるみたいだし、私が思っているよりかはマシのようです。でもさっきは顔色が悪かったわ。

ナタリア
ナタリア

コーヒーにしましょう。ロドスでウラれているコーヒーのは味は良いのよ。紅茶は普通だけど。

ナタリア
ナタリア

その理由はエンジニアさんが特にコーヒーに執着しているからだそうよ。どう思う?

ズィマー
ズィマー

私が分かると思うのか。

ナタリア
ナタリア

ふふ、最近聞くのは褒め言葉ばかりで、あなたの私に対する攻撃的な態度が懐かしいわ。

ナタリア
ナタリア

砂糖は必要かしら?

ズィマー
ズィマー

いらない。

ナタリア
ナタリア

本当に?入れたのはブラックコーヒーなんだけど。

ズィマー
ズィマー

いらない。

ナタリア
ナタリア

はい

ナタリア
ナタリア

どうぞ。

ズィマー
ズィマー

…。

ズィマー
ズィマー

うぇ

ナタリア
ナタリア

言ったでしょう?

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

はい、砂糖を一杯入れてあげるわ。

ズィマー
ズィマー

私を連れてきたのは私をからかうためか?

ナタリア
ナタリア

砂糖はいらないと言ったのはあなたでしょう、ソニア

ズィマー
ズィマー

ちっ。

ナタリア
ナタリア

それに、忘れちゃだめよ。先に私のところに来たのもあなたでしょう。

ズィマー
ズィマー

…言ったように、お前の話すことは何もねえ。私達は友達じゃないし、私はお前のことが好きじゃない。

ナタリア
ナタリア

そうね、あなたともアンナとも友達とは言えないわ。私達は一緒にあそこから生きてきただけ。

ズィマー
ズィマー

私はただ…

ナタリア
ナタリア

ソニアは親しい人にほど言葉を出せない。

ナタリア
ナタリア

もしあなたが私の友達だったら、私はあなたを連れては来なかった。

ナタリア
ナタリア

相手というものは重要ではなく、あなたの立場というものを知っている時だけにこそ、話しやすい言葉というのもある。

ナタリア
ナタリア

私にとってはアンナがその人として一番良い、あなたでも良いけど。

ナタリア
ナタリア

うん…ロザリンドは直接的な性格でだめだし、ラダは優しすぎるから、だめ。

ナタリア
ナタリア

あなたからすれば、私がその役というだけかもしれない。あなたが私に会いに来てくれたというのは、私にとってそこまで驚きじゃなかったわ。

ズィマー
ズィマー

お前は私と話したいということか?

ナタリア
ナタリア

そうよ。

ズィマー
ズィマー

どうして?

ナタリア
ナタリア

…ソニア、あなたが2ヶ月間、オペレーターとして働いてきてどうだった?

ズィマー
ズィマー

どうって、戦いは戦いだ。あのドクターの指揮を聞くのは少し嫌だけどな。

ナタリア
ナタリア

あなたがドクターにもぶつかっているというのは後方勤務部にいる私も聞いているわ。あなたらしいわね。

ズィマー
ズィマー

…私はお前には似ていない。私は綺麗にものを言うことが出来ないからな。

ナタリア
ナタリア

実際、あんなことを経験した後に武器を手にするということはしんどいものじゃなかったの?

ズィマー
ズィマー

…戦うのは好きだからな。

ナタリア
ナタリア

なるほど…ところで、いわゆる綺麗な言葉は勉強したほうが良いと思うわ。そうでなければ損をすることになるわよ。

ズィマー
ズィマー

いらねえ心配だ。

ナタリア
ナタリア

私達は確かに友達ではないけれど、苦楽を共にする仲間なんだから、仲間に関心を持つのは普通でしょう?

ナタリア
ナタリア

それに正直言って、私はあなたのことが大好きよ、あなたと友達になりたいわ。

ズィマー
ズィマー

…は?

ナタリア
ナタリア

いえ、正確に言えばあなたが羨ましいかしら。あなたは簡単に私が出来ないことをやってのけるもの。

ナタリア
ナタリア

そういえば、ソニア。どうして私の元を訪ねてきたのか教えてくれない?

ズィマー
ズィマー

…最近、ずっと悪夢を見るんだ。

ナタリア
ナタリア

悪夢の内容を教えてくれる?

ズィマー
ズィマー

…それは出来ない。

ナタリア
ナタリア

分かったわ、でもきっとアンナには言えないものが含まれているのよね。じゃないとあなたは多分私にもとには来ないだろうし。

ズィマー
ズィマー

…ああ。

ナタリア
ナタリア

チェルノボーグにいたころからそんな感じはしていたわ。

ナタリア
ナタリア

あなた達は息もぴったりだし、相手が何を望んでいるのかも分かるみたいだけど、あなた達は相手とのコミュニケーションを避けている気がする。

ズィマー
ズィマー

放っておいてくれ。

ナタリア
ナタリア

安心して、私はあなたを導きたい訳じゃない。今は自分が他の人を導く資格があるとも思わない。

ナタリア
ナタリア

話を変えましょう、ソニア。あなたはズィマーとして生きていくつもりなの?

ズィマー
ズィマー

どういう意味だ?

ナタリア
ナタリア

ロドスにずっといるつもりなのかって。

ナタリア
ナタリア

私達はロドスにいる必要は無いわ。ここの大人達は本当にいい人だもの。離れたいと思うのであれば穏やかな場所で生活も出来るでしょう。

ナタリア
ナタリア

私達と一緒に救出をされた人達の多くはすでに多くの人達がウルサスに戻る途中よ。

ナタリア
ナタリア

私達が望むのであれば、私達もウルサスの他の都市に行って、そこで私達の新しい生活を始めることだって出来る。

ズィマー
ズィマー

お前は何故行かなかったんだ?

ナタリア
ナタリア

分からないわ。

ズィマー
ズィマー

…?

ナタリア
ナタリア

今日はいい天気ね、ソニア。

ナタリア
ナタリア

ピクニックにはいい天気だわ。

ズィマー
ズィマー

おい。

ナタリア
ナタリア

廃墟の中で狼狽をして食べ物を探し、水一本ですら毎日節約していた時に思ったの。

ナタリア
ナタリア

生きていたならば、ぜひとも明るい午後に美しい庭園を探して、そこで一杯食べたいなって。

ズィマー
ズィマー

おい!

ナタリア
ナタリア

でも私がもっと考えているのは――

ナタリア
ナタリア

あの日あなたが私を殺してくれれば良かったのにって。

ナタリア
ナタリア

ためらわず、哀れみの心を持たず、助けが来るとも思わず、私を憎らしい貴族の一人として、あなたの手にある斧を振り下ろしてくれればって。

ナタリア
ナタリア

私をあのまま死なせてくれるのが私にとって一番良かったのかもしれないのにって。

ズィマー
ズィマー

今からそこにお前を送ってやってもいいが。

ナタリア
ナタリア

本当に良いのかしら?

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

私達はあそこを離れたの、ソニア。文明社会に戻ったのよ。

ナタリア
ナタリア

私達は文明的な考えで考えて、文明的な方法で物事をしなければいけない。そこで起こったことはもう起きない。

ズィマー
ズィマー

そんなこと私は気にしない。

ナタリア
ナタリア

あなたは管理をしているの。あなたは善良な人、ソニア、冬将軍、弱者の守護神、陵辱者の天敵。

ズィマー
ズィマー

何なんだ、気持ち悪いことを言うんじゃねえ。

ナタリア
ナタリア

私が聞いたあなたの噂よ。

ズィマー
ズィマー

こそこそと自分の力で人をいじめるやつらが嫌いなだけだ。

ナタリア
ナタリア

貴族は嫌いなんでしょう、ソニア。

ズィマー
ズィマー

当然だ、偽善的な連中は常に偉そうにしているからな。

ナタリア
ナタリア

ええ、彼らは、いえ、私達はいつも自分を偉い人だと思っている。

ナタリア
ナタリア

あなたに連れ戻されてからというもの、私はそれまで何を経験したのか具体的には言っていなかったわよね。

ズィマー
ズィマー

そうだ、私はお前があの貴族団体のリーダーであるということしか知りはしない。

ナタリア
ナタリア

もし、時間があれば私の話を聞いてくれるかしら。

ズィマー
ズィマー

勝手にしろ。

ナタリア
ナタリア

大部分の貴族と金持ちはレユニオンが事実上の都市占領をし始めた時、その前には難を逃れ始めていた。

ズィマー
ズィマー

貴族どもはとっくに知っていたということか?

ナタリア
ナタリア

そうよ、貴族たちはとっくに知っていた。

ズィマー
ズィマー

…卑怯者め。

ナタリア
ナタリア

そうね、あなたも知っている通り、貴族は利己的なの。

ズィマー
ズィマー

お前も?

ナタリア
ナタリア

私も。

ズィマー
ズィマー

…どうしてあそこにいた?

ナタリア
ナタリア

簡単なことよ、私達の家は逃げるのが遅すぎた。他の貴族も一緒に止められたの。当然、気にしていなかった家族もいるわ。

ズィマー
ズィマー

ほー。

ナタリア
ナタリア

あら、そんな面倒くさそうな顔をしないでちょうだい。必要な背景紹介よ。

ナタリア
ナタリア

とにかく、あの学校に移された貴族の生徒達は基本的には二種類の貴族の子供達だった。

ナタリア
ナタリア

私達は両親と共にいて、レユニオンによってチップとしてウルサスに交換されるべきだったのでしょうが、最終的には親と離れての学校に行くことを余儀なくされた。

ズィマー
ズィマー

それっておかしいことなのか?

ナタリア
ナタリア

おかしいわ。貴族というものは戦争の時にはチップになり得るものだから、無駄にすべきじゃないのよ。

ナタリア
ナタリア

貴族は優雅であり、高貴であり、その身分は尊重されるべきであり、捕虜になったとしても自分の家族や身分を忘れてはいけないの。

ズィマー
ズィマー

お前ら貴族の頭に問題でもあったんだろ。

ナタリア
ナタリア

以前の私ならば、今のあなたの言葉で少なくとも2時間は議論していたでしょうね、ソニア。私はそういう風に教育をされていた。

ナタリア
ナタリア

でも、今であればあなたの意見に同意するわ。

ナタリア
ナタリア

きらびやかな外見を以外は貴族と庶民は変わらないのに、そのきらびやかな外見にとって貴族は逆に醜くなってしまった。

ナタリア
ナタリア

最初の火災で最初の食料が焼けなければ、あんなことにはならなかったと議論をしたことを覚えている?

ズィマー
ズィマー

だがお前は、あの火災が無くても似たようなことが起こり、全てを取り戻すことは出来ないだろうと思っていたとも言っていた。

ナタリア
ナタリア

私はそういう経験をしたとしても思うでしょうね。

ナタリア
ナタリア

でもとにかく、何があっても「何かが必要なのであればその後には全ての事が起こる」とも言っていたわ。

ナタリア
ナタリア

おかしなことに、貴族は何かが起こる必要が無くても、彼らは集まっただけで争いが起きるの。

ズィマー
ズィマー

何故?

ナタリア
ナタリア

新旧貴族の違い、市長の政治の傾向、市内の貴族がいくつか分かれているっていうのを聞きたい?

ズィマー
ズィマー

どうしてそんなこと聞くんだ?

ナタリア
ナタリア

聞かないと理解出来ないからよ

ズィマー
ズィマー

じゃあ言うな。興味無い。

ナタリア
ナタリア

実際、私も興味は無いのだけれどロストフ家の長女として私は知らなければいけないの。

ナタリア
ナタリア

学校に集まった初日に貴族生徒達の間で流血事件が起きそうになったことさえ知っていれば良いわ。

ナタリア
ナタリア

私は第四高校の生徒会長として立ち上がり、私の威信のために彼らを組織しなければいけなかった。

ズィマー
ズィマー

お前はあいつらを内紛させないためにあいつらを組織したってことか?

ナタリア
ナタリア

そうよ、正当に聞こえるかしら?自分のクラスメイトの内紛を起こさないように、私は立ち上がって彼らを組織したっていうことは。

???
ビクター

う、あ…

???
ニコラ

パルヴィル、お前の父が鉱脈の採掘権を握っているからといってやりたい放題出来ると思うな

???
パルヴィル

区の男爵程度が俺にわがままを言って、刺されなかったのは幸運に思っておけ。

???
パルヴィル

お前もだ、イワンノフの次男、お前の話す番が来たとでも思っているのか?俺がお前の胸にも風穴を開けてやろうか?

???
ニコラ

お前…俺の父は議員なんだぞ、お前がそんなことできると思っているのか?

???
パルヴィル

議員ねえ?毎週日曜日の母のパーティで議員が何人来るか教えてやろうか?

???
パルヴィル

お前は知らないだろうけどな、お前の父にはその資格すら無い。

???
ニコラ

お前!

ナタリア
ナタリア

黙りなさい、パルヴィル!

???
パルヴィル

ナタリア、パシーって呼んでくれよ。俺達の間でそんなもの必要は無いだろう?

ナタリア
ナタリア

私は本気よ、パルヴィル・ニコラエヴィチ!こんな時につまらない争いを産まないで!

???
タチアナ

は、はい!

ナタリア
ナタリア

みなさん、私達は今この学校に閉じ込められています。私達には何が起こるのかまだ分かりませんが、少なくともレユニオンは簡単には私達を開放しないでそゆ。

ナタリア
ナタリア

あなた達の様子を見ていたら、ここに来て半日で喧嘩をしたり、殴り合いをしたり、はてには一人の貴族を殺そうとさえした。

ナタリア
ナタリア

それは貴族の姿としてどうなのよ!

???
アンドゥ

お前は誰だ、お前の話を聞くとでも思っているのか?!

???
タチアナ

彼女は「第四高校の明珠」であり、ロストフ伯爵が爵位を継がせると公言したナタリア・アンドレエヴィッチ…

ナタリア
ナタリア

ここには各区の高校から貴族が集まっています。私は自分の身分を強調したくはありません。私達が今直面しているのは生存の問題だけだと言いたいのです。

ナタリア
ナタリア

ここには私達以外にも多くの民間人学校の学生がいます、皆さんも庶民に自分の醜態を見せたくはないでしょう。

ナタリア
ナタリア

それに私達はレユニオンに抑留はされていますが、彼らがウルサスに何かを要求しようとしているのであれば、おいそれと私達に傷を付けるということは出来ないに違いありません。

ナタリア
ナタリア

私達は自分の貴重な命を内紛で無駄にしてしまうのですか!?

ナタリア
ナタリア

争いよりも私達に必要なのは団結です!

ナタリア
ナタリア

もちろん、今はもう分かっているわ。レユニオンは貴族なんて眼中に無かった。

ズィマー
ズィマー

…。

ナタリア
ナタリア

私は争いを鎮めることは出来たけど、スローガンと威信だけでは、ああいう場合には大きな効果は無い。

ナタリア
ナタリア

ソニア、ならばどうして、今日のような強大なウルサスがあると思う?

ナタリア
ナタリア

実際、最後には多くの貴族学生が私に服従をしたり、誰かと一緒に過ごしたりして、自分でグループを組んでいる。

ナタリア
ナタリア

最終的には私のもとには少将が30人以上集まってきた。

ナタリア
ナタリア

当時の私はもうそれはとてもよく出来たと思う。

ズィマー
ズィマー

道理でお前達の団体以外には没落した貴族が大量にいたわけだ。

ナタリア
ナタリア

ええ、彼女たちも様々なグループを組織していたのでしょうね。

ズィマー
ズィマー

…そんなの私に分かる訳ねえだろ。

ナタリア
ナタリア

残念だわ。あなたと話をするのは楽しいのだけれど、こういった話題ではやっぱりアンナと話をしたほうが良いみたいね。

ズィマー
ズィマー

…話を逸らすな。

ナタリア
ナタリア

ウルサスが今日のようになったのは戦争のために前の国王陛下が戦争を繰り返し、資源を獲得して次の戦争に突入をしたから。

ナタリア
ナタリア

戦争があれば、ウルサスは動き、国民が協力をしてくれるからよ。

???
ニコラ

私は…ナタリア会長の言う通りだと思う。

???
パルヴィル

ナタリア会長が俺達をリードしてくれるのであれば、俺は従うよ。

ナタリア
ナタリア

私を信頼してくださるというのであれば、私をこの団体の主催者としても問題はありません。

ナタリア
ナタリア

(何とか戦いは止められましたが、これからはどうすればよいのでしょう…)

???
パルヴィル

それならば一つ提案がある。

ナタリア
ナタリア

え?

???
パルヴィル

ナタリアの言うとおりだ。貴族の体面は保つべきだろう。

???
パルヴィル

ならば、その庶民たちには少しでも貢献をしてもらいたいところだ。

ズィマー
ズィマー

お前…まさか…

ナタリア
ナタリア

そう、私は彼らの「民間人からの略奪」の提案に同意をした。

ナタリア
ナタリア

ソニア、私は自分は優しい人だと思っていたの。

ナタリア
ナタリア

少なくともその時、私はそう思っていた。

ナタリア
ナタリア

貴族同士の社交というものは面白みが無く、偽りでしかない。悲劇のために嘆き、難民達のために食事を送ったことだってある。

ナタリア
ナタリア

でも私はあなたを騙したくは無いし、私自身を騙したくもない。

ナタリア
ナタリア

あの時、貴族を団結させるために、私は彼らの略奪に同意することを選んだ。

ドン!
白髪の少女は地面に倒され、顔には拳を打ち込まれた。彼女の口元からはゆっくりと真っ赤な血が流れていたが、彼女は笑顔を見せていた。
その笑顔は鮮血によって引き立てられて、悲惨にも見えた。

ナタリア
ナタリア

こほ、こほ…

ズィマー
ズィマー

この…

ナタリア
ナタリア

私は悪魔よ。

ナタリア
ナタリア

でもね、ソニア。あなた達と一緒に暮らしていなかったら、ロドスには来ていなかったし、今のようにも考えすらしなかった。

ナタリア
ナタリア

あなた達が教えてくれた、高貴ではないという事実が、その事実こそが、私に対する最大の非難なのよ。

ナタリア
ナタリア

だから、あなたが私を見つけた日に、私の仲間をあなたが殺したように私を殺してくれたら、どんなに良かったか。

ナタリア
ナタリア

自分がいい子だという幻想に溺れて、私もどうしようもない自分の慰めで溺れて死んだら、どれだけ今よりも良かったか。

ナタリア
ナタリア

…ソニア、それは何かしら?

ズィマー
ズィマー

カッターだ。

ナタリア
ナタリア

私はこの数ヶ月の間、26回手首を切りたいと思い、15回は喉を掻っ切りたいと思ったわ。

ズィマー
ズィマー

…よくそんなことを覚えているな。

ナタリア
ナタリア

私は諦めるたびに自分の愚かさと臆病っぷりに笑ってしまうから、忘れるのが難しいのよ。

ナタリア
ナタリア

私も貴族の方法とやらで毒茶を使ってみようとしたり、剣で自殺してみようとしたり、遺書はどういう形で書けば良いのかも考えたことがあるわ。

ナタリア
ナタリア

でも残念だけど、こういう方法って事前に他の人に見つかってしまうのよ。他の人には迷惑を掛けたくは無いわ。

ズィマー
ズィマー

一体何が言いたい?

ナタリア
ナタリア

私は…

ナタリア
ナタリア

私は大人たちに言いたい。ここに残って、ウルサスの人たちのために何をしてあげたいのかって。

ナタリア
ナタリア

私は自分に言ったわ。ナタリア、あなたは罪を償っているのよって。

ナタリア
ナタリア

でも、本当にそうなのかしら。

ナタリア
ナタリア

ニコラ達の笑顔を思い出す度に、彼らが庶民から強奪をしたことを思い出して、私に功労を求めた表情を思い出す。

ナタリア
ナタリア

私が彼らに許可をした願いを思い出すたびに、私は彼らのために計画を立てて、彼らにどうすれば良いのかを教えてあげた。積み上げた物資に対する喜びも思い出すわ。

ナタリア
ナタリア

私は無視のふりをしていた悲鳴と鳴き声を思い出す度に、私は強制された、無実だと思ったことを思い出し、私がそういった生活に慣れ始めていたことを思い出す。

ナタリア
ナタリア

ソニア、信じられる?あの大脱走の仲で私は誰も殺したことなんて無かったのよ。

ナタリア
ナタリア

でも私は一番汚れているに違いないわ。

ナタリア
ナタリア

私があなたを連れてきたのは私がこれからあなたはどうすればいいか教えたいからと思っているんでしょう?

ナタリア
ナタリア

違うわ、ソニア、私には何も分からないし、何もわからないの。

ナタリア
ナタリア

私にはどうやって教えていけば良いのかが分からないの!私は私の全ては余裕があるというふりをしてあなたを引き入れることしか考えられないの!

ズィマー
ズィマー

ナタリア
ナタリア

ズィマー
ズィマー

お前…

ナタリア
ナタリア

はあ、ごめんなさい、少し調子が悪いみたい。

ズィマー
ズィマー

…何か飲むか?

ナタリア
ナタリア

紅茶を、ありがとう。

ズィマー
ズィマー

ああ。

ズィマー
ズィマー

おい、この部屋の紅茶は何処にあるんだ?

ズィマー
ズィマー

この部屋にはお茶の箱が多すぎて、私には分からないんだが。

ズィマー
ズィマー

あ。

ナタリア
ナタリア

…ぷっ。

ナタリア
ナタリア

やっぱり私がやるわ、ソニア。

ズィマー
ズィマー

えっと、すまない。

ナタリア
ナタリア

あなたは紅茶を入れられないということを思い出したわ。一時の失態であなたに不得意なことをさせようとしてしまって、本当にごめんなさい。

ズィマー
ズィマー

お前な…。

ナタリア
ナタリア

えっと、ソニア、それであの日はどう思ったの?

ズィマー
ズィマー

え?

ナタリア
ナタリア

火事の後、逃げ回っていた他の学生が捕まっている中、私をどうして助けてくれたの?

ナタリア
ナタリア

私が先日まで学校で暴れていた貴族のリーダーだってことは知っていたのに。

ズィマー
ズィマー

忘れた。

ズィマー
ズィマー

多分お前がかわいそうに見えたんだろ。

ナタリア
ナタリア

どうして私を自治団に加入させることに同意したの?

ズィマー
ズィマー

アンナが同意したからだ。

ズィマー
ズィマー

お前は私に憎んで欲しいのか、ナタリア?

ナタリア
ナタリア

分からないわ、ソニア。私が憎い?

ズィマー
ズィマー

私が見たことのある馬鹿は自分が馬鹿だと認めないやつだけだ。

ナタリア
ナタリア

自分が馬鹿だと分かっているなら、それは馬鹿なんじゃないのかしら?

ズィマー
ズィマー

…てめえは殴られたいのか?

ナタリア
ナタリア

被虐趣味は無いわ、どう言ったら良いのかしらね。私はあなたに、そう、あなたの誤解を防ぐために、さっきの私の話を聞いてくれた人には正直になりたいの。

ズィマー
ズィマー

ひぎゃ…なんだって?

ナタリア
ナタリア

ああ、それは貴族の間に伝わるちょっとした趣味で私も聞いたことがあるだけだから、気にしなくても良いわ。

ズィマー
ズィマー

少なくとも、もう二度と殴りたくはない。

ナタリア
ナタリア

そう。。

ナタリア
ナタリア

紅茶はクルビア製が良いかしら、それともヴィクトリア製が良いかしら

ズィマー
ズィマー

…立ち直るのが早いな。

ズィマー
ズィマー

どっちでもいい。私はどうせ飲まない。

ナタリア
ナタリア

結局私はそういう人として教育されているのよ、いつでも一番いい姿を他の人に見せている。

ナタリア
ナタリア

砂糖はいる?

ズィマー
ズィマー

…いる。

ナタリア
ナタリア

ごめんなさい、この紅茶は砂糖が入れられないんだったわ、そのまま飲んで。

ズィマー
ズィマー

お前めんどくせえな。

ズィマー
ズィマー

ちっ。

ズィマー
ズィマー

聞け、ナタリア。私はどうやってお前を慰めたら良いかはわからないし、お前を慰めたいとは思わない。

ナタリア
ナタリア

あら、私を恨まないどころか、慰めてくれるつもりだったの?

ズィマー
ズィマー

黙れ。

ナタリア
ナタリア

はいはい。

ズィマー
ズィマー

人を慰めるのは嫌いだ。いつもそうしようとしても、効果は悪いものになる。

ズィマー
ズィマー

私は私が今考えていることしか教えることは出来ない。

ズィマー
ズィマー

さっき、お前は私はズィマーとして生きていくのかを聞いてきたな。

ズィマー
ズィマー

私の答えは「そう」だ。

ズィマー
ズィマー

私の母さんと父さんはチェルノボーグで死んでいる。だから私はあそこに帰りたくはない。ウルサスにもだ。至って単純だろう。

ズィマー
ズィマー

お前は私がお前の痛みや何かを理解出来るのだろうと思っているのだろうが、私はよく分かっていない。

ズィマー
ズィマー

最初は自分のためだけに弁解したいと思っていんだが、お前と似たような話をする人たちを私は見たことがある。そいつらは私の隙を狙って奇襲を仕掛けてきただけだ。でもお前は本当に辛そうにしている、何故?

ズィマー
ズィマー

お前がいなければ貴族達は何処行こうがろくでもなかった。お前は貴族を馬鹿にした訳でもなく、お前があれを起こしたわけでもない。

ズィマー
ズィマー

むしろ私は…

ナタリア
ナタリア

あなたは?

ズィマー
ズィマー

いや、何でも無い。そして私が貴族の一人だったら、お前のような人がリーダーになってくれれば嬉しいのかもな。イースチナが私をリーダーに選んだように。

ズィマー
ズィマー

私はお前は出来ることをしたんだと思う。

ズィマー
ズィマー

私がお前が嫌いなのは、加入する前のお前は私の敵で、私は貴族が好きじゃないからだ。

ズィマー
ズィマー

そして、私は悪夢を見る。悪夢を見たら吐く。それは一晩中眠れないくらいには辛い。

ズィマー
ズィマー

だが、生きていくことは悪いことでは無いと思う。

ズィマー
ズィマー

私はお前が生きていくということは悪いことでは無いとも思う。

ズィマー
ズィマー

お前は馬鹿だとは思うが、お前がいなくて、アンナだけに頼っていたら、あの後の十数日感は生きられなかっただろうということは分かっている。

ズィマー
ズィマー

いろんなところを歩いたり走ったりするのを勧める。腹が減ったら食べて、眠くなったら寝る。座って考えているよりかはマシだ。

ナタリア
ナタリア

…ぷっ。

ズィマー
ズィマー

何だ。

ナタリア
ナタリア

あははははははは。

ズィマー
ズィマー

そんな風に笑うと、涙が出てくるぞ。

ナタリア
ナタリア

大丈夫よ。これこそがあなたと話をする良いところだと思っていただけだから。

ナタリア
ナタリア

もしここにいるのがあなたじゃなくてアンナだったら、私達二人は今頃、頭を抱えて泣いていたかもしれないなって。

ズィマー
ズィマー

あいつもお前のことは嫌いだからな、忘れるなよ。

ナタリア
ナタリア

知っているわ、あ、はは。知っているわよ。

ナタリア
ナタリア

ねえ、ソニア。

ズィマー
ズィマー

何しやがる。

ナタリア
ナタリア

あなたは私の問題を何も解決出来ていないってこと分かってる?

ズィマー
ズィマー

お前のことを気にするのがめんどくせえだけだ。

ナタリア
ナタリア

私もあなたの問題を解決することは出来ないわ。

ナタリア
ナタリア

でもあなたの言うとおりよ、私達は生きてきた。

ナタリア
ナタリア

それならば、私達は歩くことが出来るんじゃない?

ズィマー
ズィマー

あ?

ナタリア
ナタリア

足元の円、夜、迷宮、内心、思考、深淵。

ズィマー
ズィマー

同じ言葉で話してもらっても良いか。

ナタリア
ナタリア

ええ、そうね、でもオペレーターならばコードネームはあるべきなんじゃないかしら。私がオペレーターになるなら、どのコードネームを選ぶべきかしらね。

ズィマー
ズィマー

知るかよ。このコードネームはアンナが考えてくれたものだ。

ナタリア
ナタリア

そうね、それじゃあ、Pocaなんてどうかしら?

ズィマー
ズィマー

露?

ナタリア
ナタリア

そう、露。共通語ではロサというの。

ズィマー
ズィマー

…良いんじゃねえか?

ナタリア
ロサ

そう、ではもし私がオペレーターになるなら、ロサと呼んでね。

タイトルとURLをコピーしました