アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 ウルサスの子供達「全ていつもどおり」

プレイヤー
プレイヤー

・…ミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

え?あ、すいません、ドクター、少しボーッとしていました。

プレイヤー
プレイヤー

・顔色が良くないな。

アーミヤ
アーミヤ

あ、はい、少し気になることがありまして。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、ここに内部の調整申請があるんです。

アーミヤ
アーミヤ

申請者はナタリア・ロストフ。

アーミヤ
アーミヤ

後方勤務から前線に異動をしたいと。

プレイヤー
プレイヤー

・ウルサス学生自治団の…
・…
・えっと、誰だったっけ?

アーミヤ
アーミヤ

・「ウルサス学生自治団の…」選択時
ええ、彼女は――自治団としては唯一の後方勤務部門で働いているメンバーですね。
仕事能力が素晴らしく良いので後方勤務部門での評判は良いようです。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「…」選択時
ドクターもやはり気になりますか。正直に言って今回のもあまり通したくはありませんね。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「えっと、誰だっけ」選択時
ウルサス人の名前は覚えづらいですからね、ドクターが覚えていないのも無理は無いです。
彼女は私達がチェルノボーグから救出をした難民の一人で、ズィマーのウルサス学生自治団のメンバーです。
実は、私達が救った難民の中では唯一の貴族なんです。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

ドクターは覚えていますよね。ズィマー達がオペレーターになったのは本人の要求からでした。

アーミヤ
アーミヤ

私は最初は反対でした。

プレイヤー
プレイヤー

・救出されたばかりだったからな。
・…
・私も君の判断を信じた

アーミヤ
アーミヤ

・「救出されたばかりだったからな」選択時
はい、そうです。元々は本人の意向だったとしてもケルシー先生に否決するように説得していました。
ですが…。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「…」選択時
彼女たちは定期的に心理的なカウンセリングを受けています。
報告を見るに、彼女たちには一定の影はありますが、全体的には健康です。
ですが…。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「私も君の判断を信じた」選択時
ありがとうございます、ドクター。
ですが…。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

なんと言えばいいのでしょうか。

アーミヤ
アーミヤ

…ドクター、ナタリアさんを見に行ってもらってもいいでしょうか?

プレイヤー
プレイヤー

・いいよ
・…
・面倒だな。

アーミヤ
アーミヤ

・「いいよ」選択時
それではドクター、お願いします。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「…」選択時
ドクター、この件は少しややこしくはありますが、ドクターにお願いしたいです。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「面倒だな」選択時
ドクター、これはとても重要なことです。サボらないで下さい。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

それとなんですが、あまり厳しく観察する必要も無いので、仕事以外の気分転換として見てやってくださいね。

アーミヤ
アーミヤ

あ、昼休みが来ました。あまり急がなくても良いですからね。昼食後にでも彼女を探しに行きましょう。

ズィマー
ズィマー

おい、ドクター。

プレイヤー
プレイヤー

・どうした?
・…
・やあ、ズィマー。

ズィマー
ズィマー

なんでもねえ、お前を呼んでみただけだ。

ズィマー
ズィマー

おい、聞こえないフリをするな。さっき止まっただろ。

ズィマー
ズィマー

仕事が多いんじゃねえのか、なんでこんなところでぶらぶらしてんだ。

ズィマー
ズィマー

お前暇そうだな。

ズィマー
ズィマー

私はこれから任務に出発するところだ。お前みたいにぶらぶらしている暇はねえ。

二アール
二アール

ズィマー、出発前は勝手に出歩くなと言ったはずだが。

ズィマー
ズィマー

二アール
二アール

ごきげんよう、ドクター。

二アール
二アール

よし、ズィマー。早く休憩室に戻って出発をしよう。

ズィマー
ズィマー

ふん、いつかは私も隊長になってお前に命令をしてやる。

ズィマー
ズィマー

そして、ドクター、お前もいつか超えてやるからな。

二アール
二アール

志は良いが、あなたはまず私の片手に勝ってからだろう。

二アール
二アール

ドクターに関しては、そうだな、私の全力に勝ってからだな。

ズィマー
ズィマー

ちっ。

(ズィマーが去っていく足音)

二アール
二アール

ドクターもご存知だろう、最近の私は新人チームを連れて行くのが役目なんだ。

二アール
二アール

それでは、何も無いのであれば私もお暇させてもらおう。

プレイヤー
プレイヤー

・ズィマーのことをどう思ってる?

二アール
二アール

うん?

二アール
二アール

ふむ…まあさっき見たように、従わないし、目上の人に礼儀正しくもない。

二アール
二アール

それに、戦士としても、この年では自分が何と戦っているのも分からないだろうし、自分が何のために戦っているのかも分からないだろう。それが普通だ。

二アール
二アール

でも、彼女は特にそれが顕著だ。

二アール
二アール

彼女はとても重い迷いというものを持っている。それが何かは分からないが、それはとても良くない事象であり、私がこれから重点的に彼女のそれを正す所存だ。

プレイヤー
プレイヤー

・君には彼女が凶暴に見えるということか?
・…
・ふむ、彼女とは仲良くしたいな。

二アール
二アール

「君には彼女が凶暴に見えるということか?」選択時
そういうことだ。露見する暴力というのは一種の保護の殻とも言える。
彼女の殻の下の心が脆いは言わないが、少なくとも彼女の凶暴さは私の前では一撃すら耐えることは出来ないだろう。
(分岐終了)

二アール
二アール

・「…」選択時
心配することはない、ドクター、彼女はまだ子供だ。
チェルノボーグから来たとは伺っているし、そこには悪い思い出があるのかもしれないが、彼女には未来がある。
(分岐終了)

二アール
二アール

・「ふむ、彼女とは仲良くしたいな」センタ記事
はは、ドクター、急ぐ必要はない。
あなたも知っているように、彼女はあなたが嫌いという訳ではない。
というよりも、彼女は自分の近い人に対して無意識に攻撃をしてしまうのだろう。
(分岐終了)

二アール
二アール

それに、私は言っておかないといけない。私はあの子が嫌いでは無いんだ、ドクター。

二アール
二アール

むしろ私は彼女のことが好きだ。彼女には純粋な正直さというものがあり、例え迷っても、この正直さが彼女をおかしな方向に引き込まないようにしている。

二アール
二アール

これはとても良いことだ。

二アール
二アール

あ、そろそろ出発する時間だな。では、お先に失礼する。

グム
グム

あら、ドクター!

プレイヤー
プレイヤー

・こんにちは、グム!
・…
・あら、グム!

グム
グム

・「こんにちは、グム!」選択時
ドクター、こんにちは!
(分岐終了)

グム
グム

・「…」選択時
グムが小さすぎるのかな!?
ドクター、おーい、グムが見える?
(分岐終了)

グム
グム

・「あら、グム」選択時
ドクター、今日はご機嫌だね!
(分岐終了)

グム
グム

ドクターは食堂にご飯を食べに来たの?

グム
グム

グムはここ何日かあまり任務が無いから、厨房のお手伝いをしているんだ。

パフューマー
パフューマー

グム、香料を持ってきたわよ。

グム
グム

あ、ありがとう、パフューマーお姉さん!そこに置いておいて!

グム
グム

パフューマーお姉さんは食堂でご飯は食べるの?

パフューマー
パフューマー

いいえ、自分のアトリエで自炊するのに慣れているのよ。

グム
グム

ええ、食べに行ってもいいかな。私もパフューマーお姉さんの香料の使い方を学びたいな!

パフューマー
パフューマー

ふふ、もちろん良いわよ。

マッターホルン
マッターホルン

グム、もし暇なのであればお手を借して頂けませんか。

グム
グム

分かった!

マッターホルン
マッターホルン

ウンが任務に出ていってしまい、人が足りないのです。この鍋を君に任せても良いかな。俺では少し手が回らなくて。

グム
グム

任せて、マッターホルンおじさん!あ、パフューマーお姉さん、また今度、ドクターも食べてよね!

パフューマー
パフューマー

ええ、いつでも歓迎するわ。

???
前衛オペレーター

今日はグムのご飯が食えるのか!?

???
後方勤務オペレーター

はは、今日は運が良いねえ!

???
後方勤務オペレーター

まじかよ、今食べ終わったばかりなのに!

???
前衛オペレーター

はは、もう一杯お願いするよ!

グム
グム

急がないで!全部あるから!

パフューマー
パフューマー

グムは本当に元気な子ね、そうよね、ドクターくん?

プレイヤー
プレイヤー

・そうだな

・…
・そうだな!

パフューマー
パフューマー

ある時、彼女は私のアトリエで寝てしまってね。その時の寝言で少し心配になってしまったのよね。

パフューマー
パフューマー

でも、彼女がロドスに溶け込み始めているのをみて、私は少し安心したわ。

パフューマー
パフューマー

すぐに良くなるということは出来ないかもしれないけれど、ゆっくりと、きっと良くなるわ。

プレイヤー
プレイヤー

・彼女は何の寝言を言っていたんだ?
・…
・そうだったらいいな。

パフューマー
パフューマー

・「彼女は何の寝言を言っていたんだ?」選択時

あら、ドクターくん、直接が良いことではないことだってあるのよ?
これは私が彼女のために守る必要がある秘密なの。安心して、彼女に必要なのは慰めじゃなく、時間なのよ。
(分岐終了)

パフューマー
パフューマー

・「…」選択時

ドクターくんは気になるのかしら?ふふ、やっぱりドクターくんはオペレーター達のことを気にかけているのね。
でも安心して、本当に重要なことなら、言わない訳にはいかないもの。
誰もが小さな自分の秘密を持っている、そうでしょう?
(分岐終了)

パフューマー
パフューマー

・「そうだったらいいな」選択時
ドクターくん、あまりよくばっちゃいけないわ、みんなの面倒を見なければいけないという考えは良くないと思うの。
オペレーター同士だってお互いに支え合っているのだから。
(分岐終了)

パフューマー
パフューマー

それじゃあ、私は事務室に戻るわね。

パフューマー
パフューマー

ドクターくんも疲れたら私のところにいつでも来てちょうだいね。

(パフューマーが去っていく足音)

イースチナ
イースチナ

こんにちは、ドクター。

プレイヤー
プレイヤー

・こんにちは、イースチナ
・…
・今日の料理はどうだい、イースチナ?

イースチナ
イースチナ

・「こんにちは、イースチナ」選択時
食堂でドクターと出会ったのは始めてですね。
(分岐終了)

イースチナ
イースチナ

・「…」選択時
ドクター、何かを考えているようですが、食堂の入り口で立って考えるようなことはしないことをお勧めします。
(分岐終了)

イースチナ
イースチナ

・「今日の料理はどうだい、イースチナ?」選択時
ふむ…ご飯は少し硬いですし、スープは少し甘すぎるかと思いますが、私はかなり好きですよ。
(分岐終了)

イースチナ
イースチナ

では、ドクター。特に何も無ければお先に失礼します。

イースチナ
イースチナ

私には午後にまだ授業があるので。

プレイヤー
プレイヤー

・授業?

イースチナ
イースチナ

はい、ヒュパティア先生の歴史の授業です。

イースチナ
イースチナ

しばらくの間、試してはみたのですがヒュパティア先生が教えてくれた歴史が一番役にたったのです。

プレイヤー
プレイヤー

・手伝おうか?

・…

・私も歴史はよく分かるぞ!

イースチナ
イースチナ

・「私も手伝おうか?」選択時
う、いえ。
ああ、断っている訳ではありません。わたしもはっきりとはしていないので説明をするのが難しいんです。
(分岐終了)

イースチナ
イースチナ

・「…」選択時
先生の授業は面白いので、ドクターが暇なら聞いてみることをお勧めします。
(分岐終了)

 

イースチナ
イースチナ

・「私も歴史はよく分かるぞ!」
もし、私の記憶に違いがなければ、あなたは記憶を失っていたでしょう?
でもご親切にありがとうございます。
(分岐終了)

イースチナ
イースチナ

ただ、言っておくと私には教えというのが必要です。

イースチナ
イースチナ

歴史の勉強が本当に役に立つのかは分かりません。

イースチナ
イースチナ

でも、昔の人の経験や思考が私にインスピレーションを与えてくれるかもしれませんから。

イースチナ
イースチナ

それでは私は授業に行きますので。

プレイヤー
プレイヤー

・ナタリアがどこにいるか知らないか?

イースチナ
イースチナ

ナタリア…彼女を探しているのですか?

イースチナ
イースチナ

グムから彼女も前線オペレーターになりがっているというのは聞きました。申請が通ったのかは分かりませんが、私の知る限りでは彼女はその準備をしているはずです。

リェータ
リェータ

ナタリア、お前の精度滅茶苦茶悪いな

ナタリア
ナタリア

ロザリンド、得意げにしないでちょうだい。きっとあなたに当たるわよ。

リェータ
リェータ

はは、ありえねえって~。

リェータ
リェータ

それに、今の私はリェータと呼ぶべきだぞ、ロサオペレーター~

ナタリア
ナタリア

分かったわ、リェータオペレーター、見ていなさい

リェータ
リェータ

何でこんなでけえもの使ってるんだよ。

リェータ
リェータ

チェルノボーグで見つけたものなんだろ、捨てて、もっと便利なものにしたらどうだ。

ナタリア
ナタリア

え、えっと…これは記念なのよ。

リェータ
リェータ

はいはい、それじゃあ頑張れ。

リェータ
リェータ

ナタリア、足が動いていない気がするから、少し休んだほうが良いんじゃないか。

ナタリア
ナタリア

私はまだ続けることが出来るわ…

ナタリア
ナタリア

わあ!

ドーベルマン
ドーベルマン

君の持久力はまだまだだな、ナタリア。

ドーベルマン
ドーベルマン

ウルサス人として良い基礎は持っているようだが、戦闘が出来るようになるまではまだまだだ。

ナタリア
ナタリア

いえ…ふう..すいません、がんばります。

ドーベルマン
ドーベルマン

だが、お前の意志の力は私が思ったよりも強いものだ。悪くない。

ドーベルマン
ドーベルマン

この訓練を続けることが出来れば、すぐにオペレーターにはなれなくても、お前のためにはなる。

ナタリア
ナタリア

お褒め頂きありがとうございます。

ドーベルマン
ドーベルマン

うん…うん?

ドーベルマン
ドーベルマン

お前は先に休んでいてくれ。

ナタリア
ナタリア

はい!

ドーベルマン
ドーベルマン

リェータ、お前もまずは自分の訓練をするんだ。

リェータ
リェータ

分かった~

ドーベルマン
ドーベルマン

グレイシー、見てやってくれ。

???
グレイシー教官

分かりました。

 

 

ドーベルマン
ドーベルマン

ドクター、昼休みはゆっくり休むべきだ。ここはお前が来るような場所ではない。

プレイヤー
プレイヤー

・こんにちは、ドーベルマン
・…
・来ちゃだめなのか?

ドーベルマン
ドーベルマン

・「こんにちは、ドーベルマン」選択実
こんにちは、ドクター。
もし、お前が私に挨拶をしたいだけなのであれば帰らせてもらう。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

・「…」選択時
お前はだんだん指導者としての姿を帯びつつある。それは悪いことでは無い。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

・「来ちゃだめなのか?」選択時
来ても構わないが、そうなると私はお前に対応する時間を作らなければならなくなる。そういう時間はあまり無いことを願いたいな。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

しかし、アーミヤからは聞いたと思うが、ズィマーの小さなグループの中の一人がオペレーターになるように申請をしているから、見に来たいとでも思ったのだろう。

ドーベルマン
ドーベルマン

そんな驚いた顔をするな

ドーベルマン
ドーベルマン

アーミヤはウルサスから救出された難民達に非常に関心を持っていることは秘密なことでは無い。

ドーベルマン
ドーベルマン

覚えているか、ズィマー、グム、イースチナ、リェータ――

ドーベルマン
ドーベルマン

ああ、リェータという子は例外だな。戦いの面ではあまり心配をする必要は無いだろう。

ドーベルマン
ドーベルマン

とにかくmこの四人の少女が申請をした時、アーミヤは無理にでも通らせないようにしたが、何故彼女は途中で気が変わったんだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

結局、今またその一人が申請をした。彼女が気にしないからおかしいと思っていたんだ…。

ナタリア
ナタリア

ふう、だいぶ休んだわ。ロザリンド、もう少し練習してくれないかしら。

リェータ
リェータ

おお、お前強いんだな。

ナタリア
ナタリア

私がオペレーターになる決意を甘く見ないで。

???
グレイシー教官

ナタリア、もう少し休んだほうが良い。トレーニングで一番重要な事は回復であり、ひたすら動くだけでは身体を壊してしまうだけだ。

ナタリア
ナタリア

ありがとうございます、グレイシー教官。でももう少し我慢出来ると思うのですが…

???
グレイシー教官

あー、ドーベルマンを怖がらないでやってくれ。彼女は凶暴そうに見えるが…

ドーベルマン
ドーベルマン

グレイシー、聞こえているぞ。

???
グレイシー教官

うわ、えっと、とにかく分かるだろ。

ナタリア
ナタリア

はい、とにかく大丈夫ですので。持たない時はちゃんと休みますから。

???
グレイシー教官

分かった…

 

ドーベルマン
ドーベルマン

お前は彼女をどう思う?

プレイヤー
プレイヤー

・彼女はしっかりしているように見える。
・…
・一生懸命だな。

ドーベルマン
ドーベルマン

・「彼女はしっかりしているように見える」選択時
お前から見れば彼女はしっかりしているのか?私はそう思わないがな。
私はこういう人をたくさん見てきた。そいつらは歯を食いしばって、ただ自分が考えることを放棄したいだけなんだ。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

・「…」選択時
あの3人の子達を思い出したんじゃないのか?
何処から来たのかも分からない勇気が、あの年で歯を食いしばらせ、大人の社会に挑戦させていている。
よりにもよって彼女たちは本当に準備を出来ているようだが。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

・「一生懸命だな」選択時
彼女は確かに必死だ。正直、彼女は私にとっての予想外だよ。
自分を必死に鍛えることが出来る貴族のお嬢様か…ふっ。
(分岐終了)

ドーベルマン
ドーベルマン

私はアーミヤが彼女たちを戦場に行かせたくないという気持ちは分かる。

ドーベルマン
ドーベルマン

ドクター、このような若者が戦場に出るのを見て喜ぶ人なんていやしない。むしろ、私のような軍人という者の存在意義は、彼女達の生活を守るためにあるんじゃないのだろうか。

ドーベルマン
ドーベルマン

彼女たちを戦場に行かせるということはいつも私の失職ものであると思っている。

ドーベルマン
ドーベルマン

しかし、私は一人一人を助けることは出来ない現実というものを受け入れたんだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

私に出来ることは彼女たちに戦いを覚えさせて、自分の身を守る方法を身に着けさせ、彼女達の未来の傷をより少ないものにすることしかない。

ドーベルマン
ドーベルマン

よく考えて欲しい、ドクター。君は彼女達のために何が出来る?

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、おかえりなさい。

アーミヤ
アーミヤ

では、ドクターのどうでしょうか?

プレイヤー
プレイヤー

・アーミヤはズィマー達から何かを見たんじゃないのか?

アーミヤ
アーミヤ

…はい、それも私が彼女帯に関心を持っている理由の一つです。

アーミヤ
アーミヤ

すいません、ドクター、私は…これを他の人に教えるべきなのかどうかよく分かりません。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターは私の能力を知っていますよね。人がとても強い感情を持って、私にそれを向けた時、私は相手の感情を感じることが出来ます。

アーミヤ
アーミヤ

私に向けられていなかったり、十分に強いもので無ければ、私ははっきりとは感じませんが、それでも少し感じることは出来ます。

アーミヤ
アーミヤ

そしてズィマー達は、私は…何と言えば良いのか。

アーミヤ
アーミヤ

彼女達の状況は異なっているんです。

アーミヤ
アーミヤ

とある瞬間、私達にとっては普通の、普通の瞬間、彼女たちの大きな感情を感じるんです。

アーミヤ
アーミヤ

当然、彼女たちの感情は異なってはいますが、共通する部分もあります。

アーミヤ
アーミヤ

私にその感情に名前を付けてくれと言われたら、多分無理でしょう。

アーミヤ
アーミヤ

彼女たちはあまり悲しんではいないですし、あまり苦しんではいないですし、あまり怒ってもいませんし、あまり絶望もしていません。

アーミヤ
アーミヤ

それが正しいかどうかは分かりません。まるで見えない壁があるかのようなんです。

アーミヤ
アーミヤ

普段はこの壁は見えないですし、触れることも出来ないのですが、前に進みたいという時に彼女たちを遮り、足踏みをさせるのです。

プレイヤー
プレイヤー

・彼女たちに何かしてあげられることは無いのか?

アーミヤ
アーミヤ

だめです、ドクター。

アーミヤ
アーミヤ

今の私達は彼女たちを助ける立場には無いんです。

アーミヤ
アーミヤ

全てのオペレーターが資料を登録する時に、彼女たちが教えてくれることは、私達が”知ることが出来る”彼女たちの全てです。

アーミヤ
アーミヤ

彼女たちは私達に何かを隠しているのかもしれませんが、そうだとしても、私達がそれをより明確にする理由なんてありません。

アーミヤ
アーミヤ

当然、ロドスに不利なことは含まれてはいないに違いないでしょうが、少なくともズィマー達にはそんなことは関係ないでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

それに…

アーミヤ
アーミヤ

私達の突然の助けが彼女達にとっての本当の助けになるとは思いません。

プレイヤー
プレイヤー

・勝手に助けを出すのは自己満足だな。

・…

・直接聞いてみても良いかも。

アーミヤ
アーミヤ

・「勝手に助けを出すのは自己満足だな」選択時
はい、私もそう思います。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「…」選択時
これは私が単純に怖がっているだけなのかもしれませんね。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「直接聞いてみても良いかも」選択時
ぷっ、ドクター、また冗談を言って。
本当にそんな風に簡単に出来ると良いですね。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、私は今は本当に「あなたを理解している」というのは言葉では無いと思っています。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、多くの人はそう言います。そう言って、自分が慰めの義務を果たしたように、相手が自分に心を開いてくれるようにするのが好きです。

アーミヤ
アーミヤ

人の感情を理解するというのは本当に難しいことです。人を助けるということとなると尚更でしょう。

アーミヤ
アーミヤ

艦内の他のオペレーターも同じです。

アーミヤ
アーミヤ

私達は彼らの経験を共有はしていません。私達の話は彼らに伝わらないですし、私たちのしたことは正しかったとしても、彼らが望んだものではないでしょう。

プレイヤー
プレイヤー

・だからズィマー達がオペレーターになることを止めなかったのか。

アーミヤ
アーミヤ

そうです。

アーミヤ
アーミヤ

彼女たちの気持ちに気付き、私は自分の考えを変えました。

アーミヤ
アーミヤ

無理に保護をしていれば、私達から見れば彼女たちには良い行いかもしれませんし、結果的に確実に守ってやれたのかもしれない。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、それでは彼女たちを治してやることは出来ません。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、私は思えないんです。私は本当に時間が全てを癒やしてくれるとは言いたくないんです。

アーミヤ
アーミヤ

でも仕方が無いんです、他の方法が分からないから。

アーミヤ
アーミヤ

私に出来ることは彼女達の選択を尊重し、私の、ロドスアイランドの方法で彼女たちを守るだけです。

アーミヤ
アーミヤ

実のところ、そう考えているのすらも、自分は少し傲慢だとは思いますけどね…。

プレイヤー
プレイヤー

・ロドスは温室じゃないんだ。そう考えるだけでも十分だろう。
・…
・それじゃあ、みんなと友達になろう。

アーミヤ
アーミヤ

・「ロドスは温室じゃないんだ。そう考えるだけでも十分だろう」選択時
はい、でも私はもっとやりたいということはあります。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「…」選択時
ドクター、どうすれば人を治療することが出来るのか、それとも彼女を治療するべきではないのか…物理的にもあまり考慮すべきことでは無いのでしょう。
それに、精神的治療は困難な問題でもあります。
今の私には、こんな曖昧な答えしか与えることが出来ないのです。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

・「それじゃあ、みんなと友達になろう」選択時
はい、ドクターの話は正しいと思います。
それも私の考えではあります、人を助ける立場でないのならば、立場を作れば言い。

私は少し気を落としてただけでしたね。
(分岐終了)

アーミヤ
アーミヤ

薬は痛みを止めて、傷を治療するものです。人を完全に回復させるものもありますが、それまでに受けた痛みや苦しみは消えることはありません。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスアイランドという存在が、例え少ない人に対してだったとしても、それを忘れてしまうことが出来たり少なくと過去に受けた傷を気にしないようにできるものであれば良いなといつも思っています。

アーミヤ
アーミヤ

この道を歩んできて、やっぱり難しいことだということに気付きました。

アーミヤ
アーミヤ

それを本当にしていくためには、薬を開発するのは当たり前であり、私達はたくさんのことをしなければいけません。。

プレイヤー
プレイヤー

・少なくとも、私達はそれをもうやっているさ。

アーミヤ
アーミヤ

はい、少なくとも、私達はそれをもうやっています。

アーミヤ
アーミヤ

ありがとうございます、ドクター。

アーミヤ
アーミヤ

他の人の事なのに、ドクターに慰められたり、励まされたりして少し恥ずかしいですね…。

アーミヤ
アーミヤ

では、今回のナタリアさんの申請にも同意をします。

アーミヤ
アーミヤ

いつか私達に心をひらいてほしいです。いつか、私達が彼女たちを助けることが出来るのを願っています。

アーミヤ
アーミヤ

いつかは…ロドスが彼女たちの新しい家になれますように。

タイトルとURLをコピーしました