アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-1「密会」前半

メイヤー
メイヤー

場所は……ここで合ってるんだよね?

サイレンス
サイレンス

うん、住所はここで間違いないね。

メイヤー
メイヤー

うーん、でもさ、サイレンス、あの人本当にここを待ち合わせ場所にしたの?

メイヤー
メイヤー

ここって見た感じバーだし、廃棄されてるようにも見えないし……

メイヤー
メイヤー

なのに人っ子一人見当たらないよ。

サイレンス
サイレンス

確かに、お酒もきちんと整理されてる、お店の中も綺麗に保たれてるね。

メイヤー
メイヤー

これは変だよ、なんなら帰っちゃう?もうすぐ出発する時間なんでしょ?

サイレンス
サイレンス

いや、相手はアンソニーが脱獄したことを知ってるうえ、彼が私たちのところにいることも知ってる、それに……

メイヤー
メイヤー

それに?

サイレンス
サイレンス

夜には出発っと。

サイレンス
サイレンス

もう一回荷物でもチェックしよう。

(バイブ音)

サイレンス
サイレンス

ん?通信?

サイレンス
サイレンス

この都市に私の連絡先を持ってる人はいないはずなんだけど……

サイレンス
サイレンス

ちょっと待って、これって……内部チャンネル!?

サイレンス
サイレンス

……

???
???

サイレンスさんですね。

サイレンス
サイレンス

どちら様ですか?

???
???

私が誰だかは重要ではありません。重要なのは、アンソニーは今あなたのところにいることです、それにあなたは、彼が脱獄する際の協力者でもありましたよね。

サイレンス
サイレンス

……何のことでしょうか?

???
???

そう緊張ならさずに、こちらにはそれを証明できる証拠は持っていません、ただ悪意はございませんよ、でなければわざわざ内部通信であなたと連絡を取るような面倒なことはしませんからね。

サイレンス
サイレンス

要求はなに?

???
???

あなたとメイヤー技師にお越しいただいて少々お話をしたいだけです。

サイレンス
サイレンス

……

???
???

頷いてくれたとしましょう、では、住所は……

サイレンス
サイレンス

それに声を聞いた感じ性格が悪そうな人だった。

???
???

初っ端から性格が悪いって言われると悲しくなっちゃうよ。

メイヤー
メイヤー

誰?

ミュルジス
???

ハァイ~

ミュルジス
???

今日のバーは私が貸し切ったから、私たち三人しかいないよ。

ミュルジス
???

私も普通のバーでお話したかったんだけど、他人に聞かれていい内容じゃないからね。

ミュルジス
???

だからごめんね~

メイヤー
メイヤー

君は……

ミュルジス
???

それじゃあ、お互い自己紹介でもしようか。

ミュルジス
ミュルジス

私は生態研究部の主任、ミュルジス。

サイレンス
サイレンス

あなたのことは知ってる。

ミュルジス
ミュルジス

あらっ、私を知ってるの?それは光栄だね。

サイレンス
サイレンス

先生が私に話してくれたから。

ミュルジス
ミュルジス

じゃあ、そちらの番だよ。

サイレンス
サイレンス

知ってるくせに。

ミュルジス
ミュルジス

もう、生活にも儀礼的なものだって必要でしょ。

サイレンス
サイレンス

……構造研究部、サイレンス。

メイヤー
メイヤー

技術開発部、ラボ・ルトラの、メイヤーだよ。

ミュルジス
ミュルジス

確か二人とも今はロドスって組織で働いているって聞いたんだけど。

ミュルジス
ミュルジス

なのにどうしてこの一件と関わったのかな?

サイレンス
サイレンス

……あなたとは関係ない。

メイヤー
メイヤー

まさか君はあの事件の黒幕……

ミュルジス
ミュルジス

ふふん、それはどうかな?

サイレンス
サイレンス

いや、違うと思う。

ミュルジス
ミュルジス

お?それはどうして?

サイレンス
サイレンス

私たちを見つけたということは、あなたはもう知ってるはず、アンソニーがすでにクルビア国内から脱出したことを。

サイレンス
サイレンス

もしあなたが黒幕だったとしたら、今私たちを呼んだところで意味なんてない。

ミュルジス
ミュルジス

うんうん、その通り。

ミュルジス
ミュルジス

もし私が黒幕だったら、今頃アンソニーの行方で頭を抱えているはずだからね。

ミュルジス
ミュルジス

でも彼らがそれだけで手を引くとも思えないけどね?そちらの護衛さんの実力もまだ分からないんだしさ?

サイレンス
サイレンス

……心配ご無用。

ミュルジス
ミュルジス

そっ、なら安心した。

メイヤー
メイヤー

え、でも、サイレンス、彼女が黒幕じゃなかったら、彼女は一体……

サイレンス
サイレンス

私にも何がなんだか。

サイレンス
サイレンス

でも、あなたもこの事件とは何かしらで関わっていて私たちからそれに関する何かを聞き出そうとしているのは確か。

ミュルジス
ミュルジス

さっすがは構造研究部のパルヴィス主任の門下生、賢いね、君のような人とのお話は好きよ。

サイレンス
サイレンス

話を逸らさないで、ミュルジス主任。

サイレンス
サイレンス

アンソニーはすでにクルビアを脱出した、彼の暗殺も失敗、今の私とメイヤーはたまたまクルビア辺境にやってきた一般人にすぎない。

サイレンス
サイレンス

一体私たちから何を聞き出そうとするつもり?

ミュルジス
ミュルジス

もう、そう緊張しないでよ。

ミュルジス
ミュルジス

私もただの一般科学研究員、そちらを脅すつもりなんてさらさらないよ~

ミュルジス
ミュルジス

ここのバーのドリンク結構美味しいよ、飲みながら話さない?

サイレンス
サイレンス

……

メイヤー
メイヤー

え、いいの、サイレンス?

サイレンス
サイレンス

まあこれぐらいなら、私も知りたいことがあるし。

メイヤー
メイヤー

分かった。じゃあそうだねぇ……私これが飲みたいな!

ミュルジス
ミュルジス

おっ、いいセンスしてるねぇ、このワイナリーが出したレースリング私も好きなんだ、度数は高くないけど、香りはすっごく芳醇なの。

メイヤー
メイヤー

そうなの?実はあんまりお酒飲めないんだよね……

ミュルジス
ミュルジス

それじゃあこそれとかどうかな、度数はすごく低いけど、味は美味しいよ。

メイヤー
メイヤー

ホント?じゃあ一口だけ。

ミュルジス
ミュルジス

はいよ、じゃあサイレンスさんは何飲む?

サイレンス
サイレンス

お水でいい。

ミュルジス
ミュルジス

もう、せっかくこういう場所に来たんだからもっと楽しいチャレンジとかしてみたら?

サイレンス
サイレンス

興味ない。

ミュルジス
ミュルジス

分かった分かった。

ミュルジス
ミュルジス

じゃあ、お二人さん、どうぞ。

サイレンス
サイレンス

どうも。

メイヤー
メイヤー

わっ、ホントに美味しい。

ミュルジス
ミュルジス

気に入ってもらえて嬉しいよ。

サイレンス
サイレンス

もう本題に入っていい?

ミュルジス
ミュルジス

もっちろん。

ミュルジス
ミュルジス

その前にこうしよう、多分、双方ともに疑問を持ってるはず、だったら一問一答方式で進めましょ。

ミュルジス
ミュルジス

もちろん、全部の質問に答えられるわけではないからね、つまらない言葉遊びはお互い気を利かせてスルーしちゃいましょ。

ミュルジス
ミュルジス

私に誠意があることの示しとして、一つだけ何でも質問してもいいよ、どうぞ~

サイレンス
サイレンス

どうやって私たちを見つけた?

ミュルジス
ミュルジス

最初の質問にしては……意外と軽いね、ホントにそれでいいの?もっと核心をつくようなことを聞いてくるのかと思ってたよ。

サイレンス
サイレンス

質問に答えて、ミュルジス主任。

ミュルジス
ミュルジス

はいはい。

ミュルジス
ミュルジス

信じるかどうかはそちらの勝手だけど、私とハイドブラザーズの追っ手とは無関係だよ。

メイヤー
メイヤー

ハイドブラザーズ……アンソニーに手を出した会社だよね。

ミュルジス
ミュルジス

そっ、彼らの来歴については、紹介しなくても分かるよね?

サイレンス
サイレンス

ハイドブラザーズ、過去にあった要塞都市建築の建材業界の巨頭、かつて別業界で台頭したサイモンコーポレーションと鎬を削ったという。

メイヤー
メイヤー

え、あそこって違う業界だったの?

サイレンス
サイレンス

うん、サイモンコーポレーションは元々物流業だったんだけど、ある理事会会議で建材業界にも進出するって決まったらしい。

サイレンス
サイレンス

企業名が名前からとったように、あの企業の上層部の大半はCEOスミス・サイモンの血縁者だった。

サイレンス
サイレンス

そして今回の事件の中心人物――アンソニー・サイモンは、あそこの一人息子ってこと。

サイレンス
サイレンス

とにかく、当時あの二つの企業は表でも裏でも激しい競争を繰り広げいてた、しかも噂では流血事件にも発展したとかなんとか。

サイレンス
サイレンス

そして結果から言うと、サイモンコーポレーションは競争に敗れた、それから、要塞都市及び周辺都市の建材業界の市場は事実上ハイドブラザーズによって独占された。

ミュルジス
ミュルジス

うんうん、その通り、予習はしっかりしてきたっぽいね。

ミュルジス
ミュルジス

それで、あなたたちはキャストアイアン市で合流したあとに追っ手を振り切ったわけね、さっすが、やるわね。

サイレンス
サイレンス

……でもあなたを振り切れなかった。

ミュルジス
ミュルジス

あはは、そうね。

サイレンス
サイレンス

彼らと以前一緒だったことは否定しないんだね。

ミュルジス
ミュルジス

うーん……とっくに気づいてるとは思うけど。

ミュルジス
ミュルジス

でもまあ教えてあげてもいいかな、確かに彼らの情報網を利用した。

ミュルジス
ミュルジス

でも仕方がなかったんだよ、そうしないと私が一番の負け組になっちゃうからね。

サイレンス
サイレンス

……

ミュルジス
ミュルジス

じゃあ、一問一答形式に入ろうか、そちらから質問してもいいよ。

サイレンス
サイレンス

いや、そちらからどうぞ、ミュルジス主任。

ミュルジス
ミュルジス

え、いいの?

サイレンス
サイレンス

何を企んでいるかが知りたいから。

ミュルジス
ミュルジス

分かった、私が今知りたいのは……

ミュルジス
ミュルジス

サイレンスさん、あなたの協力者がどうやってアンソニーに接触してアンソニーの脱獄を成功させたのか、その過程が知りたいの。

サイレンス
サイレンス

……?

サイレンス
サイレンス

事件はもう終わったんだよ、それなのにどうしてそれが知りたいの?

ミュルジス
ミュルジス

今回の脱獄の過程についてまだ分かっていない箇所があるからね。

ミュルジス
ミュルジス

私が知ってるのは、事件の発端――

ミュルジス
ミュルジス

――ハイドブラザーズがマンスフィールド刑務所で収容された、サイモン家唯一の生き残り――アンソニー・サイモンに長らく計画していた暗殺を実行したってこと。

ミュルジス
ミュルジス

それとその結果である――

ミュルジス
ミュルジス

――アンソニーを含む一味がマンスフィールド刑務所から脱出成功し、あなたたち二人と合流し、クルビアを脱出したことだけ。

ミュルジス
ミュルジス

その間に何が起こったのかについては、残念ながら、本来なら知るチャンスがあったんだけれども、もう無くなっちゃったからね。

ミュルジス
ミュルジス

だからあなたたちを通してその過程を知りたいってわけ。

サイレンス
サイレンス

そんなの不公平だよ。

ミュルジス
ミュルジス

安心して、たった一つの質問で全過程を交換するつもりはないから。

ミュルジス
ミュルジス

そちらが頃合いと思ったときに質問してもらっても大丈夫だから、私もできる限りその質問に答えるからさ。

ミュルジス
ミュルジス

もちろん、その際こちらにも追加の質問が出てくるかもしれないから。でもそんなに多くないと思うよ~

ミュルジス
ミュルジス

それに、この一問一答形式はまだお互いのことを理解していないからこそ提案した形式なの。

ミュルジス
ミュルジス

今後お互いの関係が良くなったら、話せる話題が無くなっちゃうでしょ~

サイレンス
サイレンス

……あなたと関係を築くつもりはない、それに築くにしても時間がかかりすぎる。

ミュルジス
ミュルジス

お二人とも今は「たまたまクルビア辺境にやってきた一般人」なんでしょ?時間ならたっぷりあると思うけどなぁ?

ミュルジス
ミュルジス

もちろん、このまま帰っちゃうのもよし、でも、一つ目、ここから出られる保証はできないよ。

ミュルジス
ミュルジス

二つ目、そっちがどれほど理解しているかは知らないけど、でもこれはあなたが唯一この私、この生態研究部主任のミュルジスから情報を得られるチャンスでもあるんだと思うなぁ、ホントにそんなチャンスを諦めていいのかな?

サイレンス
サイレンス

……私を脅してるのね。

ミュルジス
ミュルジス

あなたたちが最も傷つかないで済む誠意を示しただけだよ、サイレンス研究員。

サイレンス
サイレンス

……

サイレンス
サイレンス

分かった、本当にどうしても知りたいと言うんだったら話してあげる、こっちも時間はまだあるし。

メイヤー
メイヤー

あー、私はもう聞いたから、隣で設計案を作ってもいい?

サイレンス
サイレンス

いいよ。

ミュルジス
ミュルジス

カフカは……あなたの協力者の名前?

サイレンス
サイレンス

そうだよ。

ミュルジス
ミュルジス

あなたと関りがある職員名簿リストにその名前は載ってなかったんだけどなぁ。

サイレンス
サイレンス

彼女はライン生命のスタッフじゃないからね。

サイレンス
サイレンス

ライン生命は彼女を雇ってはない、それに彼女も科学研究に興味はないと思う。

ミュルジス
ミュルジス

へぇ、でもそれでどうやって知り合ったの?

サイレンス
サイレンス

きっかけがあったの。

サイレンス
サイレンス

でもそれはまた別の話、彼女は私の友人、今はそれだけ知っていればいい。

サイレンス
サイレンス

サイモン一族に関する情報はすべた彼女が収集してくれた。

ミュルジス
ミュルジス

へぇ?聞く限りじゃすごく有能ね。

ミュルジス
ミュルジス

それにあなたたちの友情にも忠誠なようだね。友人のために自ら犯罪者になって刑務所に入ってくれる人なんて普通いないでしょ?

サイレンス
サイレンス

それ相応の報酬を与えたからね。

サイレンス
サイレンス

それに刑務所に入ったのも彼女なりの目的もあった――

ミュルジス
ミュルジス

彼女なりの目的?

サイレンス
サイレンス

彼女が言うには、ずっと本物の刑務所生活を体験したかったんだとか。

ミュルジス
ミュルジス

……変人だね。

サイレンス
サイレンス

彼女から言わせれば、自分の生活体験のために私がお金を出してくれたようなものだから。

ミュルジス
ミュルジス

ミーナは、あなたたちのチームにいたリーベリだね?

サイレンス
サイレンス

そう。

ミュルジス
ミュルジス

今回の事件は彼女とは無関係だったようだけど、どうして彼女を巻き込んだの?

サイレンス
サイレンス

それについては私もよく分からない、カフカが言うにはミーナは以前アンソニーに助けられたことがあった、だからカフカと一緒に刑務所に入ってアンソニーを助けに行ったとのこと。

サイレンス
サイレンス

とにかく、彼女も私の要求を受け入れてくれた、そしてマンスフィールド刑務所に入った……

カフカ
カフカ

ロイヤルストレートフラッシュ!

カフカ
カフカ

アハッ、またカフカの勝ち!

感染者囚人
感染者囚人A

チェッ、ツいてねぇ、おいカフカ、お前まさかイカサマしてんじゃねぇだろうな?

感染者囚人
感染者囚人B

自分のプレイが下手クソだからって他人を責めるんじゃねぇよ、カフカの両手はがら空きだったんだ、イカサマなんてできっこないだろ。

カフカ
カフカ

そうだそうだ。

カフカ
カフカ

(小声)カードを持ってる姿勢が悪いのがいけないんだよーだ。

感染者囚人
感染者囚人A

しかしまっさかなぁ。

感染者囚人
感染者囚人A

ガキが新しく入ってきたと思えば、こんなにやり手だったとは。

感染者囚人
感染者囚人A

しかもどこで俺のおふくろの話を拾ってきたんだ、お前のお友だちに、俺も加えてくれよな!

カフカ
カフカ

こらこらこら、何回言えば分かるの、カフカはもう成人だから!

感染者囚人
感染者囚人B

はは、そうだぞ、レディって呼ばなくちゃな!

感染者囚人
感染者囚人C

ヒューヒュー、レディカフカ!

看守
看守

おい、そこ、休憩時間は終了してる。

看守
看守

作業に戻れ!

看守
看守

でなければ今日は飯抜きにするぞ!

感染者囚人
感染者囚人A

へいへい。

感染者囚人
感染者囚人A

ったく、看守のくせに、偉そうにしやがって。

看守
看守

何か言ったか?もっと大声で言ってみろ。

感染者囚人
感染者囚人A

トイレに行きたいだけです、看守殿!

看守
看守

なら我慢しろ!

カフカ
カフカ

ここの看守の態度ホント最悪だなぁ……

感染者囚人
感染者囚人A

へへ、カフカよ、いい子ちゃんなお前に免じて、兄ちゃんが一つ忠告してやるよ。

感染者囚人
感染者囚人A

お前がどこで何をしてたかは知らねぇが、マンスフィールでは、尻尾挟んで大人しくしといたほうがいいぜ。

カフカ
カフカ

それはなんで?

感染者囚人
感染者囚人A

お前も知っての通り、ここは移動刑務所だ。

感染者囚人
感染者囚人A

都市での補給と、囚人の収容以外、普段はいつも荒野を走っている、誰も管理しちゃいねぇのさ。

感染者囚人
感染者囚人A

だからここでは、何を言おうが屁理屈だ、ここの看守たちが唯一の法律なんだよ。

カフカ
カフカ

言われてみれば確かに。

感染者囚人
感染者囚人A

へへ、でも一つだけいいところもある。

感染者囚人
感染者囚人A

それはだな、俺たちは外では人として扱われてねぇだろ。

感染者囚人
感染者囚人A

だがここに入れば、誰だろうと人として扱われねぇ、A区にいる連中も俺たちと大差ない生活を送ってるんだよ。

感染者囚人
感染者囚人A

それだけは嬉しくてな。

カフカ
カフカ

A区?

感染者囚人
感染者囚人A

ああ、お前は来たばっかだから知らないんだろうが、感染者じゃない囚人はA区で収容され、俺たち感染者はB区で収容されてるんだ。

感染者囚人
感染者囚人A

だから俺たちはA区B区と呼んで区別してんだよ。

カフカ
カフカ

へぇ――

感染者囚人
B区囚人A

へへ、それよりも、カフカ、お前はちょうどいい時期に入ってきたな。

カフカ
カフカ

なんで?

感染者囚人
B区囚人A

今日はビッグなお祭りがあるんだ、運が良かったな、間に合って。

カフカ
カフカ

ビッグなお祭り?

感染者囚人
B区囚人A

あとで分かるさ。

カフカ
カフカ

そうか。

カフカ
カフカ

そういえば、あっちにある部屋は何に使うの?

カフカ
カフカ

同じ工場に見えるけど、どうしてカフカたちと隔離されてるわけ?中に誰もいないしさ。

感染者囚人
B区囚人A

あっちのか?

感染者囚人
B区囚人A

ああ、あっちはC区専用の工場区域だよ。

カフカ
カフカ

C区?

感染者囚人
B区囚人A

真ん中の塔みたいなところにも囚人が収容されているんだ、俺たちはそこをC区と呼んでいる。

感染者囚人
B区囚人A

あそこは人は少ないが、全員何かしら重大な罪を犯した連中だ、基本的に一生あそこで暮らすことになってる。

感染者囚人
B区囚人A

あいつらも労働させられているが、俺たちと遭遇することはねぇよ。

感染者囚人
B区囚人A人

全部あの中で済まされているからな。

カフカ
カフカ

へぇ……じゃああそこにアンソニーってヤツはいるのか?

感染者囚人
B区囚人A

アンソニー?なんだ、お前あいつを知ってるのか?

カフカ
カフカ

うーん、知ってるとは言わないかな、噂でここにいるって聞いただけだよ。

感染者囚人
B区囚人A

そりゃあそこにはいるけどよ……

感染者囚人
B区囚人B

おい、話はもういいだろ、準備はできたか?

感染者囚人
B区囚人A

始まんのか?待ちくたびれたぜ!

カフカ
カフカ

なんだなんだ?

(A区囚人とB区囚人が勢揃いする足音)

感染者囚人
B区囚人たち

……

A区囚人
A区囚人たち

……

カフカ
カフカ

なあ、なんかみんな集まってきたぞ……

感染者囚人
B区囚人A

カフカ、お前は新入りだ、今日の参加はやめとけ、怪我しちまうからな。

感染者囚人
B区囚人A

手に持てるやつで自分を守っとけ。

感染者囚人
B区囚人A

そんじゃあ見せてやるよ、マンスフィールドで最もよく見かける集団イベント――集団喧嘩をな!

タイトルとURLをコピーしました