アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-1「密会」後半

B区囚人
B区囚人A

ぶっ倒れろ!

(殴る音)

A区囚人
A区囚人

ぐはっ、チクショー……

(殴り合いの音)

カフカ
カフカ

うわぁ、なあ、何が起こってるんだ、いきなり殴り合いが始まったぞ。

B区囚人
B区囚人A

カフカ、隠れてろって言っただろ、なんで出てきたんだ。

(殴り合いの音)

カフカ
カフカ

大丈夫、カフカは平気だから、それより早く説明してよ。

B区囚人
B区囚人A

チェッ、見りゃあ分かるだろ、感染者と非感染者がお互い気に食わないのはごくごく当たり前のことだろ、だから二つのパーティに分かれて殴り合ってるんだよ。

カフカ
カフカ

ごくごく当たり前なことなのは間違いないけどさ、看守に見つかったらどうすんのさ!?

B区囚人
B区囚人A

看守ならあっちを見てみな。

(殴り合いの音)

看守
看守A

チッチッ、やっぱ囚人ども殴り合いほど面白いもんはねぇな。

看守
看守A

今日の当番は儲けもんだぜ。

看守
看守B

はは、違いねぇ。

看守
看守B

こんなクソみたいな場所での仕事の唯一の楽しみがこれだもんな。

(殴り合いの音)

看守
看守B

おいもっと気合い入れろ、A区の野郎ども、こっちはちゃんと見張ってるんだからな!

(殴り合いの音)

B区囚人
B区囚人A

見たか、一番楽しんでるのはあいつらのほうだ。

B区囚人
B区囚人A

それにどっちが勝ってもしばらくの間は美味い飯が食えるようになるんだ。

カフカ
カフカ

楽しみも何も全部あいつらが独占してるからだろ、これやめられないのか?

(殴り合いの音)

B区囚人
B区囚人A

やめる?カフカ、俺がここに放り込まれた理由を教えてやろうか?

B区囚人
B区囚人A

俺を気に食わねぇと思ってる連中に一発ぶちかましてやったからだよ!

(殴り合いの音)

B区囚人
B区囚人A

へへ、カフカ、この刑務所はこの大地で唯一感染してないクズどもを殴っても何も起こらねぇいい場所なんだ。

B区囚人
B区囚人A

撲殺してもしばらく監禁されるだけで済むしな。

B区囚人
B区囚人A

それに死んだら死んだで構わねぇんだよ、ここに入った時点でみんなおしまいなんだからよ。

B区囚人
B区囚人A

チッ、話が長引いちまった、俺は戻るぜ、お前はちゃんと隠れてるんだぞ!

(殴り合いの音)

カフカ
カフカ

チェッ、このカフカも甘く見られたもんだよ。

カフカ
カフカ

でも、こんなところにも感染者と非感染者のいざこざがあるんだね。

カフカ
カフカ

それにあるだけじゃなくて、かなりグニャグニャに捻られちゃってるし。

カフカ
カフカ

外だとこういういざこざは結構見かけるけど、こういう場面はカフカでも初めてだ……サイレンスが見たらきっと卒倒しちゃうだろうね。

カフカ
カフカ

でもカフカは全然へっちゃらだもんね、えへへ。

カフカ
カフカ

むしろもっとゴチャゴチャしててもいいんだけどね。

カフカ
カフカ

殴り合いは勝手にやってもらうとして、カフカは漁夫の利ができるかどうか見てこよーっと、この先のためにも準備しておきたいしね……

(カフカが走り回る足音)

カフカ
カフカ

あれっ、誰かが食い残したご飯をこっそりと持ち込んでいるな。

(カフカが走り回る足音)

カフカ
カフカ

靴下も落ちてる……

(カフカが走り回る足音)

カフカ
カフカ

さっすが刑務所ってだけはあるね、やるべきことは今のうちにちゃっちゃと終わらせよう、でも使えそうなものはなさそうだなぁ……

カフカ
カフカ

それにしても……

B区囚人
B区囚人A

死ねや、クソ野郎が!

(鈍器を振り回す音)

A区囚人
A区囚人

死ぬのはてめぇのほうだ!

(鈍器を振り回す音)

カフカ
カフカ

わぉ、激しいなあ、それに、ここの囚人たちも素直じゃないね、まさかこっそり変な武器を作っていただなんて。

カフカ
カフカ

もっと全力で殴ってもいいんだよ、それで落ちたものはカフカが拾ってあげるから、にひひ。

ロビン
???

キャッ!

B区囚人
B区囚人

独りぼっちちゃんはっけ~ん、へへへ……

カフカ
カフカ

わっ、あの女の子が危ない!

カフカ
カフカ

女の子だったら助けにいかないと……

ロビン
???

……

B区囚人
B区囚人

ぐへへ……

(起爆音とB区囚人が倒れる音)

カフカ
カフカ

あれっ、あの子手に何か隠してる、いいものが見れそう……

パットン
パットン

何事だね!?

看守
看守A

パットン隊長、囚人どもが殴り合いを始めました!

パットン
パットン

なら何を呑気に観賞してるんだ、早く止めたらどうだ?

看守
看守B

あ、隊長、そろそろですか?

パットン
パットン

そろそろもクソもあるか、我々看守の責務は囚人共の管理だろうが!

看守
看守A

はいはい分かりました。

看守
看守A

おい、貴様ら、隊長の言った通りだ、とっとと止めろ!

B区囚人
B区囚人

 ※クルビアスラング※

A区囚人
A区囚人

 ※クルビアスラング※

パットン
パットン

まったく、いつも言ってるだろうが、ここは刑務所だ、貴様らのリング場じゃないんだぞ。

パットン
パットン

ここでしっかりと働いて、更生しないと、外にいる友人と家族たちも一日も早く貴様らに会いたがっているんだぞ、違うか?

パットン
パットン

どれこれも貴様らのために言ってやってるんだぞ……

B区囚人
B区囚人A

チッ、また始まったよ。

カフカ
カフカ

わっ、傷だらけじゃん、大丈夫?

B区囚人
B区囚人A

大丈夫大丈夫、こんなもんかすり傷よ、それより、A区のクズ野郎どもを何人かぶちのめしてやったぜ、へへ、これでしばらくはスッキリするな。

カフカ
カフカ

毎回こうやって終わるの?

B区囚人
B区囚人A

パットンのことか?

B区囚人
B区囚人A

まあそんなもんだ、あの野郎は看守たちの隊長で、毎回こういうときに止めに入るフリをして、綺麗ごとを喋りに来る。

B区囚人
B区囚人A

しかも今は刑務所が都市に停泊している時期だからな、所長は都市に出向いている、その時に限ってあの野郎はここの主みたいに振舞ってるんだよ。

B区囚人
B区囚人A

ようはただのクソ野郎だ。

B区囚人
B区囚人A

でも毎回こうして終わるのかというと、そうでもねぇ。

B区囚人
B区囚人A

何回かピークになっても収まらなかった時もあった……むしろ収まんないほうが普通だ、今日みたいに止めろと言われて止めるほうが珍しいんだ。

B区囚人
B区囚人A

とりあえず収まんないときは、パットンが助っ人を寄越してくるんだ。

カフカ
カフカ

助っ人?

B区囚人
B区囚人A

ほら、来やがったぜ。

アンソニー
???

……

カフカ
カフカ

アンソニーじゃん!?

B区囚人
B区囚人A

本当にそいつを知ってるんだな。

カフカ
カフカ

スーツを着てるとこしか見たことないけどね……

パットン
パットン

貴様らもアンソニーさんに見習ったらどうだ。

パットン
パットン

囚人の身でありながら、理性を保ち、暴力も好んで振舞わない。普段から読書、書道、音楽鑑賞に明け暮れている、優雅とは思わんかね!

B区囚人
B区囚人A

ぺッ。

カフカ
カフカ

アンソニーが気に食わないの?

B区囚人
B区囚人A

いやいやそんなことない、間違えるんじゃねぇぞ、カフカ。

B区囚人
B区囚人A

この刑務所で、アンソニーが気に食わないやつなんていねぇよ。

B区囚人
B区囚人A

あいつはパットンが言った通り、人当たりはべらぼうにいい、俺たちは知ってるんだ、あいつこそがこの刑務所内の最強だってことをな。

B区囚人
B区囚人A

噂によるとあいつが刑務所に入ったばっかだっていうのにC区の連中を全員ぶちのめしたとかなんとか。

B区囚人
B区囚人A

そうだ、本人はC区に入れられているから、普段から俺たちとの接触も少ねぇ、でもあいつは本当に人当りがいいんだ、A区だろうがB区だろうが、あいつを気に食わないと思ってるヤツなんていねぇよ。

B区囚人
B区囚人A

そそ、つまり俺がペッしたのはパットンのツラにだよ。

B区囚人
B区囚人A

よく聞いてみろ、アンソニーを褒めたたえてるように聞こえるか?ありゃ侮蔑だよ。

B区囚人
B区囚人A

あの野郎の唯一頭が上がらない相手がアンソニーだ、でもアンソニーに頼んないと俺たちを鎮めることができねぇんだ、だからああいう手段しかできねぇんだよ。

パットン
パットン

我ら州立マンスフィールド刑務所は、国から特例が出た試験刑務所なんだぞ、いずれほかの州への模範となるべき刑務所なのだ。

B区囚人
B区囚人A

チッ、どいつもこいつも囚人っつうのに何が模範だよクソが……

パットン
パットン

とにかく、自分たちの身のためにも、私の身のために少しは考えてほしいものだね!

パットン
パットン

行きましょう、アンソニー、今日は読書時間を一時間設けましょう。

アンソニー
アンソニー

ああ。

カフカ
カフカ

普段はアンソニーに会えないの?

B区囚人
B区囚人A
B区囚人
B区囚人A

あいつら凶悪犯罪者のスケジュールは俺たちとは違うんだ、それにいつもC区の塔に引きこもっているからな。

B区囚人
B区囚人A

なんだ、アンソニーに会いたいのか?

カフカ
カフカ

まあね。

カフカ
カフカ

ちょっと彼と相談したいことがあるんだ、もちろん、看守たちに知られちゃいけないこと。

B区囚人
B区囚人A

安心しろ、分かってる。あいつとコソコソ話がしたいんであれば、チャンスがないわけでもねぇぜ……

タイトルとURLをコピーしました