アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-2「もう一つの視点」前半

ミュルジス
ミュルジス

それじゃあ、続けましょうか。

ミュルジス
ミュルジス

感染者と非感染者の地位が刑務所内で逆に平等になったなんて、皮肉なもんだね。

サイレンス
サイレンス

……あんなもの平等とは呼べない。

ミュルジス
ミュルジス

ふふ、確かに、人として扱われないと得られる平等なんて、そんなのないほうがマシだもんね。

サイレンス
サイレンス

話題を変えてもいい?

ミュルジス
ミュルジス

私もこの話題を続けようとは思ってないよ、お高くとまってこんな話題を話しても寝付きが悪くなっちゃうし。

ミュルジス
ミュルジス

それじゃあ、カフカが刑務所に入った時期って、確か今から四か月半前よね、脱獄したのが四か月前、マンスフィールド刑務所がちょうどセントソフィー市に停泊していた時期よね。

サイレンス
サイレンス

うん。

ミュルジス
ミュルジス

やっぱり、これ以上早かったら、一年以上も前に遡っちゃうからね。

ミュルジス
ミュルジス

なにせ移動刑務所として、数か月ごとの周辺都市での物資補給と囚人の接収以外、普段は基本的に荒野を走っているんだもんね。

ミュルジス
ミュルジス

四か月かけての脱獄、時間でいうと短くはないけど、すごく長いとも言えない。

ミュルジス
ミュルジス

ん?ちょっと待って、一つ疑問が出てきたんだけど

サイレンス
サイレンス

ルールはそっちが出したんでしょ、今度はこっちの質問の番だよ。

ミュルジス
ミュルジス

あはは、そうだった、じゃあ質問どうぞ。

サイレンス
サイレンス

……その前に、メイヤー、お腹が空いたから悪いけど何か作ってくれない?

メイヤー
メイヤー

あ、いいよー、でもここのキッチンって使えるのかな。

ミュルジス
ミュルジス

使えるよー、今回のお話は長くなるかもって予想してたから、いっぱい食材を用意しておいたよ。

ミュルジス
ミュルジス

メイヤーさんって料理作れるの?

メイヤー
メイヤー

作れるよ。なんせ一人ラボだからね、自炊できなかったらとっくに餓死してるよ。

メイヤー
メイヤー

ライン生命とロドスにも食堂はあるけど、そこまで行くのがメンドクサイ時ってあるからね。

メイヤー
メイヤー

じゃあ続けてて、私は何か作ってあげるから。

ミュルジス
ミュルジス

料理する前に食材とかチェックしたほうがいいよ?食材に何かしたなんて言われたくないからね。

メイヤー
メイヤー

はいはい~

(メイヤーが立ち去る足音)

サイレンス
サイレンス

随分と……友好的なんだね。

ミュルジス
ミュルジス

ふふーん、言ったでしょ、お話をするだけって。

ミュルジス
ミュルジス

でも逆に、どうしてメイヤーさんをわざわざこの場から引き離したの?

サイレンス
サイレンス

……まだメイヤーには話してないから、ハイドブラザーズのバックにエネルギー部がいたことをね。

ミュルジス
ミュルジス

……何ですって?

ミュルジス
ミュルジス

あの事件ってあなたたち二人で計画したものじゃないの?

サイレンス
サイレンス

ううん、本当は彼女には教えたくなかったんだ、彼女はただ私の機材購入に付き合ってもらっただけだから。

ミュルジス
ミュルジス

なるほどね、エネルギー部と技術開発部の距離は近しいから、彼女に良からぬことを考えさせたくないのね。

ミュルジス
ミュルジス

じゃあ、彼女は共犯者じゃないっていうのなら、教えたら相当なリスクを背負うんじゃないの?

サイレンス
サイレンス

……言われなくとも分かってる。

サイレンス
サイレンス

そんなことより、私が知りたいのは、あの事件の中で、エネルギー部は一体どっち側についていたの?

ミュルジス
ミュルジス

ハイドブラザーズのバックには確かにエネルギー部がいた、でもエネルギー部はあの事件には絡んでいなかったんだよ。

ミュルジス
ミュルジス

ハイドブラザーズがエネルギー部の物資を利用してあの暗殺を企てたんだ。

サイレンス
サイレンス

やっぱりそうだったんだ。

ミュルジス
ミュルジス

それじゃあ、今度はこっちの番ね――

ミュルジス
ミュルジス

私が知るに、アンソニー脱獄の協力者の中に、刑務所の納棺師のドゥーマさんのほかに、ロビンって女性がいたよね。

ミュルジス
ミュルジス

変なんだよね、私の情報だと、彼女はアンソニーを暗殺する殺し屋の一人のはずだったんだよね。

ミュルジス
ミュルジス

でもあなたのさっきの話を聞くに、協力者はカフカさんの一人だけ。

ミュルジス
ミュルジス

ロビンはそっちが手配した人じゃないの?

サイレンス
サイレンス

……本当に脱獄の過程を知らないんだね、ミュルジス主任。

ミュルジス
ミュルジス

だから最初からそう言ってたじゃん。

サイレンス
サイレンス

それと、一つ間違ってるよ、あの暗殺は私でも予想外の出来事だった。

ミュルジス
ミュルジス

え?

サイレンス
サイレンス

もしそういうことが起こると知っていたら、カフカ一人で刑務所に潜入させるわけがないでしょ。

サイレンス
サイレンス

それだとあまりにも危険すぎるからね、それにああいう状況下で、彼女一人で発揮できる力にも限度がある。

ミュルジス
ミュルジス

まさか、アンソニーがそこにいるって手掛かりしか掴めてなかったの!?

サイレンス
サイレンス

そう、アンソニーが彼の家族と同じ刑務所に入れられていないことを知ったのは半年前、それからカフカを刑務所に入るように手配した。

サイレンス
サイレンス

私の当時の考えとしては、彼に会えたら彼の脱獄に協力できれば万々歳、できなかったら、できなかったでいい。

ミュルジス
ミュルジス

……そして偶然あの暗殺に遭ったってことね?

ミュルジス
ミュルジス

なるほど、それだと色々とつじつまが合うね。

ミュルジス
ミュルジス

でも、こんなこと私に教えちゃっていいの?

ミュルジス
ミュルジス

あの暗殺を阻止するために行動したって印象を保ち続けていれば、あなたのことをすごい人って思い続けてたのになぁ。

サイレンス
サイレンス

……私そういうのは得意じゃないから、ミュルジス主任。

ミュルジス
ミュルジス

……なるほどね、最初あなたは私と同類と思ってたけど、今の話を聞くと、あなたはメイヤーさんと同じ人間って言ったほうが正しいわね。

ミュルジス
ミュルジス

でもあなたの最も好きな研究をよそに、自ら不得意なことに関心を寄せた原因は何なんだろうね。

サイレンス
サイレンス

……

ミュルジス
ミュルジス

んでその原因は私が考えるに「炎魔」と関係がある、そうでしょ?

サイレンス
サイレンス

……

サイレンス
サイレンス

あの事件と今回の事件に関連性はない、ミュルジス主任。

サイレンス
サイレンス

もしイフリータのことを聞くために来たのなら、話はここでおしまい。

ミュルジス
ミュルジス

ごめんごめん、言い過ぎちゃった、安心して、あの事件のことは噂程度でしか聞いてないから、何が起こったかなんてまったく知らないよ。

ミュルジス
ミュルジス

お詫びとして、聞きたいことがあれば今なら何でも答えてあげましょう。

サイレンス
サイレンス

……いらない。

ミュルジス
ミュルジス

はい?

サイレンス
サイレンス

お詫びなんていらない、ただあの事件のことをもう話さないでもらえればいいから。

ミュルジス
ミュルジス

分かった、じゃあさっきの話の続きをしましょうか。

サイレンス
サイレンス

……とにかく、私にとって、あの暗殺は完全に予想外だった、ハイドブラザーズがあんなことをするなんて思いもしなかったから。

ミュルジス
ミュルジス

ということは、あなたはエネルギー部のあの人のやり方をまだ完全には理解できていないんだね。

サイレンス
サイレンス

アンソニーはいわば目の上の瘤、あの人は少しの厄介事と自分ではコントロールできないことは決して見逃さない、彼らがあんなミスをしてしまったって彼に知られちゃったら……

ミュルジス
ミュルジス

貧乏くじを引いたのはハイドブラザーズのほうかもね。

ミュルジス
ミュルジス

だから彼らが数年かけてあの暗殺を企てたのは、アンソニーを確実に刑務所内で葬るためだったんだね。

サイレンス
サイレンス

……自分のした悪事を隠すために、さらに悪事を働かなくちゃならないなんて。

サイレンス
サイレンス

虫唾が走る。

ミュルジス
ミュルジス

でも世の中には引きかえれないことだってたくさんあるんだよ?

ミュルジス
ミュルジス

話を戻すとあの殺し屋、あのロビンって殺し屋のバックがあなたじゃないっていうのなら、可能性は一つしかないね。

ミュルジス
ミュルジス

ロビンは途中で手のひらを返した殺し屋だった、そうでしょ?

サイレンス
サイレンス

……その通りだよ。

ミュルジス
ミュルジス

それじゃあ、視点を変えてみようか?あの殺し屋さんの刑務所内での行動が気になっちゃってね。

ミュルジス
ミュルジス

彼女はアンソニーと共に逃げ出したんだから、彼女の身分や経歴は少なからずチェックしたんでしょ?

サイレンス
サイレンス

……ロビン、最初の彼女は確かにアンソニーを暗殺するために刑務所に派遣された殺し屋に一人だった。

サイレンス
サイレンス

カフカが見たあの双方の囚人の間に衝突が発生した頃、彼女も刑務所に入ったばかりだった。

タイトルとURLをコピーしました