アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-ST-1「招待」

メイヤー
メイヤー

それから、ロビンが……

ミュルジス
ミュルジス

ちょっとごめんなさい、メイヤーさん。

メイヤー
メイヤー

うん?

ミュルジス
ミュルジス

先にメイヤーさんに聞きたいことがあるんだ。

メイヤー
メイヤー

なに?私サイレンスより多くは知らないよ。

ミュルジス
ミュルジス

大丈夫、あなたも知ってることだと思うから。

ミュルジス
ミュルジス

メイヤーさんは「炎魔」事件についてどうお考えかな?

ミュルジス
ミュルジス

私が知るに、あなたもあのプロジェクトには関与していたんだよね?

メイヤー
メイヤー

詳しいことはあまり知らないけどね。

メイヤー
メイヤー

私たちエンジニア部門は普段設備の提供や設備建設の際に専門的な意見を提示するだけだからさ。実験自体に積極的に関わろうとはしないんだ。

メイヤー
メイヤー

私が知ってるのは事件の結果と、サイレンスがイフリータを連れてまだ協力関係を築いてまもないロドスに来たことだけ。

メイヤー
メイヤー

あとはサリアが事件の全部を引き連れて、直接ライン生命から出て行ったことぐらいかな。

メイヤー
メイヤー

私から事件の詳細を聞き出そうとするんだったら聞く人間違ってると思うよ。

ミュルジス
ミュルジス

いや、別に事件の詳細が知りたいわけじゃないんだ、それに、ああいう事件はライン生命内でも別段珍しくないからね。

メイヤー
メイヤー

ありゃ、じゃあ私から何を聞きたいの?

ミュルジス
ミュルジス

あなたから見た、サイレンスとサリアがどういう人なのかが、知りたいの。

メイヤー
メイヤー

うーん、サイレンスはすごく真面目な人だよ、ぶっちゃけると、研究者はみんな彼女を見習わないとね。

ミュルジス
ミュルジス

確かに、彼女はすごく聡明だね、観察眼も鋭い、それに過去にプロジェクトを何度も成功させた実績もある。

ミュルジス
ミュルジス

私が聞いた話によると、構造課の現主任は自分の席をいずれサイレンスに譲りたいって思ってるらしいよ。

メイヤー
メイヤー

ワオ、ということはサイレンスが構造課の次期主任になるってことだよね、すごーい!

ミュルジス
ミュルジス

そうなんだよ、だから私も彼女のご機嫌を取りに行きたくなっちゃったんだよね~

メイヤー
メイヤー

でもサリアについてなんだけど、実はそんなによく知らないんだよね。

メイヤー
メイヤー

なんせ警備課とその他部署はちょっと違うからね、ロドスでもあんまり見かけないんだし、お話なんて論外よ。

メイヤー
メイヤー

でも「炎魔」事件で最も印象に残ったのは彼女の保守的な側面かな。

メイヤー
メイヤー

当時プロジェクトの全過程の停止を命じたのは彼女だし、そのあともささっと辞職、制御不能になった実験なんてウチらの中じゃそんな珍しいものでもないのも関わらずにだよ。

メイヤー
メイヤー

私の同僚の間では「炎魔」事件には黒幕がいるって噂が囁かれているけど、私に関しちゃ事件の全貌はそんなに詳しくはないんだ。

メイヤー
メイヤー

今のイフリータがロドスで元気にしてるのを見れば、そんな大したことでもないんじゃないかな。

ミュルジス
ミュルジス

へぇ?あのイフリータっていう実験体は今はロドスで元気にしているんだ?

メイヤー
メイヤー

うんうん、ピンピンしてるよ。

ミュルジス
ミュルジス

そうなんだ、てっきりもう……どうやらそのロドスって言う企業は相当の実力があるようだね。

ミュルジス
ミュルジス

でも、サリアがライン生命を出て行った理由は当然「炎魔」事件だけじゃないよ、あれは一連の事件の中のほんの一部さ。

ミュルジス
ミュルジス

決定的な事件だったことは否めないけどね。

ミュルジス
ミュルジス

彼女が出て行った最たる原因は、所長との関係がべらぼうに悪くなったからだよ。

メイヤー
メイヤー

え?所長?

ミュルジス
ミュルジス

そそ、最初の頃の二人の関係は実はそんなに悪くはなかったんだよ?

ミュルジス
ミュルジス

でもさっき言ってくれた通りサリアは保守的だ、すべての科学研究は制御可能な範疇に収まるべきだってのが彼女の考え。

ミュルジス
ミュルジス

でも所長はそうじゃない、でないとライン生命なんて会社は存在しなかったからね。

ミュルジス
ミュルジス

なんて言えばいいんだろ、こう例えてみよっか。

ミュルジス
ミュルジス

仮として線を設けよう、この線はサリアが考えてる超えてはいけない線ね。

ミュルジス
ミュルジス

設立から今まで、ライン生命はこの線を越えずに色々やってきた、あったとしても線に触れる程度、だからサリアも声を出すことはなかった。

ミュルジス
ミュルジス

でも「炎魔」事件含めた一連の事件は何者かがその線を越えようと試みたことを現したものなの、もしくはすでに超えているかもしれない。

ミュルジス
ミュルジス

それでサリアの堪忍袋の緒が切れた。

ミュルジス
ミュルジス

でも所長は別段気にしていないってわけよ。

メイヤー
メイヤー

それはどうして?

ミュルジス
ミュルジス

メイヤーさん、あなたの気持ちを教えて、本当に私とサイレンスさんが話していたアントニーの裏話は気にしてないの?

メイヤー
メイヤー

うーん……彼の事情を聞いたあと、やっぱり彼を逃がしてやったほうがいいかなって、そんな気持ちかな。

ミュルジス
ミュルジス

どうやら、あなたは純朴で優しい心を持っているのね、でもあなたはそんなことより、自分の研究、とりわけミーボのほうを気にしていると見た。

ミュルジス
ミュルジス

私も認める、ミーボは確かに素晴らしい設計だ、ちょっと触ってもいいかな?

メイヤー
メイヤー

もちろん、ほら行っておいで。

???
ミーボ

――

ミュルジス
ミュルジス

おおよしよし、可愛いねぇ。

ミュルジス
ミュルジス

さっきからずっと隣で企画案を練っていたよね。

メイヤー
メイヤー

そうだよ、新しいアイデアが浮かんできたからね、ロドスに戻ったら実践してみたいんだ。

ミュルジス
ミュルジス

ふふ、実はね、所長もそういう人なんだよ。

ミュルジス
ミュルジス

彼女のほうがより高く、より遠くを見据えているけどね、頭上を覆う空すらも彼女の視線を遮られないんじゃないかって、思うぐらいに。

ミュルジス
ミュルジス

彼女の目線の先にある地は、きっとこの大地にいる誰にも想像できない領域なんだろうね、私ですらその片鱗を理解するだけで精一杯だよ。

メイヤー
メイヤー

へぇ、所長はスピーチの時でしか見たことがなかったからさ、所長もそういう人だったんだね。

ミュルジス
ミュルジス

そそ、だからほかのことなんて彼女からしてみたら些細なものなんだよ、彼女からしてみれば、自分の研究の邪魔さえしなければ、線はあってもなくてもいいってね。

ミュルジス
ミュルジス

それで彼女とサリアは袂を分かった。

メイヤー
メイヤー

でも、なんでそんなことを教えてくれるの?サイレンスに教えるべきなのでは?

メイヤー
メイヤー

私に教えてもこの情報の使い道なんて分からないよ。

ミュルジス
ミュルジス

知らないからこそ、教えてあげたいんだよ。

ミュルジス
ミュルジス

メイヤーさんって所長と馬が合いそうだから、所長がどんな人なのか知っててほしくね。

ミュルジス
ミュルジス

それに私個人もあなたと友だちになりたいんだ。あなたみたいな純粋な研究者は個人的に好きだよ。

ミュルジス
ミュルジス

あなたは確か自分からロドスに入ったんだっけ?

メイヤー
メイヤー

うん、ちょっと環境を変えたくてね。

ミュルジス
ミュルジス

どうしてか教えてくれないかな?

メイヤー
メイヤー

うーん……そんな大した理由でもないよ。

ミュルジス
ミュルジス

そっか、もしライン生命にまた戻ってくるんだったら、ウチの課に転入してもいいんだよ?

メイヤー
メイヤー

そうだね、検討してみるよ。

ミュルジス
ミュルジス

大丈夫、時間なんてたんまりあるんだしさ。

ミュルジス
ミュルジス

じゃあ、お話の続きといきましょうか。

ロビン
ロビン

……

ドゥーマ
???

……本当に……るの?

ドゥーマ
???

わかった、じゃあ試し……みるね。

ロビン
ロビン

んん……

ドゥーマ
???

起きた。

ロビン
ロビン

ここは……

ドゥーマ
???

ここは私の部屋よ、刑務所の医務室。

ロビン
ロビン

あなたは確か……

ドゥーマ
???

あなたのことなら私も知ってるわ……私はドゥーマよ。

ロビン
ロビン

私なんでここに……

ロビン
ロビン

そうだ、あいつらの戦いに巻き込まれて……

(アンソニーが歩いてくる足音)

アンソニー
アンソニー

そこで気を失ったんですよ、ロビンさん。

ロビン
ロビン

あなたは……アンソニー!?

ロビン
ロビン

どうして私の名前を知ってるの。

アンソニー
アンソニー

ドゥーマのところに囚人の名簿が置いてあったんで。

ロビン
ロビン

……

アンソニー
アンソニー

あなたも暗殺者の内の一人ですね、ロビンさん。

ロビン
ロビン

!?

アンソニー
アンソニー

ドゥーマがあなたが所持していた武器を見つけました、そしてあなたはここにいる、そう思わざるを得ません。

アンソニー
アンソニー

もちろん、違っていたのなら、違うと仰ってくれれば。

ロビン
ロビン

……

アンソニー
アンソニー

どちらにせよ、私の話に耳を傾けてくれませんか、それとあなたが暗殺者である前提でお話させてもらいますので、無粋なところがありましたら、どうかご容赦ください。

アンソニー
アンソニー

あなたを遣わした人物はすでに特定できました、ヤツはまさに我が一族を陥れた張本人です、私を六年もここに閉じ込めた元凶でもあります。

ロビン
ロビン

……!?

アンソニー
アンソニー

そして今、私はヤツを問いただすためにここから脱獄するつもりです。

アンソニー
アンソニー

あなたの腕前は確かなものです、もしよろしければ暗殺の依頼を諦めて私と協力して頂きたいのです。

アンソニー
アンソニー

話は以上です。

ロビン
ロビン

私は……

アンソニー
アンソニー

じっくり考えてからでも大丈夫ですよ。

アンソニー
アンソニー

こちらにも準備に時間を有しますので、あなたも時間ならたっぷりあるはず。

アンソニー
アンソニー

暗殺を続けるも、諦めるもあなたの自由です。

アンソニー
アンソニー

もし協力してくれる意向があるのでしたら、この医務室に来てドゥーマにそのことを伝えていただければ結構です。

ロビン
ロビン

……

(ノック音)

看守
看守

アンソニーさん、パットン隊長から怪我の具合を確かめに行けと言われまして。

アンソニー
アンソニー

……平気です、もう少しだけ待っててください、すぐ終わりますので。

看守
看守

はい、わかりました、ごゆっくり。

アンソニー
アンソニー

先にパットンから始めよう。

アンソニー
アンソニー

ではどうかじっくり考えてください、ロビンさん。

(アンソニーが去っていく足音)

ミュルジス
ミュルジス

ふふ、アンソニーって、前まで普通のただ心優しい人だと思っていたけど、そんな単純なもんじゃなかったね。

メイヤー
メイヤー

ん?それってどういうこと?

ミュルジス
ミュルジス

私たちは彼女は暗殺者ってことを知ってるけど、彼は証拠不十分の状況で彼女を自分側に招待したんだよ。

メイヤー
メイヤー

そうなの?私は無鉄砲だなーって思ったけど。

メイヤー
メイヤー

もしロビンが暗殺者じゃない上に、このことを看守に伝えたら?

ミュルジス
ミュルジス

ふふ、そこが彼が賞賛に値するポイントだよ。

ミュルジス
ミュルジス

考えてみて、自分はカリスマ性も何もないただの新入りで、相手はとっくの昔に刑務所内でカリスマ的存在となったアンソニー。

ミュルジス
ミュルジス

どっちの話のほうが信じられると思う?

ミュルジス
ミュルジス

一歩退いて見ると、仮にパットンと看守たちが彼女の話を信じたとしても、何ができるっていうの?

ミュルジス
ミュルジス

ただ横で指を咥えながら見るしかないんだよ。

メイヤー
メイヤー

そう言われると、確かにそうかも。

ミュルジス
ミュルジス

ふふ、あなたが思ってる無鉄砲な行動が「カリスマ」も、「影響力」もない前提の話だったら、確かにただのリスクでしかないね。

ミュルジス
ミュルジス

でも私が思う本当に面白いポイントは――「カリスマ」な人は、そんな手段は採らないところだよ。

メイヤー
メイヤー

へぇ、そりゃまたどうして?

ミュルジス
ミュルジス

あのセリフの中には脅しが隠されていたんだよ、「喋っても意味はないぞ」っていうね。

ミュルジス
ミュルジス

カリスマ性溢れる人が言うような言葉には聞こえないでしょ?

メイヤー
メイヤー

ホントだ、確かに脅しに聞こえる。

ミュルジス
ミュルジス

そういうこと。それに、アンソニーはどうやってあのパットン隊長に示しを付けるって言ってた?

メイヤー
メイヤー

ん?あ……自分から半月監禁室の処罰を受けるって言ってた。

ミュルジス
ミュルジス

みんな彼は問題を起こしてないって知ってるけど、自分から処罰を受けることでこの件をなかったことにしたとは……

ミュルジス
ミュルジス

あのパットン隊長の彼が処罰を受けたときの気持ち悪い笑顔が想像できるよ。

ミュルジス
ミュルジス

でも彼は耐え忍んだ。

ミュルジス
ミュルジス

チッチッ、ホント大した男だよ。

メイヤー
メイヤー

もしかしたら単純にロビンは言いふらさないって思っていた可能性もあるんじゃない?

ミュルジス
ミュルジス

うーん……そういう可能性も無きにしもあらずだね。

ミュルジス
ミュルジス

そういえば、サイレンスさんキッチンに行ってから結構経つね。

メイヤー
メイヤー

ホントだ、ちょっと様子を見に行ってくるね。

(メイヤーがキッチンへと歩いていく足音)

タイトルとURLをコピーしました