アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】サイドストーリー 孤島風雲 MB-4「勇敢、蛮勇」前半

(メイヤーが歩いてくる足音)

メイヤー
メイヤー

サイレンス、大丈夫?

サイレンス
サイレンス

大丈夫。

サイレンス
サイレンス

それよりどうしてこっちに?

メイヤー
メイヤー

ずっとここにいて出てこなかったからさ、様子を見に来たんだよ。

メイヤー
メイヤー

えっ、その酒瓶って……もしかしてお酒飲んだの?

サイレンス
サイレンス

ちょっとね。

サイレンス
サイレンス

ミュルジス主任は?

メイヤー
メイヤー

外で待ってるよ。

サイレンス
サイレンス

どこまで話したの?

メイヤー
メイヤー

アンソニーがカフカに協力を仰いだことと、あと彼女から所長とサリアの話かな。

サイレンス
サイレンス

そう。

メイヤー
メイヤー

私が代わりに話そうか?

サイレンス
サイレンス

いや、今はいいよ。

メイヤー
メイヤー

サイレンスなんか悲しそうだよ、さっきミュルジス主任になんか言われた?

サイレンス
サイレンス

ううん……でもちょっとね。

サイレンス
サイレンス

なんて言うか……言葉で言い表せられないけど。

サイレンス
サイレンス

今思考がぐちゃぐちゃで、後悔もしている、なんだか自分に反したことをしたみたいな感覚に陥ってるんだ。

メイヤー
メイヤー

それって脱獄のこと?

サイレンス
サイレンス

うん。

サイレンス
サイレンス

……君に謝らなくちゃね、メイヤー。

メイヤー
メイヤー

どうして?

サイレンス
サイレンス

君を巻き込むべきじゃなかったからだよ、私怖がりだから、我慢できずにこのことを君に伝えてしまった、君にも一緒に背負わせたくて。

メイヤー
メイヤー

なーんだ、それなら全然気にしてないよ。むしろサイレンスに信頼されて嬉しい。

メイヤー
メイヤー

それに私がしたことなんてあなたのクルビア漫遊に付き合っただけなんだしさ。

サイレンス
サイレンス

……実は、まだあなたには教えていないことがあるんだ。

メイヤー
メイヤー

なにかな?

サイレンス
サイレンス

あの事件の後ろには、ハイドブラザーズのバックには、エネルギー課が関わっていたんだ。

メイヤー
メイヤー

え?エネルギー課が!?

[
サイレンス
サイレンス

君たち技術部とエネルギー課の関係は密接なものだから、どうやって君に伝えればいいかずっと悩んでて。

メイヤー
メイヤー

そうだったんだ……うーん、でもまあ大丈夫だよ、ウチらの部は確かに事務上ではエネルギー課と密接な関係にあるけど、私個人的にはそんなにエネルギー課のことは好きでも嫌いでもないからさ。

メイヤー
メイヤー

むしろエネルギー課の主任が怖いっていうか……

サイレンス
サイレンス

エネルギー課の主任、どういう人なの?

メイヤー
メイヤー

うーん、そんなに会ったことはないんだけど、よくウチらの様子を見に来たり、会議を聞きに来たりするんだよ。

メイヤー
メイヤー

話し方からめっちゃ頭良くてめっちゃすごい人なのは分かるんだけど、でもなんかねぇ……

メイヤー
メイヤー

なんて言えばいいんだろ、彼が気にしているのは私たちのモノで何ができるかとか、何を替えられるかって言えばいいかな。

サイレンス
サイレンス

なるほど……

メイヤー
メイヤー

それに、サリアが過失で辞職したあと、ウチらの部とエネルギー課の関係がさらに緊密になった感じがするんだよね。

メイヤー
メイヤー

時折ウチらに変な仕事が降ってくるんだよ、おかげで自分のやりたいこともできなくなっちゃったよ。

メイヤー
メイヤー

だから機会を窺って外勤でロドスにやってきたってわけ。

メイヤー
メイヤー

まあクロージャもあれはあれで変な人だけど、ロドスでの仕事は結構楽しいよ。

サイレンス
サイレンス

そう……

メイヤー
メイヤー

とにかくそんなに気に留めなくてもいいんだよ、サイレンス。それに、サイレンスは正しいことをしたって私は思うよ、そうでしょ?

サイレンス
サイレンス

正しいこと……

ケルシー
ケルシー

君が提供してくれたこれらの情報と分析結果は非常に価値がある、君の意見も重視せざるを得ない、オペレーター・サイレンス。

サイレンス
サイレンス

では……

ケルシー
ケルシー

だがまず、これらの情報は明らかにライン生命内部のものだろ。勝手に内部情報を他者に漏洩する者は、信用に置けん。

ケルシー
ケルシー

しかし、君の日常における勤務態度からして、君はそんな不謹慎な人ではないと信じている、だからこれらを渡した経緯を説明してほしい。

サイレンス
サイレンス

これらは私個人で捜査収集して分析してきた情報です、ライン生命とは直接的な関係はありません。

ケルシー
ケルシー

なら君が発見したこれらは、君たちの内部で処理するべきではないのか、ロドスがその間に立って仲裁するわけにはいかないからな。

サイレンス
サイレンス

……いいえ、ロドスが仲裁してくれることは期待していません。

サイレンス
サイレンス

私はただこの人を助けたいんです、だからあなたの意見を伺いたい。

ケルシー
ケルシー

なぜ私なんだ?それと、なぜロドスなんだ?

サイレンス
サイレンス

今の私は、ライン生命より、ロドスのほうを信用していますので。

ケルシー
ケルシー

君はライン生命の何を疑っているのかな?

サイレンス
サイレンス

分かりません、自分が何を疑っているのかすらも。

サイレンス
サイレンス

ただ私はここで働いてもうしばらく経ちます、この目でロドスが何をやっているのかを見てきました、だから少なくともロドスの実態は把握しているつもりです。

ケルシー
ケルシー

見たものが真実とは限らないぞ、オペレーター・サイレンス。

ケルシー
ケルシー

もしくは、君はまだ目にしていないだけなのかもな、だが君の情報を見るに、このアンソニーというフェリーンは彼の父親の手はずで州を跨いだあとにすぐさま逮捕された可能性が極めて高い。

ケルシー
ケルシー

十中八九彼らが作り出した盤面だろう。

サイレンス
サイレンス

しかしアンソニーは今でも釈放されていません、もうあそこに六年も閉じ込められているんです、もしくは一生あそこという可能性もあります。

ケルシー
ケルシー

君はなぜ自分と無関係なこの人に固執しているんだ?

サイレンス
サイレンス

私がずっと捧げてきたライン生命は、一体どういう企業なのかを、見極めたいからです。

ケルシー
ケルシー

……

ケルシー
ケルシー

失望するかもしれないぞ。

サイレンス
サイレンス

それでも何も知らないよりかはマシです。

ケルシー
ケルシー

……いい説得力だ、オペレーター・サイレンス。

ケルシー
ケルシー

ロドスが表立って君を支援するわけにはいかないが、私個人としての立場であれば君への意見提供もできなくもない。

ケルシー
ケルシー

どうか最後まで君の信念を貫いてくれたまえ。

サイレンス
サイレンス

信念というのは?

ケルシー
ケルシー

自分は正しいことをしてるんだという信念だ。

サイレンス
サイレンス

でもそれも今ではあやふやになってしまった、これは本当に正しいことなの?

メイヤー
メイヤー

え、どうして?

サイレンス
サイレンス

私怖いの、メイヤー。

メイヤー
メイヤー

なにが?

サイレンス
サイレンス

今までずっと、すべての問題は自分が努力すれば、いつかは解答できるって、思ってた。

サイレンス
サイレンス

でも今回ばかりは、私は解答できない問題に頭を突っ込んでしまったようで怖いの。

メイヤー
メイヤー

それは解けないから?

サイレンス
サイレンス

解けないからじゃない、解きたくないからだよ。

サイレンス
サイレンス

メイヤー、私とカフカはどうやって知り合ったのか、本人から教えられなかった?

メイヤー
メイヤー

ん?忘れちゃったの?ミーナとの会話で言ってたよ。

(カフカが駆け寄ってくる足音)

カフカ
カフカ

ミーナ。

ミーナ
ミーナ

はい。

カフカ
カフカ

ふぅ、やっと君と話せる機会ができたよ。成果はどんな感じ?

ミーナ
ミーナ

カフカさんの指示通り、この間こっそりこの刑務所の構造を調べてきました、今はほとんど把握済みです。

ミーナ
ミーナ

ここの刑務所の収監者たちは見た通りゆるゆるですけど、構造はかなり厳重に作られています、脱出するにはかなり困難かと……

カフカ
カフカ

大丈夫大丈夫、きっとなんとかなるよ。

ミーナ
ミーナ

それより、そちらのほうの進捗はどうですか?

カフカ
カフカ

アンソニーとは接触できたよ、もとから脱獄する意向はあったみたい、だからプランA通り、カフカたちは彼の脱獄への協力ね。

カフカ
カフカ

これから医務室を秘密基地にから、あそこにいるドゥーマ先生には君のことを話しておいたから、直接そこに行ってみるといいよ。

ミーナ
ミーナ

そうですか……

カフカ
カフカ

どしたの、君の大好きなデカブツに会えるというのに、落ち込んだ顔なんかしちゃって。

ミーナ
ミーナ

いえ、遠目で彼のことを見たんですが、今のデカブツさんが昔私たち一家を助けた時と比べてすっかり変わってしまったように見えたので。

カフカ
カフカ

そうなんだ、昔はどうだったの?

ミーナ
ミーナ

昔の彼は、もっとこう、うーん……かっこよかった?

カフカ
カフカ

なにそれ。

ミーナ
ミーナ

彼が私たち家族を助けてくれたことを知ってから、こっそり彼の様子を見に行ったことがあるんです、あの時の彼は今よりもっと朗らかでした。

カフカ
カフカ

それってどんな感じなの、めっちゃド派手に着飾っていたとか、それともボディーガードを十数人連れていたぼんぼんだったとか?

ミーナ
ミーナ

いえいえ……うーん……でもちょっとそんな感じだったかも、私もどう言えばいいかわからなくて……

カフカ
カフカ

じゃあきっとぼんぼんだったんだよ。

ミーナ
ミーナ

とにかく今の彼は、すごく寡黙で、あまり表情も動かさない感じになっちゃったんです、なんだかちょっと悲しくなっちゃいました……

カフカ
カフカ

そりゃここにぶち込まれて六年も経ったらねぇ、いくら朗らかな人でもああなっちゃうって。

ミーナ
ミーナ

それもそうですね……

カフカ
カフカ

だから私たちで彼を脱出させれば、きっと元の調子に戻るよ。

カフカ
カフカ

多分だけどね、でも、ぼんぼんに戻ったら戻ったでそれも良くない気がする!

ミーナ
ミーナ

私はそれでいいと思いますけど。

カフカ
カフカ

そっかそっか、まったく君のことはチンプンカンプンだよ。

ミーナ
ミーナ

それを言うんだったら、私だってカフカさんのことチンプンカンプンです、あなたは自分の友だちの依頼でアンソニーを助けに来たって言ってましたけど、どうしてそのサイレンスって友だちのためにここまでするんですか?

カフカ
カフカ

……サイレンスはいいヤツだからだよ。

ミーナ
ミーナ

その心は?

カフカ
カフカ

うーん……カフカとサイレンスは彼女が外勤のときに知り合ったんだ。

カフカ
カフカ

カフカはね、あんまり日の目に出ちゃいけない手段でやりくりしてたんだけど、その時ちょうど彼女とばったり会ってね。

カフカ
カフカ

あの時の騒ぎも結構なもんだった上に、あとちょっとで彼女のせいで商売が台無しになるところだったんだよ。

カフカ
カフカ

でも結果良ければすべてよし、それに彼女とも知り得た、雨降って地固まるって言うじゃん。

カフカ
カフカ

その後、しょっちゅうカフカに仕事を紹介してくれてね、なんかカフカにもっとまともな生活を過ごしてほしいって感じだったんだ。

ミーナ
ミーナ

なんだかいい人そうですね。

カフカ
カフカ

そりゃもちろん、でもサイレンスってこの大地を甘く思ってる節が多々あるんだよね。

カフカ
カフカ

実際彼女の思い通りにはいかないこともたくさんあるにも関わらずにさ。

カフカ
カフカ

ただサイレンスってちょっと幼稚なところはあるけど、でもすっごく賢いし、固執もしない、ずっとそうでいてほしいし、彼女と友だちになったのもそのおかげ。

カフカ
カフカ

カフカは友だちはたくさんいるけど、サイレンスみたいな友だちは彼女だけだから、大切にしたんだよ。

ミーナ
ミーナ

だから彼女のために刑務所に入ったんですか?

カフカ
カフカ

あ、それはそれで違うよ。

カフカ
カフカ

一つは前々からこの刑務所の噂を聞いて、興味があったから。

カフカ
カフカ

もう一つは、今回のサイレンスが今までとちょっと違ってたから。

ミーナ
ミーナ

あなたを送り込んで他人を脱獄させることですか?

カフカ
カフカ

うん。それと自分の代わりある企業の情報を集めてほしいってお願いされてね、昔のサイレンスの性格だと、こんなことをするところなんて想像すらできなかったよ。

ミーナ
ミーナ

うーん……彼女の身に何かが起こったんでしょうか?

カフカ
カフカ

さあね……彼女がクルビアを出てロドスとかいう会社に入ってから、一回も会ってないからね、手紙で連絡はしてるけど。

カフカ
カフカ

クルビアを出た理由も説明されてないし……でも、きっとなんかあったんでしょ。

カフカ
カフカ

とにかく、今回のサイレンスは何が何でもやるつもりだったから、カフカも手伝ってあげようと思ったわけ。

ミーナ
ミーナ

……カフカさん、もしかして、あなたっていい人なのでは?

カフカ
カフカ

え、まさかカフカを悪いヤツって思ってたの?

ミーナ
ミーナ

私を脅して一緒に刑務所に入れられたことはまだ覚えていますからね……

カフカ
カフカ

アハハ、急に知らないヤツに一緒に刑務所に入りませんかって言われたやつでしょ、でもどんなこと言ってもこいつ頭大丈夫かって思われちゃうじゃん、だから何かしらの方法を採らざるを得なかったんだよ。

ミーナ
ミーナ

はぁ、過ぎたことです、もうどうだっていいです。

カフカ
カフカ

にしし、でも、これについてカフカは善悪で判断できることとは思えないね。

カフカ
カフカ

君はリスクを冒してまでかつて自分一家を助けてくれたアンソニーを助け出そうとしてるけど、やってることは脱獄だからね。

カフカ
カフカ

友だちのためにすることは絶対的な善って言うんだったら、カフカの友だちはきっとメンツを気にする連中よりいい人のほうが多いかもしれない。

カフカ
カフカ

でも悪いことをしてる人がいくら正しい信念を抱いていたからって、そいつがいいヤツとは言えないじゃん?

ミーナ
ミーナ

むぅ……確かにそうですね。

カフカ
カフカ

だったら最初から自分は悪いヤツなんだって認めたほうが気が楽だよ。

(看守が歩いていくる足音)

看守
看守

……

カフカ
カフカ

ヤバッ、看守が来た、そろそろ手を動かさないと、じゃあまた医務室で。

カフカ
カフカ

君もさっさとここから離れたほうがいいよ、もしかしたらこいつらまーたおっぱじめるかもしれないからさ。

ミーナ
ミーナ

はい、カフカさんも、どうかお気をつけて。

タイトルとURLをコピーしました