アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】オムニバスストーリー「この地の外で チェン 剣と天秤」

チェン
チェン

――止まれ!

チェン
チェン

そこまでだ。逃げても無駄だ。もうじき警察がここにくる、もう遅い。

感染者
感染者

なんだよ、お前もあいつらが寄越してきた追っ手というわけか?何がロドスの任務だ、感染者を治療してくれる医者がいるって話も全部嘘だったんだろ、なぁ?

感染者
感染者

トムのおやっさんが、他所の連中は信用するなと、あれほど警告してくれてたのにな。ハッ、俺は従わなかったさ、あんたならと思ってたからな、あんたはあの金経由でしか人を見ていないクズとは違うと思っていたのに……

チェン
チェン

……勝手にしろ。お前が信じるか信じないかはどうでもいいが、はっきり言わせてもらう、私は外のあの警察とは関係ない。

感染者
感染者

ならさっさと俺を見逃せよッ!

チェン
チェン

すまない、それはできない。

チェン
チェン

お前は署に同行してもらう最中に抵抗を起こし、看守二名を負傷させ及び連日都市からの脱走を敢行した、そんな状況下で、そう簡単にお前を見逃すわけにはいかない。

チェン
チェン

今三つの捜索隊がお前を探している、私は偶然彼らの一歩先に出られただけだ、ここを出れば、お前はほかの奴らに見つかってしまう。

チェン
チェン

お前が告訴内容に書かれている罪を犯していないことを知ってるのは、私だけだ。

感染者
感染者

――やってるわけないだろッ!

感染者
感染者

あのクソどもが俺をとっ捕まえようとしてるのは、俺と巷でおっちんじまったあの外国人と余計なことを喋ったからなんだよ!

感染者
感染者

あの余計な一言だけで、あいつらは俺を殺人として告訴したんだ、笑えるだろ?

感染者
感染者

「現場にはアーツの痕跡が残されていた、感染者案件として断定」だとよ……ペッ、俺が本当にアーツを扱えていたら、今頃あいつらが生きてるわけがないだろ?俺に何ができるってんだよ?こっちは放火する度胸すらないってのによッ!

チェン
チェン

分かってるさ……

チェン
チェン

お前が真っ昼間に武装した傭兵を殺せないことは、重々理解している。こうして今ここでお前と話せてるのもそのおかげだ。

チェン
チェン

信じてるさ、お前は殺人を犯していないと。しかし警官を襲い人を負傷させ、逮捕を拒み逃走した罪状から逃れることはできない。

チェン
チェン

抵抗はもうよせ、そんなことしていいことなんてない。クルビアは私が見てきたどの国よりも優れているところは多い、裁判所での裁判もこの目で見た、お前たちには陪審員もいる、傍聴する民衆だっているじゃないか。

チェン
チェン

自分の冤罪を告白する場所はある。すべての事実をみんなに教えてやればいいんだ。

チェン
チェン

限られてはいるだろうが、だが少なくともここは感染者を公平に……

チェン
チェン

アーミヤ、聞く話によるとクルビアは法制度が十分に整備された国だと聞く、あそこには裁判官もいて、感染者を収監する刑務所もあるのだろう、見に行ってみたいんだ。

アーミヤ
アーミヤ

もちろんいいですよ。チェン警司のお好きなところに行けばいいと思います、むしろ、チェンさんにはもっと色んな場所を見に行ってほしいぐらいです。

アーミヤ
アーミヤ

あ、もう警司って呼ばないほうがよかったんですよね?

アーミヤ
アーミヤ

ではチェンさん。え?さん付けもいらない?でも……わ、わかりました、では、チェン?

アーミヤ
アーミヤ

いや無理です、やっぱり申し訳ないというか……

アーミヤ
アーミヤ

オホン、とにかく本題に戻りますね。私はクルビアのことはあまりよく知らないんです、法制度や刑法に関しては、きっとチェンさんのほうが詳しいと思いますし、だからこれらについては、下手なことは言えません。

アーミヤ
アーミヤ

ただ、一つだけははっきりと知ってますよ。

アーミヤ
アーミヤ

人と人の間に生まれる敵視や軽蔑は、いついかなるところでも起こり得るのだと。

アーミヤ
アーミヤ

健康な人と感染者の間で起こりますし、富と貧富の間にも起こりえる、人為的に分断された界隈ならなおさら……

アーミヤ
アーミヤ

同胞を分断させ、優劣を、貴賤を生み出す人はいつの時代も存在します。

アーミヤ
アーミヤ

ただ誤解しないでくださいね、チェンさん。クルビアの多くの感染者は、開拓事業で、お金を稼ぐことができると聞きます、もしくは公民の身分を得られることも……希望に満ちた生活に聞こえますよね。

アーミヤ
アーミヤ

でも、チェンさん、その良し悪しは自分の目で判断して、自分で決めなければなりません。ウルサスの土地が真っ白な残酷で覆われてるように、多くの場所では、その残酷が本当はきれいなキッチンシートで隠されているように。

アーミヤ
アーミヤ

一度も忘れたことはありませんよ、コントロールタワーで、チェンが言ってくれたこと。

アーミヤ
アーミヤ

すべての人を公平的に接すること、すべての人を公平的に裁くことは……素晴らしくも、難しいんだという言葉を。

アーミヤ
アーミヤ

なぜなら誰もそんな道を歩んだことがないからです、だから向かうべき方向すら分からない、チェンさん自身で、私たち自身で、一歩一歩足元を確かめながら踏み続けるしかないんです。

アーミヤ
アーミヤ

……少しだけチェンさんが心配なってきました。

アーミヤ
アーミヤ

チェンさんが失望してしまうんじゃないかって。

感染者
感染者

何が公平性だッ!?寝ぼけてんじゃねぇぞッ!

感染者
感染者

俺の弁解を聞いてくれるヤツなんていると思うか?法廷に上げられた「罪人」の中に、自分のために涙を流しこともせず、自分は清廉潔白だって言わなかったヤツがいるとでも思ってんのかッ!?

感染者
感染者

あいつらはてめぇを柵に括り付けるんだ、籠に閉じ込めた鳥のようにな、そしててめぇの首をへし折り腹を割き、はらわたがどす黒くないかみんなに見せつけるんだ!

感染者
感染者

街中で「感染者の貧乏どもが都市を占拠し、私たちの財布から金をむしり取ろうとしている」ってスピーチさせるように演説家を金で雇ってる陪審員のクソジジイどもがどれだけいんか知ってんのかよ!?

感染者
感染者

お前に何がわかる、来て間もないド素人が、何も分かるはずがねぇんだよッ!

チェン
チェン

私は……

チェン
チェン

違う。違う。

チェン
チェン

確かにここを多く理解するにはまだまだ時間が足りないのかもしれない、だが私は国家の暴力機構のことならすでに十分理解している。

チェン
チェン

私はかかつてそれらに失望して国を去った人だ。その中の麻痺してその上腐り果てた部分を見てきた。

チェン
チェン

だがそれらに比べて、その力ではその社会を安定させられないことのほうがよりはっきりと理解している、もし誰しもが暴力によって保障された秩序に挑めるようになれば、それこそもっと恐ろしいことが起こってしまう。

チェン
チェン

だから……私はお前を見逃すわけにはいかない。

チェン
チェン

少なくとも犯罪者が警官を襲って、あまつさえ逃げ出そうとすることが全員に知れ渡っているこの時期に逃すわけにはいかない。

感染者
感染者

……

感染者
感染者

どうしても逃すつもりはねぇんだな。俺じゃお前と太刀打ちはできん、わかった、観念するよ。

チェン
チェン

申し訳ないとは思わない。

チェン
チェン

今日のお前の立場に誰が立っていようと、私はこうする。

感染者
感染者

ペッ。

チェン
チェン

冗談ではないぞ。

チェン
チェン

……だが事実が本当に君の言ってる通りなのであれば、もし彼らが本当に君に濡れ衣を着せたのなら、私は必ず君のために行動をとる。

チェン
チェン

そんな事態に発展しないでくれればいいんだがな……

感染者
感染者

俺の知ってることを教えてやるよ。

感染者
感染者

あんたは感染者だ、しかも一文無しのな、だからこうするしかないんだろ。

感染者
感染者

ここに来た感染者はブタ箱で腐っていくか、あるいは荒野で命懸けになるかのどっちかだ、活気あるヤツらなんてもうみんないなくなっちまったよ。

感染者
感染者

ピエール、トム、でくの坊のマルス、みーんな次から次へといっちまった、誰も戻ってきやしなかった。

チェン
チェン

……

感染者
感染者

トムのおやっさんのことを憶えてるか?いっつもあんたの悪口を言ってたあいつだよ。

チェン
チェン

憶えているさ。私が初めてお前たちの街に来たその日に、あいつは私がつけてたブレスレットを騙し取ろうとしていた、だが逆に私にこっぴどくしばかれたにも関わらずちっとも反省してなかったもんな。

感染者
感染者

あいつは根深いからな、あん時はこいつを怒らせちまったあんたはもうこの街では暮らせねぇなって、みんな思ってたよ。

チェン
チェン

だが私はお前たちの想像より一段上だっただろ。

感染者
感染者

ああ。あんたに突っかかろうとする人なんざとっくにいなくなったさ。

感染者
感染者

あんたはトムを懲らしめた、だがあくどい手は出さなかった、あいつを暫く大人しくさせられるんだからな、だからみんなあんたをほっといていたさ。

感染者
感染者

あいつがロクデナシなのはみんな知っていたさ、詐欺にスリ、なんでもやった。自分の孫娘のためにスカートだったり、ネックレスだったりをあげるためなら、なんだってやった。

感染者
感染者

だが結果はどうだ、あいつのかわいい孫娘はあいつから金やものを貰ったあと、すぐさま都市の金持ちと出来上がって、部屋を持つようになった、そして二度と自分ん家のタイルが爺さんの汚ねぇ足に踏まれないようにしたんだ。ハッ、何になるってんだ。

チェン
チェン

……一番最初に彼を署に送りつけるべきだったな。

感染者
感染者

その話はもういい、質問だ、どれぐらいあいつとは会ってないんだ?

チェン
チェン

二週間、それかもっと長い。

チェン
チェン

ちょっと待て、なぜ急にそんなことを聞くんだ?

チェン
チェン

――彼がどうかしたのか!?

チェン
チェン

アーミヤ、もし私が命の終わりまで努力しても、あの場所が、あのすべての人が公平に裁かれる場所に辿りつけなかったとしたら……

チェン
チェン

そこの不公平な土壌で育ち、過ちを犯した人たちと、どう接すればいいんだ?

チェン
チェン

ロドスなら一時的だが彼らを収監することはできるだろう、だが彼らを最後にどの方向に向かわせてやればいいんだ?

チェン
チェン

勧善も、懲悪もしよう、不公平な私刑も阻止してみせよう、私にはそれを成し遂げる能力があるからな。私が望む正義のためなら多くのものを捨てても構わない、それらのためなら喜んで奔走しよう。

チェン
チェン

だが、果たして私にそんな資格はあるのだろうか?

チェン
チェン

他者の罪を定められる資格も持つ人なんているのだろうか?

ロスモンティス
ロスモンティス

アーミヤならここにはいないよ、だから私が代わりに答えてあげるね。

ロスモンティス
ロスモンティス

きっとアーミヤなら、「誰も他者を裁けない」って答えるはずだね。ケルシー先生もいつもそれを口にしていたから。

ロスモンティス
ロスモンティス

二人ともいい人だよ、いい人。だから私を騙すことはしない、私も二人を信じてる。

ロスモンティス
ロスモンティス

私は……すごく優しくて大きな人たちのことを知ってる。私たちは共に戦い、共に悪い人を撃退した、彼らは私を信じてくれた、だから私も彼らを信じた。

ロスモンティス
ロスモンティス

彼らが言ってたことは正しいと私は思うよ。もしもあなたの目の前の人が悪い人だったら、彼は悪いことをした、あなたはそれがわかるのなら、あなたは彼には罪があるって言えるよ。罪ある者は罰せられなければならないからね。

ロスモンティス
ロスモンティス

チェンは何に悩んでいるの?大丈夫、チェンも今は私の家族だから、家族だったら助け合わないとね。だから、チェンじゃ手が下せないんだったら、私がやってあげるよ。

ロスモンティス
ロスモンティス

私が不公平を阻止してあげる。人の家族を失わせようとするヤツがいたら阻止してあげるから。

ロスモンティス
ロスモンティス

その人の罪は死に値しない罪なのに、その人を死に追いやろうとする人がいれば、私が阻止する。人を殺そうとする人を阻止して、そして悪いヤツを懲らしめてあげる。悪いことをしたら、それ相応の罰が必要だからね。

ロスモンティス
ロスモンティス

もし盗みを働いたら、盗みをした人を殴ってやればいい。もし人を傷つけたら、その傷つけた人の手を切り落とせばいい。

ロスモンティス
ロスモンティス

これでどう?こんな感じでいいかな?

ロスモンティス
ロスモンティス

私もしっかり成長して、その裁量の物差しを手に入れるように頑張るから。頑張って人の善悪を見抜けるようにするから。そしたら私がいつか裁いてあげるよ。

チェン
チェン

なんだって――?

チェン
チェン

さっきなんて言った、もう一回言ってくれ!

感染者
感染者

だから――死んだんだよッ!

感染者
感染者

とっくにな!怒らせちゃいけない人を怒らせちまったんだよ、引きずられながらとっ捕まえられて、保釈金もあるわけがねぇ、口を割る前に撲殺されてな、あんなよぼよぼの年齢なんだぞ、数日とて生きられるわけないだろ?

チェン
チェン

私刑が蔓延ってるのに誰も見向きもしないのか!?

感染者
感染者

いると思うか?トムのおやっさんみたいなヤツに、話しかける人がいると思うか?

感染者
感染者

爺さんは孫娘に一回でもいいから会いたがっていただけだ、だが結局死ぬ直前になっても会えなかった。孫娘はとっくにおやっさんと連絡を切ってたんだ、おやっさんは騙し取った金を、全部孫娘に送った、だが返事も何もなかったんだよ。

感染者
感染者

いいか、あいつらがお前に押しかけてこないのは、お前がまだ役に立つからなんだよ、お前は金が稼げる、まだ利用価値があるだけなんだよ!だが俺たちはもう一つたりともミスは犯せねぇんだ、じゃなきゃか皮を剥がされちまうからな。

感染者
感染者

殺人は大罪なんだろ?だがな、一人の金なし貧乏野郎が死んだところで体面に媚びへつらうヤツを非難する人なんているわけがねぇんだよ!

感染者
感染者

誰かがお前の命を欲しがっていたとしよう、ならそいつにとって人を殺すことなんざ埃を手で払うのと同じように簡単なことなんだよ。あいつらにとって大義名分なんてそこら中に転んでやがるんだ。

感染者
感染者

外の音が聞こえたか?あいつらがとうとう追ってきやがったんだ、俺もロクな死に方はしねぇだろうな、俺ももう死ぬんだよッ!

チェン
チェン

――

チェン
チェン

死なないさ。私は君が殺人を犯してないことを知っている、もし君が不公平な裁判を受けようものなら、私が動こう、私が君を助けてやる。

感染者
感染者

綺麗ごとだッ!もうこんな事態だ、お前に何ができるってんだ?

感染者
感染者

俺の生きる道を今塞いでいるのはどこのどいつだよ?

チェン
チェン

必ず方法を見つけ出す。

チェン
チェン

私を信じてくれ。絶対に君を死にさせはしない。

チェン
チェン

不釣り合いな重さの罰を背負うべき人なんてこの世には一人たりともいない。それが当たり前だと思ってる人がいれば、間違っているのはその人のほうだ。

チェン
チェン

今ここから始めよう、私がその誤りを正してやる。

チェン
チェン

……今の私にできることはこれぐらいだけだ。

チェン
チェン

ずっと考えていた、どうやってこれと向き合おうかと。

チェン
チェン

最初は、ロドスの理念は幼稚で甘いと思っていた、それがダメだとは言っていない、ただ実現するにはあまりにも非現実的だと思っていた。

チェン
チェン

だが今振り返ってみると、私とお前たちは実際そんなに大差なかったんだな。

チェン
チェン

アーミヤ、君は私に道を示してくれる人なんていないって言っていたよな。君の言う通りかもしれない、私もとっくにわかっていたし、そのための準備もしていた。

チェン
チェン

だが……最初から最後まで、私が頼れるのが己の勢いと、情熱と、一本の剣だけだったとしたら、私が変えられるのは、剣の切っ先が触れられる範疇だけなのだろうか?

チェン
チェン

昔ウェイからこんな言葉を教わった、人生は棋の如し、待ったなしと。

チェン
チェン

たとえ中枢区画に行っても、龍門を離れたとしても……

チェン
チェン

私は後悔しなかった。

チェン
チェン

おそらくウェイが最高で最も理想的な道を私の代わりに敷いてくれたんだろう。だが私はその道を選ばなかった、その道を歩めなかった、私にとってあそこはただの苦痛でしかなかったからだ。

チェン
チェン

不安なんだ。

チェン
チェン

行動でそれを示す人はいるだろう、ある理想は、どうあがいても実現できないんだと。だが実現できないと知っていながらも、それでもその理想に向かっていくしかないんだ。

チェン
チェン

だから私も私のやるべきことをやる。言ったはずだ、これは私の理想などではない、私の職務なのだと。私の責務なのだと。

チェン
チェン

あの事件以降、常にどうするべきかを考えてきた。答えはまだないさ、今はやるべきことに集中せねばならないからな。だが……

チェン
チェン

私は幸せ者だと思っているよ。この道を歩めたことも、ロドスと共にいられたことも。

事務員
事務員

はい、問題はないですね。

事務員
事務員

いつも任務をささっと終わらせてますね……まだ一週間も経っていませんよ、もう全部終わらせたんですか?

チェン
チェン

契約に締め切り時間が設けられているんでな、速戦即決ってわけだ。

事務員
事務員

さすがです!

事務員
事務員

ではこちらみなさんの任務スケジュールになります、一人一つです、無くさないように気を付けてくださいね。

チェン
チェン

どうも。

チェン
チェン

……そうだ、私たちの小隊に新メンバーが入ったんだ、申請書はここに、すまんがそいつの分の証明書も発行してほしい。

事務員
事務員

え?新しく人が入ったんですか?

チェン
チェン

臨時だけどな、知らせならたぶん後で来るはずだ。申し訳ない、私の過失だ。

事務員
事務員

大丈夫ですよ、じゃあちょっと待っててくださいね。記入書類を持ってきますので。

事務員
事務員

そうだ、アーミヤさんにいいニュースがあるんですけど言伝してもらえませんか?

チェン
チェン

なんだ?

事務員
事務員

この前宣伝した予防薬の反響が結構よかったんですよ、もしこのまま低価格を継続できていれば、たぶん今拓いたばかり市場を安定させることができるかもしれません。

事務員
事務員

もしできたのなら、こっからさらにセールスを広げることができるかもしれません!

チェン
チェン

確かにいいニュースだな。アーミヤもきっと喜ぶだろう。

チェン
チェン

現時点のセールス量を今以上の増やすのであれば、直接ロドスが薬品を輸送する必要もでてくるな……

チェン
チェン

ふむ、なるべく迅速にアーミヤに伝えよう。

事務員
事務員

あはっ、それはよかったです、早くアーミヤちゃんに会いたいなぁ!

チェン
チェン

アーミヤとは……仲がいいのか?

事務員
事務員

そこそこいいですよ、私実は医学を勉強していまして、以前までは艦で実習していたんです、ただどうしても実家に戻りたくて、ケルシー先生と相談したあと、ここで事務をすることになったんです。

事務員
事務員

これでも結構頑張ってますよ。あともうちょっと貯金したら、仲間と一緒に診療所を開くつもりなんです。

チェン
チェン

上手くいくといいな。

事務員
事務員

ありがとうございます、もしみなさんが任務の最中に負傷してしまったら、私のところに来ても全然大丈夫ですから!

事務員
事務員

では用事がなければここらで失礼させて頂きますよ?

チェン
チェン

わかった。送ろう。

事務員
事務員

いやいいですいいです、大丈夫ですって、私なら平気ですから。チェンさんこそ、路上では絶対に気を付けてくださいね!

事務員
事務員

つい最近まで殺人事件があったんですからね、ホントおっかないですよね……でも聞いたことありますか?この事件には実は続きがあるんですよ。

チェン
チェン

ほう?

事務員
事務員

みんなそのことで話題が持ち切りなんですよ、なんでも収容治療区で犯人が捕まって、そしたら二日も経たずに真犯人が自分から自首してきたんです、そして捕まった人は釈放されたんですよ。

事務員
事務員

ただ、私は信じてませんよ。実は事件の真相はそれだけじゃなかったんです。

チェン
チェン

……つまり?

事務員
事務員

あ、チェンさんだから教えますけど、このことはくれぐれも内密にお願いしますね!

チェン
チェン

わかった、チャックをしておこう。

事務員
事務員

親戚に警察署で働いてる人がいるんです、だから私も内側の事情をちょっとだけ知ってるんです、親戚の話によるとあの殺人犯は本当は自首しに来たんじゃなく、謎の人によって証拠と一緒に縛りつけられて署の玄関に置き去りにされていたんですよ。

事務員
事務員

年初めなのにこんな事件が起こるんですよ、おかしいと思いませんか?

チェン
チェン

あはは、確かにおかしな話だな。

事務員
事務員

ですよね!各新聞でその謎の人にあだ名を付けようともしていましたよ!

事務員
事務員

正義と悪の達人とか!社会の外を彷徨う制裁者とか!勧善懲悪の英雄だとか!なんでもありですよ、聞いてるだけでカッコイイですよね。

チェン
チェン

……

チェン
チェン

カッコイイか?私はそうは思わないがな。

事務員
事務員

え?

チェン
チェン

もし現地の警察が犯人を間違わなければ、その人が出現する必要もなかっただろ。

チェン
チェン

むしろ、これからはその謎の人が出現しないようにと願うばかりさ。

事務員
事務員

言われてみれば確かに……

顔を隠したロドスオペレーター
顔を隠したロドスオペレーター

準備できました、行きましょう。

チェン
チェン

ああ。

チェン
チェン

本当に自分の物は取らなくていいのか?全部は持って行くことはできないだろうが、記念として持って行くのもアリだと思うぞ。

顔を隠したロドスオペレーター
顔を隠したロドスオペレーター

いいんですよ。

顔を隠したロドスオペレーター
顔を隠したロドスオペレーター

俺に必要なんてありませんよ、ここを記念にする物なんて。

顔を隠したロドスオペレーター
顔を隠したロドスオペレーター

なんなら最初からやり直せたほうがよっぽど……

チェン
チェン

……そうか。

チェン
チェン

じゃあ出発しよう。

チェン
チェン

アーミヤ、これから様々な挫折に遭うことは私でも理解している、これから色んなことにも失望することも。

チェン
チェン

だがもう一つ分かっていることもある、それは私は決して止まらない、これからも諦めずに進み続けるということだ。

タイトルとURLをコピーしました