アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】理想都市:常夏の狂宴祭 IC-7「生きる道」行動前 翻訳

エリジウム
エリジウム

そういえばさイェギーさん、スティッチの師匠ってどういう人だったの?

イェギー
イェギー

やはり何か意図があってワシについて来たおったのだな。

イェギー
イェギー

スティッチが気になるか?

エリジウム
エリジウム

あはは、分かる?

エリジウム
エリジウム

せっかく知り合ったんだ、みんなと仲良くなりたいし仲良くなってほしいからね。

イェギー
イェギー

ならあいつの師匠のこともきっと気に入るはずだぞ。

イェギー
イェギー

ヴィンチ・キャンパス、ここゼルエルツァで一番人気のある建築デザイナーだった。

イェギー
イェギー

彼の設計思想はドゥリンたちの流行りと比べてもいつも異質なものだったが、彼が説明すればみーんな彼のデザインに惚れこんでしまう。

イェギー
イェギー

彼の言葉を借りると……なんて言ったかな?あぁそうそう、「私たちの見境ない欲望に抗うためだ」だったな。

イェギー
イェギー

彼の理論は独特なものだったが、嫌いな人はいなかったよ。

エリジウム
エリジウム

じゃあどうしてそんな人がゼルエルツァを出て行ってしまったの?

イェギー
イェギー

さあな。

エリジウム
エリジウム

え?

イェギー
イェギー

忽然と姿を消したんだ、誰に伝えることもなく。

エリジウム
エリジウム

なんか……変な話だね。

イェギー
イェギー

一応誰しもがその才能を認めるような素晴らしい弟子を残していたんだが、まあ性格がな……お前も知っての通りだ。

エリジウム
エリジウム

あはは、ああなったのはきっと師匠が消えたからなんじゃないの?

イェギー
イェギー

その通りだよ。

(測定終了の報告音)

エリジウム
エリジウム

おっ、測定が終わったっぽいね?

イェギー
イェギー

ふむ、どれどれ……

イェギー
イェギー

これは……

エリジウム
エリジウム

どうだった?

イェギー
イェギー

はぁ、ワシの予測通りだ。

イェギー
イェギー

残された時間はやはり持って一か月といったところだな。

ガヴィル
ガヴィル

一か月?ならエレベーターを拡張するには十分だぜ。

イェギー
イェギー

おおガヴィル、来たのか。

(ガヴィルとトミミが近寄ってくる)

ガヴィル
ガヴィル

ああ、だがアタシに手伝ってもらう必要はもうなさそうだな。

イェギー
イェギー

ああ、ここまで測定すればもう十分だろう。

イェギー
イェギー

アヴドーチャを説得できたのか?

ガヴィル
ガヴィル

ああ、ゼルエルツァの市民を説得してくれるってよ。

イェギー
イェギー

そうか、なら後で市内全域に今の状況を伝えておくか。

イェギー
イェギー

地上へ上がるかどうかを決めることもさることながら、ドームの一件も片付けておかねば。

ガヴィル
ガヴィル

あ?ドーム?ドームと何の関係があるんだよ?

イェギー
イェギー

……すっかりドゥリンらしくなりおって。

イェギー
イェギー

ドゥリンの都市が災害に見舞われることはめったにない。だが一生に一度、我々ドゥリンはどうしてもこういった大災害と鉢遭うことになる。

イェギー
イェギー

故郷を切り捨てることになってもワシらはなんとも思わんさ。

イェギー
イェギー

だがな、切り捨てる前に、せめて自分らの都市を一番いい状態にしてから都市に滅びを迎えてほしいんだ。

ガヴィル
ガヴィル

そりゃいいね!なんだかロマンあるな!

イェギー
イェギー

そうか?ワシらにとっては至って普通のことだが。

イェギー
イェギー

ドームをほったらかしにしていたのにはそれなりの理由があったからなのだが、今となってはそうもいかん、なんとかせねばなるまい。

ガヴィル
ガヴィル

ドームで思い出したんだが、スティッチはどうしたんだ?

イェギー
イェギー

ヤツならお前たちと一緒にいるんじゃなかったのか?

ガヴィル
ガヴィル

え?お前んとこに行くって言ってたぞ。

トミミ
トミミ

スティッチさんですか?

ガヴィル
ガヴィル

ああ、どこに行ったか知らねえか?

トミミ
トミミ

私たちが洞窟に入る時にすれ違いました?ただ何も言わずに、そのまま洞窟の外に出て行っちゃいましたけど。

ガヴィル
ガヴィル

はぁ?

イナム
イナム

さっきは私たちに地図はあると自信たっぷり言ってきたくせに、今じゃその地図はこの本棚に収蔵されてる本のどれかに挟まれているですって?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

オホン、仕方がないじゃありませんか。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

地上に戻ることに一切関心のない人が、むかし先人が残してくれた路線地図の存在を憶えていたことだけでもありがたい話ですわよ。

ユーネクテス
ユーネクテス

時間はまだある、あの洞窟が本当にお前たちの言うように複雑に入れ乱れているのなら、ここで多少時間を費やしても構わないと思うぞ。

ユーネクテス
ユーネクテス

それで、その地図が挟まれてる本の題名は憶えているか?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

忘れましたわ。確か作者のドゥリンが地上で遭遇した遍歴を書き記した旅行記だったような……

イナム
イナム

聞いても無駄だと思うわよ、私たちはドゥリンの文字が分からないんだから。

ユーネクテス
ユーネクテス

確かに分からないが、そこは私たちの友人にお任せだな。

奇妙な機械0429
奇妙な機械0429

ズゥママ、手伝イガ必要デスカ?

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ、さっきアヴドーチャが言っていた地上の洞窟へ通じる路線地図が挟まれた旅行記の本を探したい。

奇妙な機械0429
奇妙な機械0429

図書館、書籍ノ整理メッタニサレナイ、探ス難易度、高イ。

ユーネクテス
ユーネクテス

もし見つけてくれたら、みんなを徹底的にメンテナンスしてやるぞ?

奇妙な機械0429
奇妙な機械0429

ズゥママ、友ダチ、ズゥママヲ手伝オウ!

奇妙な機械0429
奇妙な機械

ズゥママヲ手伝オウ!ズゥママヲ手伝オウ!

イナム
イナム

そう、なら頑張ってね。私は外で待っているから、何かあったら呼んでちょうだい。

(イナムが立ち去る)

ユーネクテス
ユーネクテス

ああ。

ユーネクテス
ユーネクテス

それと……大祭司!

大祭司
大祭司

ここにおるぞ。

ユーネクテス
ユーネクテス

手を貸してくれ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

なっ、なんなんですのこの生き物は……!?

ユーネクテス
ユーネクテス

私の友だちだ。

大祭司
大祭司

まずドゥリン語は分かるかとワシに聞いてみたらどうなんじゃ、ズゥママ?

ユーネクテス
ユーネクテス

分からないとでも言うのか?

大祭司
大祭司

ふむ、まだ根に持っておるのか?ワシが地下で何が起こってるのかを教えなかったことに。

大祭司
大祭司

ならワケを話そう、もしワシの知ってることを全部お前に教えることになったら、それこそお前が移動都市を作れてしまう日まで終わらなくなってしまう。

大祭司
大祭司

ワシ個人としては知識への理解とは重要なポイントを押さえてなければ話にならんと思うてる、まあ個“人”ではないがのう。

ユーネクテス
ユーネクテス

手伝うのか手伝わないのかどっちなんだ?

大祭司
大祭司

本を見つけた際にワシを許してくれるのなら手伝ってやるぞ?

ユーネクテス
ユーネクテス

いいだろう。

クロッチ
クロッチ

あれ、イナム、なんで図書館の出入り口にいるの?

イナム
イナム

待ちぼうけよ、そういうあなたは?

クロッチ
クロッチ

図書館の改装工事について話し合いたいってここの管理人に呼ばれたからだよ。

クロッチ
クロッチ

ずっとやりたいって言うんだけどいつも引き延ばしちゃう人でね、だから今日こそ決めてくれないかなと思って。

イナム
イナム

……前からずっと気になってたんだけれど。

イナム
イナム

さっきの市内放送を聞いても周りのドゥリンたちがバタバタしていないことは一先ず置いといて。

イナム
イナム

どうして今になってみんな改築なり改装なりをしようとしているのかしら?

クロッチ
クロッチ

えっ?あぁそっか、あなたは地上の人だもんね、理解できないのも当然か。

クロッチ
クロッチ

あなたたちって移動する都市を作って災害から逃れているんだよね?

イナム
イナム

ええ。

クロッチ
クロッチ

そっか。でも私たちは違うんだ、私たちの都市は移動できないからね。

イナム
イナム

地下に作られた都市だから、移動するにも一苦労なのは想像できるわ。

クロッチ
クロッチ

移動都市を作る計画なら私も聞いたことはあるよ。

クロッチ
クロッチ

ほら、ドームの上にドリルかなんか付けて、都市の下に車台かなんか付けたらさ、実現できそうじゃん?

イナム
イナム

えっと……その分野のことはあまり詳しくないのだけれど、聞く限りじゃ私たちの移動都市よりも全然クレイジーな感じね。

クロッチ
クロッチ

まあ実際それを本当に実現しようとした人は一度も見たこともないんだけどね。

クロッチ
クロッチ

ともかく、私たちの都市は移動ができないんだ。

クロッチ
クロッチ

でもね、どの都市にも源石鉱脈を検知したら警報を発する測定設備なら備えられているんだよ。

イナム
イナム

それで天災トランスポーターの仕事を代わってくれたらいいのに……

クロッチ
クロッチ

天災トランスポーターのことなら私も聞いたことあるけど、多分変わりにはできないと思うかな。だってアレ、所詮源石鉱脈の検知しかできないんだし。

イナム
イナム

それもそうね。今もまだ源石鉱脈が完全に活性化するまで時間はたっぷりとある、あなたたちが避難し終えるぐらいには。

イナム
イナム

でも天災ってのはね、少しでもその兆しを見せたらすぐに襲い掛かってくるものなのよ、だからゆっくり避難準備に割ける時間もない。

イナム
イナム

じゃあ何かしら、あなたたちってのはもう自分らの都市を放棄することに慣れてしまっているってことなの?

クロッチ
クロッチ

いいや、その真逆だよ。

クロッチ
クロッチ

私たちドゥリンは何よりもこの地にあるものを愛しているんだ。機械も建物も、私たちが作ってきたどの都市も。

クロッチ
クロッチ

災害が避けられないものであれば、私たちの都市もいつかは必ず滅びを迎える。

クロッチ
クロッチ

そういった現実がある以上、いつしか私たちはこういった考えを抱き始めたんだ。

クロッチ
クロッチ

災いが起こればその都市から人は消えていく。けどその災難がもし一時的なものだったら、将来はまたほかのドゥリンやその子孫たちがその都市にやってくるかもしれない。

クロッチ
クロッチ

そんな彼らはきっと都市の残骸を目にして嘆くだろうね。でもかつてその都市に住んでいた私たちは、そんなことを望んじゃいない。

クロッチ
クロッチ

逃れられぬ運命に対して、私たちは本当にただつき従うことしかできないのだろうか?

クロッチ
クロッチ

そんなの到底受け入れられないよ、だから私たちは――

クロッチ
クロッチ

災いがやってくる前に、自分らの都市をあるべき姿に建て直してから都市に滅びを迎えてもらうことにしたんだ。

クロッチ
クロッチ

後からやってきた者たちに私たちの技術の結晶を賛美させ、私たちが残したモノに驚き、私たちが成し遂げたことに祝杯を上げさせるためにね。

クロッチ
クロッチ

私たちだってそうするよ?人のいなくなって寂れてしまった都市を見たらね。

クロッチ
クロッチ

もちろん故郷を捨てることには悲しみを覚えるさ、でももう慣れちゃった。

クロッチ
クロッチ

ただそんなことよりも私たちは、今その故郷をあるべき姿にしてあげることに意味を見出しているんだ。

クロッチ
クロッチ

いわゆる、都市に施す死化粧ってとこかな。

イナム
イナム

……ロマン溢れる考え方ね。

クロッチ
クロッチ

そりゃそうさ。何より、一番肝心な工業設備を手元に残しておけば、いざ新しく都市を作ることになってもロボットたちの助力もあれば数か月で終えることができるからね。

クロッチ
クロッチ

じゃなきゃ、そもそもこんな考えなんか抱かないよ。

イナム
イナム

ふふ、それもそうね。

(スティッチが横切る)

イナム
イナム

ねえあれ……スティッチじゃない?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

これは……違う。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

これも違う。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

これは……あれ、どうしてこの本がこんなところに?あとで戻しておきましょう。

ユーネクテス
ユーネクテス

その本は、カジミエーシュの騎士ものだな……お前のか?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

あぁ、そういえば多少なりとも知っていたものね、あなた……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ええ、むかし上から持ってきた本ですわ。

ユーネクテス
ユーネクテス

そうか……

ユーネクテス
ユーネクテス

なあアヴドーチャ、どうしてウルサス人のお前が、ウルサスから逃れてこんなドゥリンの都市までやって来たんだ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾の家族は……無意味な貴族の争い事に巻き込まれて死んでしまいました、妾もやむを得ずそこから逃げてきましたの。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

追っ手に追われていた最中、ある洞窟に逃げ込みましたわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

その洞窟はあのエレベーターの上にある洞窟と同じぐらい複雑な造りをしていましたわ、そして偶然にもそこで地下へ向かうエレベーターを見つけましたの。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

そうこうしてるうちに、妾は運よく生き延びた。それだけですわ。

ユーネクテス
ユーネクテス

そうか、確かに運がよかったな。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……ほかに感想はないんですの?

ユーネクテス
ユーネクテス

ほかに何か感想を述べてほしかったのか?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……はぁ、あなたもあのガヴィルの友人なだけはありますわね。

ユーネクテス
ユーネクテス

私はロドスでもそれなりに似たような話をたくさん聞いてきた。

ユーネクテス
ユーネクテス

お前が生き残れたことは、まさに幸運そのものだよ。

ユーネクテス
ユーネクテス

降りた先がこんな素晴らしい都市なんだからな。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……そうですわね。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

本当なら、妾は自らの境遇に憤るものだと思っておりました。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾の一家がなんの罪を犯したというのか、善良なる市民だった両親がなぜ悪人どもに恨まれる必要があったのか、と。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

しかし、そんなことはありませんでしたわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾の父は、最期になっても彼の相手を呪うばかりだった……自分の家族を気に掛けることもなく。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾の母も、妾が勝手口から我が家を逃げ出した後……そのまま姿を晦ましてしまいました。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

そんな妾は、たかがウルサスに蔓延っていた数多くある陰謀に巻き込まれてしまった、哀れな犠牲者の一人に過ぎなかったのです。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

あなたの言う通り、妾は幸運ですわ。だから妾は、九死に一生を経て手に入れたこの幸福を大事にしたいんです。

ユーネクテス
ユーネクテス

そうだろうな。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……

ユーネクテス
ユーネクテス

なあアヴドーチャ、お前本当はガヴィルと一回派手に戦ってみたいんだろ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……なぜ今の話でそう思いつくんですの?

ユーネクテス
ユーネクテス

よくよく考えてみれば、お前はあの場で本心を言えずにあいつに説得されてしまったんだろう?

ユーネクテス
ユーネクテス

あいつにもう一度自分の考えを伝えようと思ったが、タイミングを失ってしまった。だから今こうして我慢している、違うか?

ユーネクテス
ユーネクテス

ガヴィルのあの性格にムカついた人たちならたくさん見てきたさ、私もたまにそうなる。お前もきっとムカついた側の人間だろう。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……バレてしまいましたか。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ええ、その通り。妾にとってガヴィルさんみたいな人は初めてですわ。ウルサス人としてもドゥリンとしても……ああいう人はどうしようもありません。

ユーネクテス
ユーネクテス

どうしても我慢ならないのなら私に言ってくれ。こっちを手伝ってくれたら、後でガヴィルにお前のことを伝えておいてやろう。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……結構ですわ、そこまで野蛮な人間に成り下がるつもりはないので。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

けど、一つ提案があります。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

避難はしますが、そのまま地上に残るつもりなど妾にはありませんわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

今回の危機が去った後、ドゥリンたちにも地下へ戻るように説得して参ります。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

無論せっかく築いたご縁ですから、このまま断ち切るわけにも、断ち切られるわけにもいかないでしょう。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

それにあなた方ティアカウは少なからず話が通じる相手、だと思います。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ですのでドゥリンたちが地下で都市を建て直した後、あなた方もこれを機に、あんな木々しか生えていないようなジャングルから地下へ引っ越して来ては如何でしょう?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

そうなればガヴィルさんみたいな人であってもきっと理解してくれるはずですわ、ドゥリンたちの生活がいかに素晴らしいのかを。

ユーネクテス
ユーネクテス

それは……遠慮しておこう。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

なぜですの?

ユーネクテス
ユーネクテス

とりあえず地図を探そう、話はそれからだ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました