アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】理想都市:常夏の狂宴祭 IC-8「金属の匂い」行動前 翻訳

イェギー
イェギー

オホン、ではゼルエルツァの諸君、これにて会議を開催する。進行はこの環境気候管理代表のイェギー・ホロウアースが勤めよう。

イェギー
イェギー

さて、みなをここに呼び集めたのはほかでもない、我らゼルエルツァの未来に関することだ。

イェギー
イェギー

ワシが出した測定結果に基づき、代表らがすでにいくつかの案に絞ってくれた。だから今日、ここでその案をみなで決めたいと思っている。

イェギー
イェギー

もちろん、この都市の景観についても議論しておきたい。

イェギー
イェギー

だがその前に一つ、アヴドーチャからみんなに伝えたいことがある。

クロッチ
クロッチ

アヴドーチャ、本当に大丈夫?

クロッチ
クロッチ

ずっとゼルエルツァに住んできたし、みんなもあなたのことは知ってるけどさ、こうしてみんなの前に立つのは初めてなんじゃない?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

そうですわね。

イェギー
イェギー

よしアヴドーチャ、出番だ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

イェギーさん、少々長くなってしまうかもしれませんが、それでもよろしいですか?

イェギー
イェギー

構わんさ、お前がワシの最長記録を超えられるとは思えん。なんせほぼ全員が居眠りをしてしまうぐらいの長話をしたことがあるからな。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

そんなことがあったんですの?

クロッチ
クロッチ

あっ、確か途中から地質学の話になった回だよね?

クロッチ
クロッチ

午後から夜までずーっとぶっ通し、マスターも限界になってやっと話が終わったんだっけ?

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ご心配なく、妾ならそんな長くはなりませんわよ。

イェギー
イェギー

さあ行ってくれ、アヴドーチャ。きっとこれは、地上人としてのお前がここに来てからのある種のケジメにもなるだろうよ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……ありがとうございます、では行ってきますわね。

(アヴドーチャが立ち去る)

???
遠くからの声

本当にアヴドーチャだ!

???
遠くからの声

アヴドーチャ!何を言おうが俺はお前を応援するぞ!

イェギー
イェギー

なぜワシの時はあんな感じに歓迎されなかったんだ?

デコルテ
デコルテ

だってあの最長記録を除いても、あなたが受け持った会議はどれも長ったらしいものばっかりだったでしょうよ。

イェギー
イェギー

小娘め、毎回会議で居眠りをしてるくせによく言うわい。

デコルテ
デコルテ

今日は寝ないわよ。だって今日のアヴドーチャ、なんかいつもと雰囲気が違うんだし……一体何を話すつもりなんでしょうね?

ベロベロのドゥリン
興奮するドゥリン

よかったぁイェギーのスピーチじゃなくて……じゃなきゃまた苦い思い出を増やすことになっていたわ。

酩酊したドゥリン
呑気なドゥリン

アヴドーチャさんは美人だし、何より声も美しい。彼女のスピーチを聞けるなら俺は何度だってここに足を運んでやるぜ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ゼルエルツァの皆さん、こんにちは。文学代表のアヴドーチャですわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

本日は妾がゼルエルツァのこの先に関する会議を受け持ちますわね。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ただし具体的な案を決める前に、まずは皆さんに一つ知って頂きたいことがあります。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾の過去についてですわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

今ここにいるアヴドーチャ・ライティングではなく、アヴドーチャ・ニコラエヴナ・イワノヴァの過去についてです。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

ここへやってきてから、妾はたくさんの物語を作り、たくさんの人たちに妾のことを知って頂きました。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

しかし一つだけ、まだ皆さんと共有していないことがあります。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

今日はぜひ、それを皆さんにも知ってもらいたいと思っておりますわ。

アヴドーチャ
アヴドーチャ

……

アヴドーチャ
アヴドーチャ

妾はウルサスの貴族家庭の生まれでした……

自分は一体何を話せばいいのかと、最初アヴドーチャは困惑した。
しかし口を開ければ、一瞬にして記憶が湧き出る泉のように蘇っていく。
何を話せばいいのかが分からなかったのではなく、あまりにも話したいことが多すぎたがために、どこから話していけばいいのかが分からなかったのである。
これが彼女にとって何を意味しているのかなどドゥリンたちには知る由もなかったが、彼女自身ははっきりと分かっていた。
これは彼女がドゥリンの都市へやってきてから、初めて自らの過去を顧みることであったのだ。
時間が過去を濯いでいき、自分がウルサスの一部であったことを忘れ去って生きていきたいと何度強く願ったことか。
しかし、彼女は今この時に知ったのである。自身の生まれを忘れることも、自らの過去から逃れることなど永遠に叶わないのだと。
だがガヴィルとその傍にいる人たちを見て、彼女は気付きを得たのであった――
それも悪くはないのだと。
話していくうちに、過去はまるで湯水のように、少しずつ彼女を浸していく。ドゥリンもまた彼女の過去話へと引き込まれていく。
もはやアヴドーチャが過去から苦痛を感じることはなくなっていた。ドゥリンたちもまた彼女の苦しみを分かち合ってくれていたのだ。

自分の部屋に座り込んでいたスティッチは、何も考えたくはなかった。
だがそんなことできるはずもないと、彼は気付いていた。
これが自分にとっての最後のチャンスなのだと、どうしても気付かされてしまう。
もしこのチャンスを逃せば、自分は永遠に師匠を超えることはできない。
ましてや今度こそ超えなければ、自分でも言葉では言い表せられないナニかに挫けてしまう予感がしていたのだ。
それをスティッチはよく分かっていた。
だがそれでも、彼にはできない。
ゆっくりと頭を抱え込むスティッチであった。。
そこへ“コンコンコン――”と。
ノックの音が聞こえてきた。

ガヴィル
ガヴィル

おーいスティッチ、中にいるんだろ?

スティッチ
スティッチ

……

ガヴィル
ガヴィル

おーい、中にいるのは知ってるんだぞ?

スティッチ
スティッチ

オレに構うな!

ガヴィル
ガヴィル

それは無理だ、お前に用があるんだ。

スティッチ
スティッチ

もしドームのことならカチに頼め、オレはやんないぞ。

ガヴィル
ガヴィル

それも無理な話だな。

スティッチ
スティッチ

どうしてだよ?

ガヴィル
ガヴィル

だってお前がやんなきゃならないことだからだよ。

ガヴィル
ガヴィル

いいからとりあえずドアを開けてくれ、話をしよう。

スティッチ
スティッチ

いやだ!絶対に開けるもんか!

ガヴィル
ガヴィル

だったら仕方がねえな。

“ドカン”と大きな音が鳴り、ドアが丸ごと壁と一緒に崩れては大穴を開けた。そこへガヴィルがずかずかと大斧を携えながら入ってくる。
部屋の奥にいたスティッチは頭を抱えながら机に座り込んでいる。だが彼女からスティッチの表情はよく見えない。
そんな沈み込んだ彼の傍には、空白の用紙が置かれていた。
足元にもほんの少ししか手が加えられていない用紙が破り捨てられたわけでもなく、くしゃくしゃと丸められて乱雑に地面いっぱいに捨てられていた。

ガヴィル
ガヴィル

これは……ドームの設計図か?

ガヴィル
ガヴィル

なんだよ、本当はやるつもりあったんじゃねえか。

スティッチ
スティッチ

もうオレを追い込まないでくれよ……!

ガヴィル
ガヴィル

追い込まないでくれって、お前なぁ――

ガヴィル
ガヴィル

こんな狭い部屋に引き籠もって、誰にも相談しないで一人で用紙と睨めっこなんかして……

ガヴィル
ガヴィル

追い込んでるのは自分のほうじゃねえかよ、スティッチ。

スティッチ
スティッチ

何も分からないくせに……!

ガヴィル
ガヴィル

ああそうさ、だから無理してお前をここから引っ張り出すつもりはない。

ガヴィル
ガヴィル

でもよ、分からないのなら、分かればいいのさ。

スティッチ
スティッチ

だったらそもそも部屋のドアを壊すこともないだろ!

ガヴィル
ガヴィル

壊さなきゃお前全然話も聞いてくれねえだろうがよ。

スティッチ
スティッチ

こんなの……もう単なる脅しじゃないか……

ガヴィル
ガヴィル

脅しじゃねえさ、ちゃんと道理は弁えているぜ?なんならアタシを説得したら力になってやらんでもないぞ?

スティッチ
スティッチ

……

ガヴィル
ガヴィル

ここに来る途中にな、アタシピンと来たんだよ。

ガヴィル
ガヴィル

お前、最初からずっとドームの改修を嫌がってたようだな?

スティッチ
スティッチ

……

クロッチ
クロッチ

地上の暮らしってのはホント多彩だよね、アヴドーチャのあの話なんか初めて聞いたよ……ね、マスター・イェギー?

イェギー
イェギー

ん?ああ、そうだな。

クロッチ
クロッチ

心ここにあらずといった感じだけど、どうしたの?

イェギー
イェギー

いや、スティッチのことを考えててな。

クロッチ
クロッチ

スティッチのことならガヴィルとカチが探しに行ったから、大丈夫だよ。

イェギー
イェギー

大丈夫だいじょばないの話ではない、ただ……

イェギー
イェギー

あいつの今日の様子を見て、ワシも少し反省しなければならないところがあった。もかしたら、知らぬ間にあいつを追い込んでしまっていたんじゃないかって。

クロッチ
クロッチ

ドームのことで?

イェギー
イェギー

うむ。

イェギー
イェギー

あいつがドームを弄りたくないと言うのであれば、ワシも無理はせん。

イェギー
イェギー

だがな、検知装置が壊れてしまった以上はどうしてもワシとしては焦ってしまう。

イェギー
イェギー

スティッチのことなら、あいつの師匠が消えてからの様子はお前だって知ってるだろ。

イェギー
イェギー

何度ドームの改修案を提出しても全部跳ね除けられて、いつしか設計部にも顔出さなくなったと思ったら自分の部屋に引き籠もることになってしまった。

イェギー
イェギー

だからワシは、成り行きでまた昔のように設計案を書いてくれるんじゃないかと思って……少し無理をさせてしまった。

イェギー
イェギー

そうすればワシも少しは力になれるかもしれんしな。

クロッチ
クロッチ

でもその結果、地上から知らない人たちを連れて来て鉄道を修理するハメになっちゃったね。

イェギー
イェギー

そうだな、まさかあそこまでドームを嫌がっていたとは思いもしなかったわい。

イェギー
イェギー

だからドームのことは一旦置いといて、ワシは源石鉱脈の測定に重きを置いた。

イェギー
イェギー

あんなにドームを嫌がっているのならひとまず放っておけばよい、後からだってチャンスはやってくるのだからな。

イェギー
イェギー

そう思っていたんだが、今じゃそんなチャンスすらなくなってしまったな。

クロッチ
クロッチ

あなたは何も悪くはないよ。それを言うんだったらずっといじけてきたスティッチのほうが悪いよ。

イェギー
イェギー

しかしな、あいつにとってあのドームがそれほど大事なものなのなら――

イェギー
イェギー

今ここでこの最後の機会を掴んでやらんと、必ず一生後悔することになるぞ。

ガヴィル
ガヴィル

それで、なんでお前はそんなにドームのことを避けているんだよ?

スティッチ
スティッチ

師匠がオレに残した課題だからだ。

ガヴィル
ガヴィル

カチから聞いたんだが、お前の師匠は急に失踪したらしいじゃねえか。

スティッチ
スティッチ

……急に失踪したわけじゃない。

スティッチ
スティッチ

消える前に師匠は、オレに一つだけ課題を残していったんだ。ほかの誰に教えることもなく。

スティッチ
スティッチ

オレの設計でここにいる全員を黙らせて、ドームをオレのものにするって課題だ。

スティッチ
スティッチ

それを成し遂げれば、師匠はまたオレのところに帰ってきてくれる。

スティッチ
スティッチ

逆を言えば、そうしなければ師匠が永遠に戻ってくることはない。

ガヴィル
ガヴィル

確かお前も苗字はキャンパスだったよな?その師匠とは親族なのか?

スティッチ
スティッチ

いいや、オレのこの苗字は後付けだ。

スティッチ
スティッチ

八年前、オレは運よく活性した源石鉱脈の爆発事故から生き残った。その際行く宛てのないオレを拾ってくれたのが師匠だった。

ガヴィル
ガヴィル

だから鉱石病を患っちまってるのか……

スティッチ
スティッチ

ああ。

スティッチ
スティッチ

地上の連中は鉱石病に罹った人たちを感染者と呼んで排斥しているって聞いたぞ?

スティッチ
スティッチ

ドゥリンはそんなことはしないさ。でも……だからってオレたちも治せる術は持っていない、せいぜい薬を使って進行を遅らせてやるだけだ。

ガヴィル
ガヴィル

そこは地上と同じなんだな。

スティッチ
スティッチ

だからあれから……オレは師匠と建築を学びたいと思い、師匠と同じ苗字に変えたんだ。

ガヴィル
ガヴィル

聞いた話によると、すげー師匠らしいな?

スティッチ
スティッチ

フッ、当たり前だ!オレの師匠ヴィンチ・キャンパスはこのゼルエルツァの設計代表の前任者だったんだからな。

スティッチ
スティッチ

オレたちの流派は、アンタら地上人が俗に言う“ミニマリズム”ってやつだ。

スティッチ
スティッチ

装飾的な趣向を否定する流派さ。装飾ってのは、自堕落な暮らしが生み出した無駄な欲求の延長線だとオレたちは考えているからな。

スティッチ
スティッチ

そうやって堕落し続けていたら、オレたちはいずれ必ず自分らの欲求に呑み込まれてしまう。

スティッチ
スティッチ

そこでオレたちは、唯物的な暮らしを主義として掲げ出したんだ。

ガヴィル
ガヴィル

ユイブツテキってなんだ?

スティッチ
スティッチ

唯物的というのはつまり……不必要な機能などを一切否定し、その物質のあるべき姿と意味を重視するということだ。

スティッチ
スティッチ

まあ、いわば欲にまみれた暮らしのアンチテーゼみたいなもんだな。

ガヴィル
ガヴィル

あー……うん、つまり外にあるような派手なモノじゃなく、お前の家みたいなシンプルなモノを作る集団だってことか?

スティッチ
スティッチ

……

スティッチ
スティッチ

そういうことにしといてやる……だがオレのやり方は、師匠のとはまた違うんだ。

スティッチ
スティッチ

オレのスタイルは師匠から派生したものなんだが、その発生元である師匠のスタイルとは相反するものとなってしまっている。

スティッチ
スティッチ

都市に一番いい姿のまま最期を迎えさせる……あんなの、生産性の向上で生み出された余りあまるモノと欲による無駄で浪費的な装飾そのものだよ。

スティッチ
スティッチ

命にはなんだって限りがある、オレなら尚更のことだがな!

スティッチ
スティッチ

なあガヴィル、アンタだって感染者なんだろ、分からないのか?

スティッチ
スティッチ

アンタの命だって限りがある、だからアンタも限りある時間をもっと有意義なことに使おうとしてるんだろ?

ガヴィル
ガヴィル

そりゃそうさ。アタシはアタシを、アタシみたいな人たちを助けてやりたいと思って医学の道を進んだんだからな。

ガヴィル
ガヴィル

でもよ、そう考えているのならなんで最後のチャンスを掴もうとしないんだ?

スティッチ
スティッチ

……ハッ、したくないとでも?

スティッチ
スティッチ

ここにある設計図を見てみろ!

スティッチ
スティッチ

オレがずっと失敗してきた証そのものだ!

スティッチ
スティッチ

次から次へと新しい案を提出してやっても、全部否定された!必要とされなかった!

スティッチ
スティッチ

それからとうとう自分ですら納得いく設計図を描き出せなくなってしまったさ……

スティッチ
スティッチ

一体ここにいる連中がおかしいのか、それともオレがおかしいのか……

スティッチ
スティッチ

どっちの頭がおかしくなったのかはこの際どうだっていい、だが少なくとも今あのドームを見上げただけでオレは怖いんだよ!

スティッチ
スティッチ

今じゃあのドームは師匠がオレに残した檻籠だ、オレは一生あのしがらみに苦しむことになっているんだよ!

スティッチ
スティッチ

最後のチャンスだって?知ったことか!

スティッチ
スティッチ

もうオレには線を引くことすらできなくなっているんだよ!

スティッチ
スティッチ

どうせ今ここで新しい案を出しても、また跳ね除けられておしまいだ!

スティッチ
スティッチ

そもそも、こんな限られた時間の中で新しい案を描けってこと自体無理な話だよ!オレにどうしろって言うんだ!?

ガヴィル
ガヴィル

……

スティッチ
スティッチ

だからガヴィル、アンタについて行くつもりはない。

スティッチ
スティッチ

オレはもう……ただの能無しだからな。

スティッチ
スティッチ

帰ってイェギーに伝えてくれ……ドームの改修ならカチに頼め。

スティッチ
スティッチ

カチならきっとオレよりも上手くやってくれるさ。

ガヴィル
ガヴィル

お前の気持ちは大体理解したぜ。

ガヴィル
ガヴィル

だからなおさらここからお前を引っ張り出してやる。

スティッチ
スティッチ

話を聞いてなかったのかアンタは!?

ガヴィル
ガヴィル

聞いていたさ。

ガヴィル
ガヴィル

お前の気持ちは聞き届けてやった、だから今度はほかの連中にもソレをぶつけてやれ。

スティッチ
スティッチ

チッ、この分からず屋が……

(奇妙な機械が近付いてくる)

奇妙な機械0429
奇妙な機械A

スティッチガ危ナイ、スティッチガ危ナイ。

奇妙な機械0429
奇妙な機械B

スティッチヲ守レ、スティッチヲ守レ。

ガヴィル
ガヴィル

あ?なんだこついら?いつの間に現れて――

スティッチ
スティッチ

――!

(スティッチが走り去る)

ガヴィル
ガヴィル

おい!逃げんな!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました