アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-9「命のやり取り」行動後 翻訳

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

ジョージ、志願者なら全員揃ったぞ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

トムはどうした?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

トムならどっか行っちまった。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

まあいいさ、志願だしな。

フェイスト
フェイスト

ジョージさん。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

おぉフェイスト、どうやらキャサリンがお前に残してくれたものを見つけたみたいだな、それが欲しかったのか?

フェイスト
フェイスト

ああ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

ならいいんだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

んじゃさっさとここから出ていったほうがいい。じゃないとお前まで巻き込まれちまう。

フェイスト
フェイスト

待ってくれ、なんかあったのか?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あのサルカズたちがキャサリンを連れ出したんだ、その意味が分かるか?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

頭(かしら)は色々と知り過ぎたんだ、だから連中は頭みたいな作業員を片っ端から秘密裏に処分しようとしてんだよ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

さっきから妙に違和感を覚えていたもんだから、ダンに工場の上へ登ってもらって確認させたんだ。

フェイスト
フェイスト

なん……だって?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリンは俺たちに隠してるつもりでいるらしいが、バレバレだよ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

まっ、俺たちもバカじゃねえからな。多少なりとも察していたさ。

フェイスト
フェイスト

……そんじゃああんたらはどうするつもりなんだ?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

大したことはしねえよ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

……俺たちはさ、ずっとサルカズどもに我慢してきただろ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

んでみんな慣れちまったのさ、このぬるま湯に浸かってるような状態を。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

もうちょい我慢すれば、サルカズどもが自分らを見逃してくれるって考える人も出てくるぐらいだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

それが今じゃ、あいつらはキャサリンを殺そうときた。

フェイスト
フェイスト

みんな死んじまうぞ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリンが殺されるところをただ見てるだけよりかはマシだろ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

ここに集まってるのはそういう連中だ、みーんな後顧の憂いってもんを持ち合わせちゃいねえ。

フェイスト
フェイスト

オレは……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

待った。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

フェイスト、お前はもう自救軍の者だろ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

お前らがやってきたことなら俺たちの耳にも届いてる。それに喜んでるヤツらも、実は少なくないんだぜ?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

お前にはもっと重要な役割があるはずだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリンの犠牲も無駄にするなよ。

フェイスト
フェイスト

……違う。

フェイスト
フェイスト

なあドクター、オレたちは婆ちゃんから情報を手に入れたけどさ。

フェイスト
フェイスト

この軍需工場の責任者として、婆ちゃんはサルカズの生産ラインを一番理解してる人だろ。

フェイスト
フェイスト

だったら戦略上においても重要な人物のはずだ、違うか?

ドクター
ドクター

・間違いない。
・否定はしない。

フェイスト
フェイスト

……なら、ここでロドスに救援を要請したい。

ドクター
ドクター

・アスカロン、いるか?
・確か私の監視……じゃなくて、付き添ってくれてるはずだ。

アスカロン
アスカロン

ここにいる。

ドクター
ドクター

・この区域にいる敵軍の配置なら把握してるはずだろ。
・この区域にいる敵軍の位置を教えてくれ。

アスカロン
アスカロン

奴らは防御を固めているが、外周は色々と隙だらけではある。

アスカロン
アスカロン

いま外周を守っているのは、ほとんどが統制の取れていない傭兵のゴロツキだけだ。

ドクター
ドクター

・少し時間が必要だ。
・傭兵の注意を逸らし、斥候を排除してほしい。

アスカロン
アスカロン

……

アスカロン
アスカロン

問題ない。

フェイスト
フェイスト

感謝するぜ、ドクター、それにアスカロンさんも。

フェイストは深く一息ついた。

彼は自分の作業員証を胸元につけ、作業員たちの中へと混ざり込む。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

バカな真似はよせ、フェイスト。

フェイスト
フェイスト

今のオレは自救軍の者としてここにいるわけじゃないぜ、みんな。

フェイスト
フェイスト

この工場で育ち、ここの責任者であるキャサリンの孫としてここにいるんだ。

フェイスト
フェイスト

オレも、ここの一員だぜ。

フェイスト
フェイスト

オレもあんたらと同じように、婆ちゃんを死なせたくはねえ。

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんを死なせたりはしねえよ、無論あんたらもな。

フェイスト
フェイスト

サルカズに情報が行き届く心配なら必要ない、こちらにいるドクターの部下が妨害してくれる。

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんやほかの工場責任者を救出してやれば、オレたちもハイバリー区から脱出するだけの時間は十分に確保できるはずだ。

フェイスト
フェイスト

その際は自救軍のところに連れてってやるよ。

フェイスト
フェイスト

心配するな、全員助かるさ。

フェイスト
フェイスト

……助けられて当然だ。

作業員たちは困惑しながらも互いに顔を見合わせている。
だが彼らはそんな互いの目に、メラメラとゆっくり燃え上がってくる希望の火を見つけ出した。
そして自発的に歩み出し、フェイストの後ろへついた。
彼らはフェイストを信じようとしたのだ。

(ロンディニウムの労働者が駆け寄ってくる)

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

お、俺も連れてってくれ、フェイスト!

フェイスト
フェイスト

トム……あんたも来てくれたのか。

フェイスト
フェイスト

だがやめておけ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

なんでだよ?

フェイスト
フェイスト

あんたの親父、身体の容態が悪いんだろ?だから迷ってたんだ、違うか?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

でも――

フェイスト
フェイスト

それに、あんたには一つ頼みたいことがあるんだ。

フェイスト
フェイスト

何が起きようが30分後に、こういうことをしでかしたのはオレたち作業員の勝手だって、サルカズたちに報告してやれ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

でもそんなことしたら……

フェイスト
フェイスト

これも大事なことだ、ここに残った人たちまで巻き込むわけにはいかねえ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

……分かった。

フェイスト
フェイスト

そんじゃみんな、出発するぞ。

フェイスト
フェイスト

オレたちの頭を救い出そうぜ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

おおおおおう!

キャサリンは静かにタバコを吹いていた。
今はただ、サルカズたちが見知った顔を一人ずつ一時的に建てられた処刑台に引きずっていくところを見てやるだけ。
その面には怒りや諦め、あるいは憎悪といった感情が見て取れる。
だがそれも最後に、すべて静まりへと化していった。
もうすぐ自分の番だ、キャサリンはそれを分かっていた。
それにしては、とても落ち着きを取れている。
フェイストの言っていたことは正しかったのだ。
妥協や従属しても何も解決はできない。
だからこそ、彼女は己が打ち出した選択のツケを払わなければならないのだ。
だがその前に、彼女は少なくとも孫と再会でき、彼のためにモノを残してやれた。
それだけでもう十分だ。

(サルカズ傭兵の隊長がキャサリンに近寄ってくる)

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

次はお前だ、ババア。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

連れて行け。

キャサリン
キャサリン

自分で歩けるよ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

おい、パプリカ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

まだグリムんとこで人を殺してもらっていなかったはずだな。

パプリカ
パプリカ

……そうだけど。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

ならこりゃいい機会だ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

お前もそろそろ人の殺し方ってのを教わるべきだぜ。

パプリカ
パプリカ

……

キャサリン
キャサリン

サルカズってのはいつもそうやって子供を扱っているのかい?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

お前らの会話は聞いたぜ。お前の言う通り、こいつはまだ戦争がなんなのかを分かっちゃいねえ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

できることならそんなもの、俺だって知りたくなかったさ。どのサルカズもな。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

だがお前らは俺たちにそんな選択を与えてはくれなかった、お前ら全員がだ。だから今、そのツケとしてこいつにも知ってもらわなきゃならねえんだよ。

キャサリン
キャサリン

……

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

いいねその目つき、気に入ったぜ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

毎回死んでも死にきれねえ戦友を見た時も、みんなそういう目つきをしていたもんだよ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

俺ァ今までたくさんの人を殺してきた。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

でもよ、こんな抗う力もない連中を一人一人処刑していく感じは、なんだか変に思えちまうぜ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……やりたくなきゃ来た場所に戻りゃいい。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

こいつらはな、過去にお前の同胞をぶっ殺した武器を作ってきたことがあるかもしれねえんだぞ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

俺たちはいま戦争の真っ最中だ、んな道徳心は平和のために取っておきな。俺たちにそんなものを真っ当に話し合える機会なんざねえんだよ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前に言われるまでもねえ、でも俺はただ……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ん、なんだ?ドローンが飛んでるぞ?

(ドローンがサルカズの戦士達を攻撃する)

フェイスト
フェイスト

今だ!

(労働者達がサルカズの戦士達を殴り飛ばす)

フェイスト
フェイスト

すでにドローンで外周は偵察済みだ、ここで間違いない!

フェイスト
フェイスト

突入するぞ!

パプリカ
パプリカ

なあ……本当にほかの人に任せちゃダメなんすか?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

ダメだ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

グリムから教わってるはずだと思うが、隊長命令は傭兵らにとって絶対だ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

ここでこのババアを殺すか、それとも武器を下ろすかのどっちかを選べ。だがその際は俺がお前にケジメをつけさせてやる。

パプリカ
パプリカ

ウチは……

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

やれ。

キャサリン
キャサリン

……

パプリカ
パプリカ

でも……

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

やれつってんだッ!

パプリカ
パプリカ

ウチ……ウチにはできねえよ!

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

……やはりグリムはお前を甘やかし過ぎたな。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

俺たちはな、ヴィクトリア人どもに俺たちの故郷を返すように説得しに来たわけじゃねえんだ。ここでこいつを殺らなきゃな、今後痛い目に――

(ドローンがサルカズ傭兵の隊長を攻撃する)

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

なっ――ドローン?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

隊長、大勢の作業員がこっちに突っ込んできてるぞ!

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

なにぃ?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

フェイスト、こっちにはドクターの指揮がある、俺たちがほかの傭兵を抑え付けとくから、お前はキャサリンのとこに行け!

フェイスト
フェイスト

分かった!

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

……テメェら、イカレてやがんのか!

(フェイストサルカズ傭兵の隊長が戦闘を始める)

フェイスト
フェイスト

イカレてなんかいねえさ。

フェイスト
フェイスト

ここにいたベテランたちの経験がどれだけ貴重なものだったのか、あんたらは分からねえのか?

フェイスト
フェイスト

とてつもねえ価値があったんだぞ。

キャサリン
キャサリン

フェイスト!それにあんたらまで――

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

フンッ……

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

せめて何も知らねえフリさえしとけば、テメェらも少しは長生きできただろうに。

フェイスト
フェイスト

生憎小さい頃から、オレは黙る時に黙れないタチだって婆ちゃんから叱られてきたもんなんでな。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

そんなんで俺に勝てるとでも?

フェイスト
フェイスト

オレには無理だな、でも婆ちゃんだったらいけるさ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

なッ――

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

ぐはッ……!

(キャサリンがサルカズ傭兵の隊長を殴り、サルカズ傭兵の隊長が倒れる)

キャサリン
キャサリン

……チッ、なんて野郎だ、とんでもなく頑丈だね……

キャサリン
キャサリン

助かったよ、ジョージ。少なくともこれで清々した。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

礼ならフェイストに言ってやんな。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

んで……そっちのサルカズたちはやってこねえのか?

パプリカ
パプリカ

……

キャサリン
キャサリン

……お嬢ちゃん。

キャサリン
キャサリン

あんたらの隊長の言ってることは間違っちゃいないよ。こんな時に善悪なんざ語れないし、語るべきでもない。

キャサリン
キャサリン

だが今も自分がなんのために戦ってるのか分かっていないのなら……

パプリカ
パプリカ

……ないっす。

パプリカ
パプリカ

い、行かせないっす……

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

……

フェイスト
フェイスト

しゃあねえな。

フェイスト
フェイスト

いくぞ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

どういうことだ、ほかの連中はどこにいったんだ……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

これ以上連絡を寄越してこなかったら、こっちから上に報告するしか――

(サルカズの戦士が斬られる)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

がはッ……

(サルカズの戦士が倒れる)

突如、そのサルカズの戦士は自分の身体が軽くなるのを感じた。
制御が効かぬまま身体が前へと倒れ込む際、彼はおぼろげになりながらも視界に黒い人影を捉えた。
それは一人のサルカズであった。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

な……ぜ……サルカズが……

アスカロン
アスカロン

これで最後だな。

独り言ではあったものの、アスカロンは確信を得たように武器を収めた。
彼女のいる位置からは、怒る作業員たちがサルカズたちを追い払ってる場面をはっきりと目で捉えることができる。
積年の恨みを前に、暴力とて無勢であれば、枯れ木のようにいとも容易く打ち砕かれていく。
力の関係が挿げ替えられる中、彼女はふととある往事を思い出した。
そこでさっと視線をとある方向へ向ける。
その方向にはロンディニウムのセントラルが位置していた。

フェイスト
フェイスト

……全員縛り上げろ。

フェイスト
フェイスト

こっちの負傷者の状況は?

キャサリン
キャサリン

……そう多くない。この子についてる傭兵たちも咄嗟に手が出せなくて、みんなまごついていたさ。

キャサリン
キャサリン

こいつらは戦うことすら決心できていなかったんだよ。

パプリカ
パプリカ

ウチらは――!

パプリカ
パプリカ

ウチらは……ウチらはただ……

キャサリン
キャサリン

……少なくともあんたらは抵抗を試みたが、小賢しいロンディニウム人の奇襲に遭って身動きが取れなかったんだろうね。

ドクター
ドクター

・アスカロンが外周の面倒を片付けてくれたおかげだな。
・だが時間はそう多く残されていない。

キャサリン
キャサリン

……本当なら、あたしらみたいなジジババ連中が死ぬだけで済んだはずなのに。

キャサリン
キャサリン

それが今じゃどうだい、みんなサルカズに追われる身だよ。

キャサリン
キャサリン

これはあんたのアイデアなのかい、賢ぶってるフェイスト?長年ずっと耐え忍んできたっていうのに、よくもそれを全部台無しにしてくれたね?

フェイスト
フェイスト

それは違うぜ。

フェイスト
フェイスト

もし今日、婆ちゃんたちが犠牲になるっていうのに目を瞑っていたら、明日にはまた別の犠牲者を生み出すことになる。

フェイスト
フェイスト

……みんな仲間の生死なんざどうでもよくなるまで、ずっとだ。

キャサリン
キャサリン

……

フェイスト
フェイスト

それに……婆ちゃん一人で、ずっと全員の決断を決めつけるわけにもいかねえだろ。

キャサリン
キャサリン

そうだね、でもそれはあんただって同じだよ、フェイスト。

フェイスト
フェイスト

いいや、今回はみんな婆ちゃんを救いたい一心で集まってくれたんだ。

フェイスト
フェイスト

サルカズがこの都市を奪って何年にもなるし……オレたちも苦しい生活を強いられてきたが、譲れねえところだってある。もし今日オレたちがここに現れなかったら、オレたちは――

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

みーんなサルカズにぶっ殺されちまってただろうよ。

キャサリン
キャサリン

ジョージ……あんたまでこいつのおふざけに付き合うつもりかい。

キャサリン
キャサリン

……いや、全員がここにいるわけじゃなさそうだね。賢い選択だ、全員が全員あたしが生きて帰ってくる事を望んでるわけじゃないってことだ。

フェイスト
フェイスト

……

キャサリン
キャサリン

……現実の残酷さはあんたの想像を遥かに超えているんだよ、フェイスト。そう簡単に他人の道徳観を決めつけるんじゃないよ。

キャサリン
キャサリン

だが、事が起こってしまったからには仕方がないね……はぁ。

キャサリンはしばらく沈黙し、そしてパプリカのほうへ向き直った。
だが結局、彼女は何も言えずにいた。

キャサリン
キャサリン

行こう。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました