Loading...

ギミック&敵紹介

アークナイツ

【明日方舟】サイドストーリー「緑野の幻夢」で登場する敵やギミック

ライン生命本部、そこは科学技術を育む温床であり、多くの研究員が夢見る場所。 ビルの灯り夜更けになっても消える事は無く、実験とデータの流れが止まる事は無い。研究員は夢を抱いて自身の理想を実現する事を望む者もいれば――新たな技術によって、新たな...
アークナイツ

【明日方舟】「塵影の余音 lingering Echoes」で登場する新たなギミックや敵の紹介

アベンドート区、移動都市ヴィシェハイムの感染者居住区、オペレーターのハイビスカスは任務の目的地の調査を行った。 とある音楽家との告別コンサートが開幕し、貴族と流浪者がここに出会った。 人々は巷に漂う音楽を楽しんでいたが、危機の接近には気づか...
アークナイツ

【明日方舟】「阿呆船 Stultifera Navis」で登場する新たなギミックや敵ユニットの紹介

グランファロ、かつてイベリアの「復興」の重責を任された町。今は砂浜に座礁した船のように、役割を忘れ去られていた。アビサルハンターは陸地を捜索、ケルシーは歴史の中で算段し、イベリアは大いなる静謐で傷を負い、長い時間が経った。 しかし、彼らは決...
スポンサーリンク
アークナイツ

【明日方舟】メインストーリー10章で登場する敵や新たなギミック

ロンディニウムにそびえ立つ高い壁は、この都市が永遠に陥落しないという神話を物語っている。 都市外の各公爵の軍隊は沈黙し、王冠に最初に手を伸ばす軽率な者を待つ。都市内の市民たちは俯き、頭上にある翳りを見て見ぬふりをしていた。 潜入の準備が完了...
アークナイツ

【明日方舟】サイドストーリー「Guiding Ahead ~己が導きへ」で登場する敵やギミック

ラテラーノ、ここは楽園であり、ここは奇跡でもある。無数の都市と王国は戦火に囚われ、瞬く間に消え去ったがラテラーノだけは永遠に残ってきた。教皇は前代未聞の会議を開催しようと画策、各国の代表が次々に足を踏み入れ、各国に分散していたトランスポータ...
アークナイツ

【明日方舟】サイドストーリー「将進酒」で登場する新たな敵の紹介

蜀の道は険しく、山あり谷あり、容易く手が届くものではない。 春寒厳しく、尚蜀に次々と訪れる客人達は「三山十七峰」のために訪れたのか、それとも源流不明の酒坏のために訪れたのか? 過去の怨念、彷徨う夢幻、ここで遭逢するであろう異郷人は、何故この...
アークナイツ

【明日方舟】サイドストーリー「ニアーライト」の進め方や新たな敵、ギミックについて

時代。時代とはカジミエーシュでは一つの言葉に濃縮されている。私達はそれをカヴァレリエルキと呼び、私達はそれを大騎士領とも読んでいる。新たなカジミエーシュ騎士特別選手権が始まり、私達は栄光の金型を用いて、また一つの茶番劇を流し込んだ。 都市は...
アークナイツ

【明日方舟】メインストーリー9章「暴風展望」にて登場する新たな敵やギミック

太陽は永遠にヴィクトリアの領土では落ちないと言われている。 全ての視線がこの目を奪うような輝きに惹かれ、誰も気付かない内に、既に長い間で陰謀が練られ、同じくして広い影の中に蔓延っている。 小丘郡は火の海となり、死霊は灰から這い上がり、積年の...
アークナイツ

【明日方舟】サイドストーリー「ドッソレス ホリデー」にて実装される新たな敵やギミック

ドッソレス、そこはボリバルの有名な商業観光移動都市であり、龍門とは商業貿易の往来を維持している。 この年の夏、ドッソレスはいつものようにウェイ・イェンウー夫妻と鼠王を休暇に招待し、ウェイ・イェンウーはいつものように断る予定だったが、文月夫人...
アークナイツ

【明日方舟】新モード「ヒュムノイの叡智」のシステムや新たな敵について

「連動競技 ヒュムノイの叡智」 勇士たちよ、さしずめヒュムノイの賢者の呼応が聞こえたのだろう?アレは今まさに蘇り、栄光を取り返そうと渇望している、大いに盛り上がる祭典を期待している。 ほう…君たちが、ロドスだね?素晴らしい、実に素晴らしい!...
アークナイツ

【明日方舟】大陸版新規サイドストーリー「覆海の下 Under Tides」で登場する新たな敵やギミック

海風がとあるメッセージを運んできた。一部細胞の抽出が成功した。彼らの組織形態は我々とは異なっているが、遺伝物質は合致する部分がある。そのため、神経がメッセージを受け取った時点で、我々の生理構造は変異した種子に埋められてしまった。 我々はそれ...
スポンサーリンク