タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツ

ストーリー翻訳

スポンサーリンク

メインストーリー

序章「暗黒時代・上」

ストーリー一覧を展開する

0-1 崩落レユニオンにより暴動が起きたチェルノボーグは混乱を極めており、秩序が崩壊していた。撤退すべきだと分かっているものの、ロドスは人々を救い出そうと動くのだった。
敵を倒したあと、感染者であるアーミヤが住民達に恐れられてしまう。アーミヤとドーベルマンは、ドクターのために感染者やロドスのことを簡単に説明していった。
0-2 防衛テレビでは勝利の朗報が流れている。だが現実では、周りにある全てがチェルノボーグの滅びてゆく未来を示していた。しかし用心深いロドスは、まだ一縷の望みを持っていた。
ドクター達はウルサスの軍警に遭遇する。一触即発の場面に現れたのは、リーダー格の人物に率いられたレユニオンの小隊だった。レユニオンと対峙するなか、軍警はドクター達を逃がしてくれたのだった。
0-4 混戦撤退行動が続く中、ドクター達はやっと支援に駆け付けたAceと合流する。Aceはドクターの記憶喪失を受け入れ、今まで通りに指示を受けると表明した。
0-6 強撃オペレーター達はレユニオンのあまりの残酷さに顔色を失う。天災が降りかかろうとしている今、レユニオンからの挑発が何を意味するかはともかく、ロドスが取る行動は撤退の一択であった。
0-7 感染一息つきながら、レユニオンの奇怪な行動を討論する一同。ドーベルマンは、もし相手のリーダーが自分の考えている通りの相手ならば、全てはただの始まりなのかもしれないと指摘した。
連絡が切れたパニックが隊員の間に広がる。それと同時に、先ほど遭遇したレユニオンのリーダーが再び一同の前に現れた。しかも今回は彼女だけではないようだ。
0-8 狩猟クラウンスレイヤーと名乗った女は嘲笑とともに立ち去った。だが、そこに一人の男の子が現れ、ドクター達を引き留めた。メフィストという名の彼は極めて傲慢な態度で、ロドスを誘い招く。
0-9 騎士メフィストは傲慢さに引けを取らない強さを持っていた。 彼の指揮によって、ロドスは追い詰められていく。危機一髪というところで駆け付けたのは、カジミエーシュの耀騎士・ニアールだった。
0-10 苦境メフィストはニアールの皮肉に激怒し、ファウストという名の狙撃手を動かす。ファウストの超絶技巧の狙撃が凄まじいのは間違いない。しかし相手に攻撃を許しはしたものの、対処法は既に準備してあるのだった。

第一章「暗黒時代・下」

ストーリー一覧を展開する

1-1 孤島天災の威力を憂慮するドクター達だが、ニアールがその緊張感を少し和らげてくれた。帰り道はまだまだ続く。
ドクター達はアザゼルという診療所の前を通りかかる。かつて交わしたやりとりや、今はもぬけの殻になっている寂しさを感じ、アーミヤは感染者の状況について考え始めたのだった。
1-3 狂奔教官として、ドーベルマンはアーミヤに更なる期待を寄せる。そして、ドクターの指揮能力も認めた。人々に残された時間はあとわずか。ドクターは真正面から突破することを決意したのだった。
悩んでいる時間はない。ただ前へ進まねば。
1-4 予兆ドクター達はある空き地にたどり着く。そこではレユニオンが庶民に暴行を続けていた。アーミヤは救いの手を差し伸べたかったが、Aceに止められる。ドクター達にはもっとやるべきことが待っている。前へ進むしかない。
1-6 災害ビルの上にたたずむ一人の女。彼女の目に留まったのは、ドクター達の奮闘の一部始終だった。彼女が歌うようにしゃべりだす中、空が血のような紅に染まる。
1-7 暴君医療オペレーターを救出するため、自らを危険にさらすドクターだったが、運よくニアールに救われる。こんな状況下でも、レユニオンは依然として攻撃をしかけてくるのだった。
レユニオンは周囲の至る所から湧いて来て、広場の中心でドクター達をとり囲んだ。そして、レユニオンの暴君タルラが彼らに向かってゆっくりと歩いてくる。
1-8 意志タルラの横暴に、アーミヤが■■■■を選ぶ。しかしアーミヤがタルラを止めることはついにかなわなかった。持ちこたえらなくなったその時、アーミヤの前に立ったのはAceだった。
1-10 残留ドーベルマンとニアールは嘆き、アーミヤはドクターの腕の中で黙りこんだ。皆わかっているのだ。Aceはもう戻ってこないと。
1-12 代価あと少しで撤退完了というところで、Wという予期せぬ人物がドクター達の前に現れた。Wのあざ笑うような質問にもたじろぐことなく、アーミヤは答えを出す。
暫く戦い合ったのち、Wは突然ドクター達を逃した。タルラも追いかけるなと命令を下す。疑いや悲しみ、深い疲れを抱えながら、皆はようやく帰路についたのだった。

第二章「相思相殺」

ストーリー一覧を展開する

2-1 龍門龍門第5区外部検疫所で、ドクター達は龍門近衛局のチェンと顔を合わせる。チェンに導かれ、ドクター達は龍門の長であるウェイの執務室に足を踏み入れたが、そこではすでに交渉が始まっていた。
2-2 不戦勝交渉の目的は、レユニオンへの対処について龍門とロドスの間で提携を結ぶことにあった。そんな中、ウェイはロドスの軍事能力を確認したいと申し出る。
チェンの説明によりロドスの強さは確かだと認めたものの、ロドスの要求は高すぎると考えるウェイ。だが、アーミヤが冷静に説明をしたことで、ようやくウェイは納得した素振りを見せたのだった。
2-3 推定無罪龍門のスラム街では、ドクター達とリスカムとフランカが合流し、ミーシャというウルサスの少女を探し出せというチェンからの連絡を受ける。そこでロドスは行動に出ることを決めた。
廃ビルの中で、ミーシャを見つけだしたドクター達。対話の末、ミーシャは渋々ながらもロドスについていくことを選んだ。
2-4 ペンギン急便ミーシャのことが少し気にかかるリスカムだが、この状況では指示通りに行動するしかない。ペンギン急便のエクシアと合流するも、彼女に指摘されたのは、敵に囲まれているという事実だった。
ルートを確認するため、エクシアは下見に行った。待っている間、ロドスが自分を近衛局に渡すつもりだと気付いたミーシャは、アーミヤに騙されたと思い込んでしまう。
2-5 落下物ペンギン急便のもう1人の社員、テキサスから撤退ルートの知らせが届く。しかし、レユニオンはあまりにも不気味な行動をとる。――まるで、彼らのリーダーはミーシャのことを知っているかのようだったのだ。
ドクター達はミーシャを連れて撤退したが、リーダーのスカルシュレッダーは後を追おうとはしなかった。一方で、エクシアは皆を屋上に集める。彼女が選んだ撤退ルートとは……。
2-6 手すりを握る確かに龍門スラム街の屋上は飛び移って進めそうではある。しかし、レユニオンもこの完璧な作戦に思い至ったのか、戦いは必至のようだ。
レユニオンの追手を撃破したロドスは、無事ミーシャの護送任務を成し遂げた。ところが、ミーシャはこれまでの激しい救出作戦に体がついていかなかったようで、体調が急変してしまうのだった。
2-7 衛生管理医療チームは、ミーシャの鉱石病は急性のもので、迅速な治療が必要だという診断を下す。しかしその一方で、レユニオンと一般感染者は対立していた。
皆が意気消沈していた。人を救い出しても、壊された家はもう元に戻せない。それでも、龍門との約束を守るため、ロドスは前へ進む以外に道はないのだった。
2-8 約束はしないチェンと合流した後、ミーシャの身柄はロドスから龍門に渡された。再会の約束を交わし、ミーシャとアーミヤは別れる。事態はひとまず一段落したのだった。
この件はそう簡単には終わらないだろう。アーミヤはそう予感していた。一方でクラウンスレイヤーはタルラと言葉を交わしていた。その会話は、まるで何かが起こる予兆のようだった。
2-9 裏工作龍門に潜むレユニオン戦闘員は、想像を遥かに超える人数だった。しかも彼らはますます臆することなく行動するようになる。スカルシュレッダーの采配の下、彼らはロドスにまで牙を剥いた。
アーミヤは撤退を決断する。だが、スカルシュレッダーはすでに小隊とともにドクター達を待ち構えていた。その一方、移動中のチェンはミーシャが捜索される理由をミーシャに告げる。しかし、危機が迫っていることには気付いていなかったのだった。
2-10 不治の病スカルシュレッダー達が迫る中、ロドスは徐々に袋小路に追い込まれていった。アーミヤはスカルシュレッダーの憎悪に満ちた非難と質問に、はっきりとした返答をした。まさに一触即発の状況になったのだった。
レユニオンは撤退した。だが、撤退の理由は決して戦力によるものではない。一方、激戦を繰り広げるチェンは、全ての援軍がたった1人の手によって阻まれたことを告げられた。

第三章「起死回生」

ストーリー一覧を展開する

3-1 合流合流後、ミーシャがWに拉致されたことを知らされたロドス。アーミヤに問い詰められたチェンは、ついにミーシャの秘密を明かす。そして今回、近衛局はロドスと手を組むことを決めたのだった。
レユニオンの浸透作戦は防ぐ手立てがない。皆はミーシャの奪還が第一の目的であるという認識を改めて明確にする。ロドスが前衛、ペンギン急便が補助、そして近衛局が主力部隊をつとめることとなり、正式に行動開始となった。
3-2 記憶近衛局特別督察隊のホシグマが小隊を率いて合流した。ロドスを称賛した大らかな彼女は、躊躇なく戦いに身を投じるのだった。
ミーシャはやっとスカルシュレッダーと再会を果たす。しかし以前とは全てが変わってしまっていた。スカルシュレッダーはあらゆるものに憎しみを抱き、不満を訴えている。すっかり変わってしまった昔馴染みの姿はミーシャにとっては見慣れなかったが、少しだけ共感を覚えた。
3-3 旋回エクシアとテキサスのコンビが敵陣で騒動を起こし、相手の注意を引きつける。ロドスの戦闘部隊もついに到着し、戦いの火蓋が切られたのだった。
ロドスからの攻撃を受ければ、スカルシュレッダーは手を打たざるを得ない。そしてミーシャの躊躇いを、彼は真正面から迷わず否定した。
そこでWは更なる謀略をスカルシュレッダーに授けるのだった。
3-4 亀裂レユニオンの待ち伏せはフランカが簡単に見破ってしまう。そこで、ロドスはこの状況を利用することにした。
フランカが見破った待ち伏せはただのカモフラージュにすぎなかった。全てはドクターを狙った銃撃に向けての下準備だったのだ。最初の一撃はブロックされたものの、入念に練られた二撃目はついにドクターに向けて撃ち込まれ――
3-5 コールアーミヤに迷わず攻撃され、瞬く間にスカルシュレッダーは倒れてしまった。レユニオンも作戦を開始していたが、突然引き返す。それはただスカルシュレッダーの死体を取り戻すためだった。
ロドスに囲まれたWは、実はただアーミヤに携帯電話を渡そうとしていただけだった。電話越しに聞こえてきたのは、ミーシャの決然とした声だった。
3-6 決断時間は人を待ってくれない。今できるのは作戦を続けることだけだ。レユニオンの行方を察知したロドスと近衛局は、別行動に出る計画を立てるのだった。
スカルシュレッダーは無残な姿で倒れていた。しかし治癒能力を持つメフィストの姿はどこにも見当たらない。Wはチームが希望を失ったと断言し、ミーシャについてくるように言う。だが、ミーシャはそうは考えていないようだった。
3-7 とどろくフランカ、リスカム、ホシグマの三名はそれぞれ戦場で活躍を見せる。
敵の側翼を打ち破ったアーミヤの小隊と再会した後、目の前に残されていたのはレユニオンの最後の陣地だった。
フランカはレユニオンの陣営を捜索したが、ミーシャの姿は見当たらなかった。なんとそこに現れたのは、死んだはずのスカルシュレッダー。再び一同の前に立ちはだかった。
3-8 たそがれ双方の考えは、まっすぐだが交点がない平行線を辿る。たとえアーミヤが「スカルシュレッダー」の正体に気付いたとしても、もはや取り返しのつかない状況になっていたのだった。
スカルシュレッダーは再び倒れたが、誰の顔にも笑みはなかった。 チェンはアーミヤを慰めることなく、ただただ珍しく少しの本音を打ち明ける。様々な思いを胸に、皆は帰路についたのだった。

第四章「急転直下」

ストーリー一覧を展開する

4-1 フリーハグロドスに戻ったアーミヤは少し疲れて混乱しているようだった。ケルシーは、アーミヤの秘密についてドクターにヒントを与える。暫しの休息の後には、新しい何かがロドスを待ち受けているのだった。
チェルノボーグの廃都市では、メテオリーテ、フロストリーフ、ジェシカのチームが探索任務に挑んでいた。一方ロドスの管制室では、アーミヤがBSWとペンギン急便の面々に、しばしの別れを告げる。
4-2 雨の中を歩くメテオリーテチームは、廃都市に居残っていたレユニオンと遭遇する。
ケルシーに報告した後も三人は任務を続けたが、フロストリーフは周囲の温度が少しおかしいことに気付くのだった。
スラム街でアーミヤは感染者である子供と出会う。その無邪気さは、再び彼女の心を揺さぶった。その後アーミヤはチェンと出会う。しかしチェンはいつもの彼女ではないようだった。
4-3 人工的冷却ドクターと合流したアーミヤにはちょっとした変化があった。彼女は相変わらず少し迷っているが、進むべき方向が見えたようだ。その時、ケルシーから連絡が入る。新たな緊急事態が発生したようだ。
廃都市の中で、メテオリーテチームは他とは一線を画すレユニオンの小隊を発見する。気温を下げた犯人はまさにこの一団。フロストリーフはスノーデビルの噂を思い出すのだった。
4-4 恐れるなかれチェンとの情報交換後、アーミヤは近衛局と連合作戦を展開することを提言したが、チェンに却下される。その時、レユニオンのリーダーであるWとメフィストの二名を発見したという連絡が、ジェシカから入った。
敵に見つかったメテオリーテチームは反撃を試みるも、容赦なくメフィストによって制圧されてしまう。さらに、近くにはスノーデビルも迫っている。ピンチの中、フロストリーフはアーミヤに警告を送った。「ここには来るな」と。
4-5 官僚主義メテオリーテチームだけでなく、ほかのチームも襲撃に遭う。あのチェンでさえも、今の状況は座視できないと認めざるを得なかった。
チェンはついにロドスと手を組む決断をする。ケルシーと話し合い、アーミヤはメテオリーテチームの救出に向かうことを決めたのだった。
4-6 見聞少なく怪多しチェルノボーグの廃都市に到着したドクター達。街の状況を気にしながら進んでいく。会話の途中、何者かに気を取られたチェンは一人で行ってしまう。残された者達もついていこうとしたところ、レユニオンに阻まれてしまった。
戦いは終わったものの、そこにチェンの姿はなかった。目前の源石が根を張るエリアを見据え、アーミヤとホシグマは話し合いをし結論を出した。アーミヤはロドスを率いて突入すると決め、近衛局は外での支援を請け負ったのだった。
4-7 それぞれの行動メテオリーテチームの残した戦跡を見つけやや安心する一方、ケルシーからの情報は一同を一喜一憂させた。一行は引き続き前へ進む。ケルシーも何かを行動に移そうと計画しているようだ。
一行はついにチェンを見つけ、外に戻り近衛局と合流するよう説得することができた。しかしロドスはまだメテオリーテチームを救出しなければならない。つまりこれから先は、ロドスが再び孤軍奮闘になるということだ。
4-8 ストレス反応座標地点に到着した一行は、まずフロストリーフと合流した。フロストリーフは、状況が複雑ですぐに説明するのは難しく、メテオリーテたちを救出することが優先だと説明するのだった。
フロストリーフに導かれ、メテオリーテとジェシカを見つけ出した一行。だがジェシカは直前に遭遇した出来事のせいで底なしの恐怖に陥っていた。アーミヤが自身の力を使い、寄り添い導いたおかげで、彼女は徐々に恐怖心から抜け出していった。
4-9 骨の髄まで息つく間もなく、メフィストが再び現れた。彼の号令でレユニオンは今一度世間に自らの存在を知らしめた。今度こそ一歩も引かないと、アーミヤは決心するのだった。
アーミヤたちは怒涛の勢いで攻撃を仕掛けるも、やはりメフィストの余裕は崩せない。あと少しでメフィストに触れるというところで、一瞬、すべてが凍りついたかのようになった。フロストノヴァが来たのだ。
4-10 風前の灯火ロストノヴァの圧倒的な力に直面し、ロドスは窮地に陥った。
だが、いずれにしても、今は引き下がる時ではない。
フロストリーフの努力がアーミヤにこの局面を打破するチャンスを与え、一同はようやく撤退に成功する。
しかし彼らを待っていたのは、龍門の危機を告げる知らせだった……。

第五章「快刀乱麻」

ストーリー一覧を展開する

5-1 犬猿の仲悪夢から覚めたチェンは、ロドスの船内に身を置いていることに気付く。そして彼女の隣には、同僚のスワイヤーがいた。スワイヤーの説明から、チェンは敵に襲われたという事実が判明する。
スワイヤーとの口論の中で、チェンは自分と龍門の状況を少しずつ把握していった。何もかもが最悪の事態のように見えた。
5-2 言い淀むスワイヤーはそんなに薄情というわけではない。ただ確かに、状況は彼女が言ったように酷いものだった。セキュア通信をした後、チェンはロドスに援助を要請することを決めた。
非難され詰問されても、チェンは自分なりの答えを持ち続けた。しかし彼女のためらいは、ホシグマに見抜かれてしまう。どちらにしても、少なくとも彼女は自分が何をしているのかを分かっていた。
5-3 名も無き義人チェンとホシグマは諜報員のファーの救出に着手した。
チェンとホシグマは迅速に動いたものの、一歩遅かった。遺言をしゃべりながら、ファーは息を引き取った。
5-4 空っぽの家チェンとホシグマはファーが遺した情報で示された場所に到着し、そこから着手する算段を立てる。レユニオンを発見した二人は、迅速に行動を開始したのだった。
レユニオンを破ったチェンは、ここが昔の自分の家だとやっと気づく。
家で昔のことを思い出していると、チェンの気分も晴れてきたようで、いくつかのアイデアが出てきた。
5-6 疑兵の計龍門のショッピングモールを占拠しているレユニオンは、龍門内の状況に疑問を感じ始めた。とはいえ、彼らの疑問は決して解決しないだろう。近衛局が既に攻め込んできていたからだ。
近衛局は目の前の敵を素早く始末したが、遠くにいる術師がチェンの足元に仕掛けた爆薬を爆発させた。爆発を受けたチェンは高いビルから落下してしまう。
5-7 一蓮托生チェンは昏睡状態から目を覚ました。ホシグマが崩れた壁と瓦礫からかばったおかげでチェンは救われたが、しかし二人とも怪我を負ってしまう。迫り来る敵を前に、二人はいつものように武器を振り上げた。
ホシグマの現在地を医療チームに報告した後、チェンは先に進んでいった。部下やスワイヤーとの通信を終えた彼女は、部下と合流し近衛局へと向かうのだった。
5-9 業より出でし異形レユニオンの状態は異様だ。だが、それは近衛局へと向かう彼女たちの足を止める理由にはならない。そして屋上では、メフィストが首を長くして待っていた。
メフィストにはもう退路がない。そんな時、彼が話すとともに急に変化が訪れる。状況はあっという間に逆転した。ところがチェンはまだ奥の手を残していたのだった。
5-10 長夜の黎明 戦闘前チェンの刀、赤霄が抜かれ、形勢は再び近衛局に傾いた。しかし、一瞬混じった雑念で赤霄はコントロールを失ってしまう。危機一髪のところで、ロドスがついに到着した。
5-10 長夜の黎明 戦闘後ロドスのエリートオペレーター・ブレイズの登場で、戦場に勝利の光が差しこむ。もう勝機はないと判断したファウストはメフィストを連れて戦場から撤退した。今回の事件は一段落したようだ。
5-11 後手の先手ウェイの計算と冷徹さにはゾッとするが、彼は確かに龍門総督としての手腕を発揮した。自分たちの目的のため、ロドスは協力を続けるという選択をした。

第六章「局部壊死」

ストーリー一覧を展開する

6-1 膠着状態ロドスと近衛局の対レユニオン連合作戦が正式に始動した。そして龍門某所では、ブレイズが文句を言いながら、レユニオンの小隊の前に立っていたのだった。
ブレイズは敵を倒し、アーミヤと合流した。どうやらアーミヤの隣にいるオペレーターのグレースロートは、かつてブレイズと何かあったようだ。一方では、チェンとスワイヤーが久しぶりに肩を並べて戦っていた。
6-2 いくつかの誤解グレースロートに呼び覚まされた過去の記憶は、ブレイズに何かをもたらした。しかし今優先すべきは、目の前のレユニオンだ。
レユニオンを倒したブレイズは、ドクターをつれて先へと進む。一方、チェンとスワイヤーは共通の知人と思われる諜報員の話をしていた。
6-3 二人の迷い子メフィストはアーツで彼が操る「家畜」をより凶暴にし、無差別攻撃をさせていた。状況を見かねたファウストは、味方を助けようと決心する。
グレースロートはファウストと遭遇した。緊張の局面だが、ファウストはグレースロートのシンプルさに思うところがあるようだ。結局ファウストは引き金を引かずに、グレースロートをその場から逃すのだった。
6-4 化膿した傷跡謎の長官の助けを借り、近衛局は態勢を整えることができた。黒装束の謎の部隊も動き出している。彼らの通ったあとに、命ある者は誰もいなかった。
とある荒廃した部屋で、レユニオンの一人が、女性に話しかけていた。現代までの歴史を語り合った末に、レユニオンのメンバーは女性に「一緒に龍門を出よう」と誘いをかけた。
6-5 誰を殺る?家畜に直面したアーミヤは、彼らを自由にすると決意した。一方、チェンは黒装束の部隊に追いつき、その正体を見抜く。押し問答の末、相手は妥協する形をとったのだった。
クラウンスレイヤーは突然の襲撃に遭った。スワイヤーの方では黒装束の部隊のリン・ユーシャに電話をかけたが、切られてしまった。 メフィストはというと、ファウストの狙撃兵に拘束され、連れ去られた。それぞれの場所で、様々なことが起きている。
6-6 過去を語るなファウストとメフィストの幼少期、そして彼らとタルラとの出会い――
6-7 断弦作戦は順調に進んでおり、ブレイズはファウストの居場所を見つけた。 チェンは作戦に協力する一方で、黒装束の部隊に対する危険を冒しながらも一計を案じる。ファウストはメフィストの為にしんがりをつとめる選択をし、最期の一矢をつがえるのだった。
6-8 上から跳ぶだけ!時はフロストノヴァとのロドスの対決の後にさかのぼる。レユニオンがロドスを追いかける中、ブレイズが到着し、フロストノヴァとスノーデビル小隊を一人で食い止めた。
ブレイズとフロストノヴァは互角だった。しかしその時戦闘の余波で建物が崩れ始め、ドクターもフロストノヴァも崩落に巻き込まれてしまった。ロドスはスノーデビル小隊と一時休戦することとなった。
6-9 別の角度から時は戻って現在。ナインという女性が龍門を去る道を選んだことにより、レユニオンはまた後ろ盾を見つけたようだ。そしてチェンは黒装束の部隊をスノーデビル小隊にぶつけることを決めた。
6-10 ベルを外して近衛局と黒装束の部隊の攻撃を受け、スノーデビル小隊は唯一の出口を全力で守っている。フロストノヴァは自身の能力を発揮して敵を押し返したが、体は既に限界に達していた。
6-11 「こんな事」子供を守るために、レユニオンに対峙することを余儀なくされたグレースロートは、幸運にもブレイズに救われる。対話を経て、二人の関係は緩和したのだった。
レッドの野性がクラウンスレイヤーを圧倒した。そしてケルシーの圧倒的な力はクラウンスレイヤーの抵抗をまるで無意味なものにしてしまう。だが話し合った上で、ケルシーは彼女にもう一度選ぶチャンスを与えた
6-12 氷原の雪ロドスと近衛局が残りのレユニオンを一歩ずつ一掃していく中、スノーデビル小隊はフロストノヴァの安全のために彼女を逃がし、命を犠牲にして強敵である黒装束の部隊に立ち向かった。
6-13 火も、光もなく廃墟の下に閉じ込められている中で、ドクターはフロストノヴァと彼女の過去、家族、信念について話をする。そして、彼女はドクターとちょっとした賭けをした。
6-14 氷原の霜スノーデビル小隊は全員龍門でその命を散らした。龍門はもう安全だ。ところが、ケルシーのドクターとの会話や、目を覚ましたフロストノヴァの言葉は、まだ事態が収束していないことを示しているのだった。
6-15 悪くない思い出時はドクターとフロストノヴァが崩落に巻き込まれた直後に戻る。フロストノヴァを救出するため、スノーデビル小隊は迷わずロドスと手を組んだ。
最初に救出されたフロストノヴァはドクターを殺そうとはせず、ただ、二人が二度と会わないようにと願った。しかし、現実とは常に自分の望みとは正反対のものだ。
6-16 黒うさぎ、白うさぎどんなに感動的な言葉であっても、鉄の意志の前では力を失ってしまう。会話の終焉は、戦闘以外の何物でもない。
6-17 冬逝フロストノヴァは永遠に目を閉じた。
6-18 お前だけが知っている龍門はもう安全だ。しかし、ウェイの執務室で上がった非難と詰問の声、ケルシーが伝えた最新情報――それは、中枢エリアが衝突する勢いで龍門に迫っているというものだった。全ての決着にはまだ遠い。

第七章「苦難揺籃」

ストーリー一覧を展開する

7-1 32:00:00(前半)中枢エリアの司令塔では、タルラがWの裏切りを指摘し、彼女を中枢エリアから突き落とした。そしてパトリオットは中枢エリアを守り、敵の襲来に待ち構えることにしたのだった。
7-1 32:00:00(後半)
7-2 別れの夜 戦闘前ドクターはフロストノヴァの遺骨をロドスの総合感染生物処理室に送る際にエリートオペレーターのロスモンティスに出会い、初めて彼女のことを知った。
7-2 別れの夜 戦闘後ウェイの執務室では、事態に関する議論が口論に変わった。
詰問され、疑われ、責められ。失望し、耐え抜き、ため息をつく。結局、チェンは孤軍奮闘の道を選んだ。
7-3 変節の刃 戦闘前何人かのオペレーターから話を聞く限り、ロスモンティスの外の世界を感じる方法は尋常ではないようだ。一方、龍門から去ろうとするチェンの行く手を阻んだのは、彼女を止めようとするホシグマだった。
7-3 変節の刃 戦闘後ホシグマは結局、チェンを止めることができなかった。そして、ウェイの執務室では、フミヅキの助力のもと、ロドスがついにウェイと取引を成立させた。これからはロドスが龍門とチェンを支援するようになったのだった。
7-4 共闘の誓い-1 戦闘前アーミヤはロドスでみんなを立派にまとめあげた。ドクターとケルシーの関係は、話し合いの中で改善したかのように見えた。
7-5 共闘の誓い-2 戦闘後紆余曲折を経て、ドクターとアーミヤ、そしてオペレーターたちは、やっとチェルノボーグの中枢エリアにたどり着いた。
7-6 忘却の地 戦闘前ケルシーと情報をまとめ終えたドクターは、ロスモンティスのチームと合流し、彼女の戦いぶりを目の当たりにするのだった。
7-6 忘却の地 戦闘後ロスモンティスの戦い方は残忍だった。ドクターは彼女と話してはじめて、彼女というオペレーターを理解できた。一方で、ワルファリンはある予言をケルシーに伝えた。
7-7 26:37:14コシチェイ公爵の影は常にウェイにつきまとっており、親愛なるひとでさえも振り払うことができなかった。しかしどうあろうと、彼は自分なりに龍門を守るつもりなのであった。
7-8 沈黙者の憤怒-1 戦闘前中枢エリア内に戻ってきた迷彩狙撃兵だったが、タルラは彼らに不信感を抱き、見放してしまう。一方のロドス一行は、敵への理解を深めながら、ゆっくりと確実に前進していくのだった。
7-9 沈黙者の憤怒-2 戦闘後ロドスがチェンの足取りをつかんだが、彼女の様子はこちらを気懸かりにさせるものだった。その後、一同はとある感染者の市民に遭遇する。その市民の疑いで状況は膠着状態になった。
7-10 暗がりの火 戦闘前Guardの登場は予想外だったが、ケルシーの彼への突然の審判は更に意外なものだった。だが、感染者の市民の態度はやっと柔らかくなってきた。
7-10 暗がりの火 戦闘後状況はようやく緩和した。その後のやり取りで、ドクターはオペレーターとパトリオットのチームの詳細を知ることができた。そしてパトリオットのためにGuardが動き出すも、途中で止められてしまうのだった。
7-13 感染者の盾-1 戦闘前中枢エリアの端では、敵の配置を把握するため、エリートオペレーターのRaidianとロスモンティスが連携してアーツを展開した。そこでドクターはロスモンティスの過去を更に知ることとなったのだった。
7-17 感染者の盾-2 戦闘後ロドスの緊密な連係と高火力の攻撃で、敵は反応する前に各個撃破されていく。しかしあと少しというところで、パトリオットがついに姿を現したのだった。
7-18 愛国者の死 戦闘前パトリオットはロドスの前に立ちはだかっている。彼を越えるには彼を倒すしかない。
7-18 愛国者の死 戦闘後中枢エリアの一角では、交渉の末にメフィストが石棺の間に足を踏み入れるチャンスを得ていた。激しい戦いの末に、パトリオットはアーミヤの秘密に気付く。古代の予言を思い出した彼は、やがて倒れてしまった。
7-19 11:15:38パトリオットの死は全ての人に影響を与えた。Wはケルシーとドクターを挑発するも、あえなくケルシーが起こした爆発で吹き飛ばされてしまう。メフィストは石棺の中で眠りにつく。そしてウェイの前に現れた鼠王。龍門に、雪が降る。
7-20 ??:??:??チェンとタルラが別れた夜、コシチェイはウェイと対峙する。そして、摂政王と聴罪師は自分たちの計画について討議を重ねるのだった。

8章

ストーリー一覧を展開する

 

 

R8-1 殻破りし「昨日」 戦闘前過去を捨てた公爵の娘は、人里離れた山あいの村に隠れ住み、そこで素朴で優しい一家と出会った。
R8-1 殻破りし「昨日」 戦闘後公爵の娘は己の正義に従い行動する。しかし正義の行いでは善意の結果をもたらせない。その背に巣食う影は、彼女の意思を呑み込むことを諦めてはいなかったのだ。
R8-3 燃え易き「麦藁」 戦闘前監視隊が村で感染者の捜査を始めた。タルラの罪を肩代わりしようとした老人は、無残にも命を奪われてしまう。怒りに満ちたタルラはついに手を出してしまった。
R8-3 燃え易き「麦藁」 戦闘後自分も感染者であるということをアリーナはタルラに打ち明けた。ようやくタルラの怒りが収まると、二人はその村を離れた。
R8-4 一触即滅の「火種」 戦闘前限界まで追い詰められていた感染者たちの村を訪れていたタルラ。しかし、まさにそのタイミングで監視隊が現れ、双方は一触即発という状況に。
R8-4 一触即滅の「火種」 戦闘後監視隊を撃退したタルラは、命拾いした村人たちにもてなされた。
そして、タルラはこの経験をアリーナに話して聞かせるのだった。
R8-5 心を凍らす「寒気」 戦闘前ウルサスの圧政に抵抗し、感染者のために戦う遊撃隊を探すため、タルラは感染者の小隊を引き連れて北原へと向かう。その道中で、フロストノヴァとスノーデビル小隊に出会うのだった。
R8-5 心を凍らす「寒気」 戦闘後暗黒と陰謀によって育てられた英雄、ウルサス史の裏側で暗躍する悪鬼の化身、運命に定められた叛逆、更なる激動の歴史の始まり。
R8-6 収まらぬ「戦火」 戦闘前タルラが思い描いた未来図は、フロストノヴァの心は動かせても、パトリオットを納得させることはできなかった。ウルサス駐屯軍との一戦で、タルラはようやくパトリオットの戦いを目にした。
R8-6 収まらぬ「戦火」 戦闘後パトリオットが初めて自らの意見をタルラに示し、タルラの考えは空想だと批判した。タルラはサーシャとイーノという子供を受け入れ、アリーナは当初の決意を忘れるなと彼女に忠告をする。
R8-8 無情に傾く「人心」 戦闘前一部の感染者が隊から抜けることをタルラは許可した。そのことでパトリオットと口論になってしまう。そして、隊を抜けた感染者は、ウルサス軍の目を欺くため、タルラたちを囮にしたのだった。
R8-8 無情に傾く「人心」 戦闘後感染者の裏切りに、タルラは失望や怒りを覚えることはなかった。パトリオットに詰問され、彼女は自らの考えと決断を打ち明ける。それに納得したパトリオットは、ようやく首を縦に振るのだった。
EG-1 燃焼の断章1誠実さとは
R8-9 別れが待つ「邂逅」 戦闘前監視隊が西にいると知り、東の村へと物々交換に向かうアリーナ。彼女が発った後、タルラは以前取り引きした西の村に監視隊が調査に入っているとの報せを受け、彼らを待ち伏せすることに。
R8-9 別れが待つ「邂逅」 戦闘後迎えに来た者に背負われ、彼女は静かに伏せたまま……もう戻ってくることはなかった。
R8-11 国土覆う「黒雪」 戦闘前ウルサスで最も恐ろしい暴威が、年若きリーダーへと襲いかかる。それは、死をもたらす恐怖と陰謀の住まう深淵からの挨拶だった。
R8-11 国土覆う「黒雪」 戦闘後皇帝近衛兵がもたらす暗黒と恐怖ですら、パトリオットを揺さぶることはできない。年若きリーダーは暴力に恐れをなすことはない。しかしその肩に巣食う影は、未だに彼女を呑み込むことを諦めてはいなかった。
M8-1 血濡れの「今日」チェルノボーグ中枢区画、中央エリア。サルカズ傭兵がレユニオンの感染者に刃を向けた。その頃、アーミヤとロスモンティスは隊を引き連れ、揺るがぬ意志の下に前進していた。
M8-2 多言が生む「失語」チェルノボーグ中枢区画の下層では、ケルシーとドクターがまさに石棺エリアに足を踏み入れようとしていた。そこに立ちはだかったのは、家畜となり果てたサルカズ傭兵だった。
M8-3 傍らに潜む「死亡」ロドスの部隊とサルカズ傭兵の戦闘中、封鎖層が起動してしまう。ロスモンティス小隊メンバーは封鎖層の構造部に入り、エネルギーを遮断する任務に志願した。そして盾兵はロドスに共闘を求める。
M8-4 うたかたの「意志」盾兵とロドスは共闘することに同意したが、封鎖層の構造部に侵入したロスモンティス小隊メンバーが、待ち伏せに遭い生死不明に。焦ったロスモンティスは、アーツで封鎖層を破壊する。
M8-5 醸されし「厄運」隊員を失った悲しみを拭い去ろうとするロスモンティス。ケルシーがドクターに、アーミヤとロスモンティスのオペレーターとしての意義を話していたその時、「ウルサス軍の痕跡を中枢区画にて確認」との緊急連絡がエリジウムから発せられた。
M8-6 再会の為の「離別」 戦闘前目の前に立ちはだかるのはなんと、レユニオンに扮したウルサス軍だった。彼らの包囲を突破するため、盾兵はロスモンティスと手を組むことを選ぶ。
EG-2 燃焼の断章2庇護とは。
M8-6 再会の為の「離別」 戦闘後ロスモンティスを外に残し、一人でタルラと対峙することを決意したアーミヤ。彼女は反対するロスモンティスに命令を下す。「生き延びろ、そしてみんなを生き延びさせろ」と……
M8-7 因果応報の「悪態」 戦闘前盾兵とロスモンティスたちに追いついたWは、自分が今どちら側の立場なのかを明らかにし、なんとかロスモンティスの信頼を得た。同刻、徐々に石棺の中心に迫りつつあったドクターとケルシーは、サルカズの特殊感染者に遭遇していた。
M8-7 因果応報の「悪態」 戦闘後ケルシーとドクターは石棺の中心で、怪物になり果てたメフィストを発見した。
M8-8 夢からの「覚醒」 戦闘前集団の中の個体は、互いに支え合いながら未来を待つ。孤独な個体はただ一人、自由の寂しさを噛み締める。
M8-8 夢からの「覚醒」 戦闘後一つの生物の死が、二つの個体の記憶を呼び覚ました。遠く離れた司令塔では、アーミヤがチェンの記憶をたどり、チェンとタルラを見つけ出した。
EG-3 燃焼の断章3選択とは。
JT8-1 原野に注ぐ「怒火」 戦闘前残虐と悪毒が常態化し、人々は道徳の名のもとの審判を恐れることもなく、善悪の区別もなくなっていった。
JT8-1 原野に注ぐ「怒火」 戦闘後憎しみを抑えられない程の悪が横行した時、正義を標榜する戦士は悲痛なる真実に向き合わざるを得なかった。彼女の意思は、自らが背負う影と真実によって呑み込まれてしまう。
JT8-2 瞠目の先に「黄昏」 戦闘前チェンに代わりタルラの現状を完全に理解したアーミヤ。そして、タルラの意識の中に、未だあの影が巣食っていることに気づく。
JT8-2 瞠目の先に「黄昏」 戦闘後アーミヤの心に感情が溢れ返る。長らく蓄積された怒り――そして他者の記憶が彼女に限界を突破させ、その記憶から取り出した力は感情によって彼女に同化した。
JT8-3 烈炎の中で「邁進」 戦闘前「タルラ」は偽ることをやめ、チェンとアーミヤへの欺瞞を解く。彼女たちが今立ち向かっているのは、長きにわたりウルサス最強と呼ばれ続けた意志の力の一つ。決戦の時だ。
JT8-3 烈炎の中で「邁進」 戦闘後「不死の黒蛇」は、タルラの命を盾にして二人を脅した。タルラが死ねば、戦争は自ずと勃発することを知っていたのだ。
EG-4 燃焼の断章4信頼とは。
END8-1 「終幕」或いは「序章」龍門、ウルサス、ロドス、各々が各々の後始末を行っていた。事件の終息と言うには早すぎるが、一段落ついたとは言えるだろう。
おやすみ。
EG-5 燃焼の断章5自我とは。

9章

サイドストーリー

騎兵と狩人

ストーリー一覧を展開する

GT-1 真昼の太陽財宝の伝説に揺れる滴水村は、ヴィクトリアからグラニというサバサバした騎馬警官を迎え入れた。賞金稼ぎの拷問からキャロルを救出した後、グラニは滴水村を助けることを約束するのだった。
屋根裏に隠れるグラニとキャロルは宝の情報を詳しく話し合ったが、キャロルは情報をすべて伝えることはなかった。二人が行動を起こそうとした矢先、窓の外で誰かが吹っ飛んでいった。
GT-2 八方美人同じくロドスから来た謎のオペレーターは「彼女」を求めて賞金稼ぎと戦っていた。その後グラニは裏部屋を出ることにしたが、偶然にも隠れていた賞金稼ぎと遭遇してしまう。
オリジムシとごたごた戦っているグラニとキャロルは突然現れた賞金稼ぎに助けられた。ビッグボブと自称する賞金稼ぎは、なんと自らグラニとの協力を提案した。
GT-3 思わぬ旅ビッグボブの助けを借りてうまく前進できたグラニとキャロルは、謎のオペレーター・スカジに遭遇する。だが、彼女に攻撃されるとは思いもよらず、その場の人々も大乱闘に巻き込まれるのだった。
戦いの中、ビッグボブが思わぬ怪我をしてしまう。そして彼の足の結晶は、彼が感染者であるという事実を明らかにした。しかし、グラニは全く気にせず、ビッグボブに包帯を巻いてあげるのだった。
GT-4 共犯証言安全になった後、ビッグボブとグラニは、スカジとロドスについて言い争っていた。だが、口論は結論が出る前に突如現れたレユニオンによって中断させられる。
レユニオンの猛攻に対し、ビッグボブは、グラニとキャロルの盾になって二人にを自ら申し出る。そして、財宝に近づけば近づくほど、戦いの頻度も高くなっていった。
GT-5 話が平行線キャロルにつつがなく宝を手に入れさせるため、グラニは1人で洞窟の入り口を守ることに決めた。この時点で、レユニオン、賞金稼ぎ、そしてスカジという三つ巴の乱闘が始まったのだった。
強敵であるスカジと次々と湧いて出て来る賞金稼ぎ達に直面し、グラニはキャロルを援護するため撤退を余儀なくされる。しかし、洞窟の奥深くで彼女を待っているのは、見慣れた仲間だった。
GT-6 黄金三角スカジ、ビッグボブ、グラニがそれぞれ自分の目的を抱えながら対峙する。そこに響いたキャロルの財宝発見の驚きの歓声が膠着した空気を破り、戦いは一触即発の状態になった。
グラニは自分の血を捧げ、財宝の鍵を開けた。その後彼女はスカジをつれて村をうろつく賞金稼ぎをやっつけた。ビッグボブも残りのお宝をもらい、クルビアへ行くことができたのだった。
GT-EX-1 青天霹靂古い歌から目覚めたスペクターの目の前に立っていたのは、出発の準備をしているスカジだった。
GT-EX-3 狼と踊るカジミエーシュ出身のニアールはグラニのことを心配し、彼女のためにカジミエーシュの騎士の財宝についての手紙を書いた。
GT-HX-1 碧血金砂滴水村を出発しようとしたグラニは、その時になって初めてニアールからの手紙を受け取ったが、事件はすでに解決しており、帰るところだった。
GT-HX-3 昔々西部でスカジは「宝の鍵」を使ってケルシーからスペクターの情報と交換しようとした。しかしケルシーは、スカジの勝手な単独行動の結果にやや不満を抱いていた。

青く燃ゆる心

ストーリー一覧を展開する

ENTRY 祭りの幕開け毎年恒例の黒曜石祭が開催中!好きなアーティストに投票して、イベントを楽しもう!
OF-ST1 ROCK’N’ROLLロドスの一行は、誰もが楽しそうな観光都市のシエスタにやって来た。しかし、ドクターも現地にとけ込もうと思っていた矢先、緊急の連絡が入るのだった。
OF-1 Made in Volcano火山の麓にフィールドワークに来たスカイフレアとプロヴァンスは、この火山に何か異常があると思っていた。しかし、それ以上の判断を下す前に彼女たちに聞こえたのは、助けを求める叫び声だった。
二人が救ったのは、市長の娘であるセイロン・ドルクスだった。三人が口をそろえて主張するように、火山がもう噴火寸前である可能性が浮上してきた。
OF-ST2 ブレイクフリーエイヤフィヤトラは通信で皆の疑問を解消していく。議論の末、次の行動方針が決まった。
OF-2 ステージ続行ドクターとセイロンは市長秘書のクローニンを説得しようとシティホールに向かった。しかし、会話の中で、クローニンはドクターがセイロンを騙していると考え、ドクターを逮捕しようとした。
ビーチに向かって逃げ出したドクターとセイロンの前に現れたのは、セイロンが以前紹介していたシュヴァルツだった。だが、彼女はドクター達と対立する立場にいた。
OF-3 徒競走あわやというところで、シュヴァルツを止めようと老剣士が現れる。そしてビーチでは、追手に迫られていた二人を助けるべくイフリータが現れたのだった。
危機が去った後、ドクターとセイロンはホテルに戻り、ヘラグという名の老剣士と合流した。ヘラグは何か言いたいことがあるようだった。
OF-4 ザ・ジェネラルシュヴァルツとの対決で、ヘラグは何かに気付いたのか、それまでの考えを変え、あえて敵に突撃した。
シュヴァルツは単なる市長のボディーガードではないかもしれないと指摘したヘラグ。その疑惑はセイロンの耳にも入ってしまう。セイロンは家族への疑惑に動揺するのだった。
OF-ST3 圧力の下ドクターとセイロンは散策しながら話をしていた。やがて自分の考えが固まったセイロンは、ある計画を立てる。
OF-5 止めないで放送タワーの下で、シュヴァルツはずっと待っていた。ところが、彼女はセイロンが単なるおとりに過ぎないことにすぐに気づく。一方、ヴィグナとドクターは無事にシティホールに入ることができた。
シュヴァルツとセイロンの会話はまだ続いていた。しかし今回でやっと、シュヴァルツはセイロンの主張を理解し、自分が騙されていたことにも気付くことができた。
OF-6 キラークイーン二人の会話はようやく終わりを迎えた。シュヴァルツとセイロンはお互いに理解し合い、そしてシュヴァルツはようやくセイロンの側に戻ってきたのだった。
ドクターとヴィグナの襲撃も成果を上げた。逃亡の準備を進めていたクローニンは顔面蒼白になり、何もかも捨てて逃げ出そうとした。
OF-ST4 愛する者盛り上がるライブの中、市長の早々の復帰に動揺したクローニンは本性を現し、一か八かの勝負に出た。しかしその一方で、もう時間はないと様々なことが示唆していた。
OF-7 下される鉄槌追い詰められ気が狂ったクローニンは、部下にドクター達を攻撃するよう命じた
クローニンを倒したものの、すべてはもう取り返しがつかないように見えた。だが幸いなことに、プロヴァンスは良いニュースを持ってきた。そしてこの火山噴火を止めるため、全員一丸となって動き始めるのだった。
OF-8 シエスタ狂想曲火山洞窟の中で、スカイフレアが一同に噴火を止める方法を説明する。そして、洞窟の奥深く。人々はついに火山の主、巨大オリジムシと出会った。
巨大オリジムシを倒した後、火山の噴火活動はしばらくの落ち着きを見せる。ついに事態は一時的に収束したのだった。
OF-ST5 生涯の愛火山の噴火は先送りになり、人々はシエスタを離れることを決めた。シュヴァルツとセイロンはロドスに向かい、今回の出来事も比較的受け入れられるようになった。ハッピーエンドとは言えないが、少なくとも未来に期待はしても良いだろう。
OF-ST6 潮音との邂逅ロドス一行と共にシエスタに来たソーンズは、一日の休日を謳歌する。
日が沈みゆく中、エーギル人は異郷のビーチに佇んでいた。程なくして、未知の敵と遭遇する――
OF-EX1 ウォームアップホテルでマネージャーと談笑する名物DJ D.D.D.。彼の音楽への情熱は人を感動させるほど。会話の最後にD.D.D.が受け取ったのは、なんとクロージャからのメッセージだった。
OF-EX3 MCタイムエンペラーの突然の登場は観衆たちの熱狂に拍車をかける。だが彼を歓迎しない者もいた。エンペラーは目の前の危機を気にも留めなかった。なぜなら、ペンギン急便が既にこの時を待っていたからだ。
OF-EX6 完璧なる幕引きロドスの医務室では、シエスタにいるはずの有名なバンドメンバーがケルシーと意味深なやり取りをしていた。その真意はもっと後で判明するだろう。
OBSGRAM D.D.D編 
OBSGRAM AUS編 
OBSGRAM 大帝 a.k.a 皇帝編 

喧騒の掟

ストーリー一覧を展開する

ENTRY 序章バーの中でトランプをしていたシチリア人のカポネとガンビーノ。居丈高な口をきく彼らは、龍門で最も厄介なバーのオーナーを怒らせてしまった。
CB-1 6:44P.M.若きトランスポーター・バイソンはシラクーザのマフィアに襲われるも、ペンギン急便のエクシアとクロワッサンによってギリギリのところで助け出された。 そして廃墟と化した路地で、敵はエンペラーの傲慢なる罠に陥ってしまう。
拠点に連れて行かれたバイソンは、ペンギン物流の 「優れた企業文化」を受け入れざるを得なくなった。だが雑談中、エクシアは敵が密かに仕掛けていた爆弾を発動させてしまった……。
CB-2 7:15P.M.莫大な損失を被ったため、ペンギン急便のメンバーたちは敵とのカーチェイスを始め、見事に自分たちごと事故に巻き込んだ。
公園では、屋台をやっているジェイが友人のワイフーと談笑していたところに、不思議なサンクタ人の客がやってくる。 一方、独断で敵を追いかけていたバイソンも謎の狙撃を受け、陸橋から転落してしまった。
CB-3 7:22P.M.転落したバイソンは、ペンギン急便の一員だと名乗る謎のトランスポーター・モスティマと出会った。 モスティマの助けを借りて、二人は街中に紛れ込み、マフィアから逃れようとするのだった。
悠々と街を歩くバイソンとモスティマは、飴屋の前を通りかかったところでマフィアに狙われてしまう。 逃げるためにバイソンは貨物船に飛び乗ったが、モスティマは姿を消していた。
CB-4 7:59P.M.迷子になったバイソンは、ソラに先導されて近道を通り公園にたどり着いた。ちょうどそこで、マフィアを拷問するペンギン急便のメンバーに遭遇する。誤って人質を吹っ飛ばしてしまったペンギン急便は、またもやマフィアとの間で乱闘を勃発してしまった。
ペンギン急便は二手に分かれて逃げるが、一時的に加入したバイソンのことをすっかり忘れてしまっていた。置いていかれたバイソンは自転車で追いかけることを余儀なくされる。 そしてまたしても失敗してしまったガンビーノとカポネは意見が衝突していた。
CB-5 8:31P.M.バイソンがみんなに追いつこうとしているところに介入し、バイソンを気絶させたガンビーノ。彼は、バイソンを利用しペンギン急便に正面対決を迫った。
敵は鼠王の情報を得るためにスラム街の住人に暴力をふるっていた。それを目撃した通りすがりのワイフーとジェイは、助けに入る。そして敵の次のターゲットが魚団子スープ売りの董のおじさんだと知るのだった。
CB-ST-1 風吹く夜カポネはガンビーノを裏切った。モスティマはバイソンを救い出した。そして鼠王は本当の姿を見せた。龍門に、夜風がそっと吹いた。
CB-6 10:26P.M.「大地の果て」では、ペンギン急便の面々が無意味なワインパーティを開いていた。ペンギン急便を追って襲来したマフィアに直面した一同は、ワインボトルをつかみ、乱闘を始めた。
ガンビーノファミリーは全力を出すペンギン急便にあっさり敗北した。だが、バーが破壊されたことに激怒したエンペラーは、ついに真正面からの決闘をやろうと決断する。
CB-7 11:08P.M.ガンビーノが裏切り者のカポネに終止符を打とうと決めた矢先、情報網を全面的に拡大したペンギン急便がカポネの本拠地を見つけ出す。いよいよ戦いの火蓋が切られたのだった。
混乱を極めた戦場に、モスティマが再び登場する。彼女は戦いに加わると、余裕をもって敵のリーダーを牽制した。 だが突如として砂嵐が出現する。鼠王が前触れもなく襲いかかり、皆を散らしていったのだった
CB-8 11:41P.M.エクシアとモスティマは久々の再会を果たした。ところがモスティマはすぐに別れを告げて去ってしまう。エクシアとバイソン、そしてテキサスたちは、それぞれ新たな危機に陥ったのだった。
イースはあるリーベリに監視されており、そしてモスティマは以前から鼠王の存在を知っていた。 再集合したペンギン急便はエンペラーから連絡を受け、パーティー現場に向かうのだった。
CB-ST-2 龍門深夜ガンビーノとカポネの決闘は、再びワイフーとジェイによって中断された。龍門の若者二人は、やりたい放題のマフィアに絶対に対価を払わせなければならない。 一方、鼠王は墓地で旧友と会っていた。
CB-9 0:01A.M.鼠王は姿を現し、ワイフーとジェイを救った。 カポネがガンビーノを刺し、自ら投降を望んだが、鼠王に拒否されてしまう。 マフィアは既に鼠王の翼下に収められており、全ては鼠王が握っていたのであった。
野外パーティーで出くわしたワイフーたちとペンギン急便の面々。鬱憤を晴らすため、ワイフーとテキサスが喧嘩を始めてしまう。 エンペラーはパフォーマンスが最高潮を迎えるというところで、突然鼠王に突き刺されてしまった。
CB-10 1:11A.M.鼠王の指揮下にある地元マフィアと収容再編成したマフィアが一斉にペンギン急便に猛攻を仕掛けた。モスティマが自ら鼠王を抑え込んでいるところで、バイソンもようやく悩みを振り払い、戦闘に加わった。
ペンギン急便が一丸となり、最終的にはバイソンの執事が撃ち込んだ鼠王への奇襲のおかげで鼠王を撃破した。バイソンは命を捨てて鼠王が残した爆弾を解除しようとしたが、その真相はあまりにも衝撃的なものだった。
CB-ST-3 黎明の刻廃墟同然のバーで、思う存分酒を飲みながら、話に花を咲かせたペンギン急便一同。ラテラーノから来た苦難陳述者(?)はモスティマを連れて旅立つ。そしてこれから先には新たな戦いも待っているのだった。さあ、日が昇る。
CB-EX1 集団戦の秘訣茶番の裏では、廃墟と化したバーに役者が集まっていた。 日の出が昇る頃、旧友たちは肩を並べ、新しい物事がゆっくりと前に進んでいくのを見守るのだった。
CB-EX2 南轅北轍負傷し龍門から逃げ出したガンビーノとカポネは小道で再会した。だが彼らの決闘はやはりいつものように中断されてしまう。二人の前に、招かれざる客が現れたのだった。
CB-EX3 林中小屋エンペラーの不死の謎についての議論を見逃すことになってしまうぞ。

闇夜に生きる

ストーリー一覧を展開する

DM-1 埋蔵 戦闘前カズデルの混乱する戦場で、傭兵のヘドリーとイネスが正体不明の戦士を受け入れた――一人のWが死に、一人のWが仲間に加わった。
DM-1 埋蔵 戦闘後数カ月後、ヘドリーの首を狙う者たちの暗殺計画を片付けた後、傭兵たちはカズデルから戻ったトランスポーターから「バベル」の任務を託される。不安の渦中にある彼らだったが、その命運を受け入れる。
DM-2 偶然 戦闘前「同業者」を片付けた後、Wとヘドリー、イネスは三手に分かれる、先に合流したWとイネスが言い争いから刃を交えた矢先に、輸送隊が静かに到着する。
DM-2 偶然 戦闘後傭兵部隊は敵襲により一瞬で散り散りになった。目覚めたイネスはWとの共同作戦を余儀なくされると、Wを見捨てたふりをして追手を罠にかけた。しかし、それでも依然として強敵による包囲が解けることはなかった。
DM-3 圧迫 戦闘前Wが意識を取り戻すと、傭兵たちはロドス号に収容されていた。ヘドリーが会議に参加する中、慎重に周囲を偵察していたWは、彼女の王に出会った。
DM-5 軍旗 戦闘後ヘドリーはバベルからの脱却を選択し、ケルシーに別れを告げた。その後の道中で、二人のベテラン傭兵は多くを語り合った。一方、留まることを選んだWは、王の称賛を得るために努力を続けた。
DM-6 遁走 戦闘前一夜にして戦局は傾いた。情報を得たヘドリーは戦場へ戻ることを余儀なくされ、そこで復讐に興じるWと再会する。ヘドリーはウルサスの凍土を目指すことを告げ、Wを再び部隊に誘う。
DM-6 遁走 戦闘後移動中に天災に見舞われた傭兵たちは、後退を余儀なくされる。Wは依然として狂人の姿勢を崩さず、天災を間近で見るためと天災に接近する――しかし真の目的は、トランスポーターとの会合を隠す為であった。
DM-7 亀裂 戦闘前傭兵団のリーダーを討ち取ったScoutは、「約束通り」Wの小隊に追われる身となる。イネスはかつての戦友を見逃そうとも考えるが、Scout自身は既に心を決めていた。
DM-7 亀裂 戦闘後その目で確かめたものをWに伝えるべく奔走するイネスは、レユニオンの妨害を受ける。最後に彼女の目に写ったものは、交差する木の影だった。
DM-8 離散 戦闘前パトリオットはWたちにカズデルの過去を尋ねた。そしてヘドリーは「敵」の目を誤魔化すため、ヴィクトリアへ向かう決断をする。一人になったWには、自身の命運を決めるべき時が訪れていた。
DM-8 離散 戦闘後朝廷と聴罪師を前に、へドリーは摂政王が全てを掌握していたことを知り愕然とする。彼、そして彼と共にやってきたトランスポーターは、Wに警告を送る方法を考えなくてはならないだろう。
DM-ST-1 生存強気に偉ぶる子供、弱気で臆病そうな子供、彼らの心には隔たりこそあれど、現状互いを頼らざるを得ない。Wは可能性を、そして自分自身を目の当たりにした。

ウォルモンドの薄暮

ストーリー一覧を展開する

TW-ST-1 オークの老樹の下で火災が罪なき者たちの命を奪い、謎の感染者たちが機会を伺っていた。一方、フォリニックとスズランの二名は、不安げな面持ちでリターニアで失踪したアントの返事を待ち続けていた。しかし、やっと届いた一報は、現地の天災を報せるものだった。
TW-1 黙して語らず 戦闘前リターニアの街、ウォルモンドに到着した後、フォリニックとスズランは憲兵長のセベリンと出会った。彼はロドスに何か隠し事をしているようだったが、その疑念を追求する間もなく、市内で感染者たちの暴動が起こる。
TW-1 黙して語らず 戦闘後暴動を起こした感染者をなんとか制止した後、ロドス一行はウォルモンドに迎え入れられた。ウォルモンド側の歯切れの悪さにフォリニックは疑いを持ちながらも、アントの行方捜索を急ぐ。
TW-2 反乱の前哨 戦闘前フォリニックはウォルモンドを探索しながら、現地の少女タチヤナにアントについて尋ねた。しかし一行は感染者の集会に居合わせてしまい、その攻撃を受けることとなる。
TW-2 反乱の前哨 戦闘後ウォルモンドに潜入した部外者が暴動を煽ったようだったが、ロドスの助けもありなんとかその場は収まる。ウォルモンドとロドスの溝を埋めるために、タチヤナは二人をアントが設立した臨時拠点へ案内する。
TW-3 高塔の花火 戦闘前ここ最近医療拠点が火災に見舞われたという事実は、アントの凄惨な最期を意味していた。失意の底に落ちたフォリニックはアントの遺体を確かめに行こうとするが、その最中街へ攻め込もうとしているマドロック小隊に遭遇する。
TW-3 高塔の花火 戦闘後セベリンは感染者に自ら手を下そうとするが、フォリニック一行の帰還によりそれは未遂に終わる。誰もがそれに安堵した瞬間、都市の動力炉が破壊されたとの報せが届く。移動市街の動力が奪われてなお、天災の魔の手が眼前に迫る。
TW-4 復讐の魂 戦闘前フォリニックに問い詰められたセベリンは、一行を臨時の死体安置所へ案内する。そして、フォリニックはそこで親友との再会を果たした。その最中、市民の中で見え隠れする冬霊人の影を捉えた一同は、彼らが暴動を扇動した真犯人であるという疑いを強める。
TW-4 復讐の魂 戦闘後アントの死を知り、行き場のない怒りと焦りを顕にするフォリニックだったが、スズランに説得され冬霊人に関する手がかりを探し始める。それと時を同じくして、グレースロート一行は武装感染者のリーダーと遭遇する。マドロックと名乗ったその人物は、レユニオンのシンボルを身に着けていた。
TW-5 冬霊挽歌 戦闘前日が沈みゆく街道に歌声がこだました。セベリンはそれを敵の信号と推測し一帯に捜査網を敷く。しかし、戦闘を制止し救助活動を行うか、犯人探しを続けるかでスズランとフォリニックの意見は真っ二つに分かれる。
TW-5 冬霊挽歌 戦闘後市民を守るため、タチヤナは命を賭して暴動の渦中に飛び込む。幸いにもグレースロートとエアースカーペが駆けつけたが、暴動は制御不能に陥る一歩手前であった。
TW-6 蔓延する怒り 戦闘前危機の最中にいたタチヤナだったが、グレースロートによって命からがら救出される。そんな中、フォリニックが反乱者の一人を尋問し、ウォルモンドで起きた暴動の真相の一部と、「レユニオン」の関与を知る。
TW-6 蔓延する怒り 戦闘後現状を憂うマドロック、「最後の冬霊人」を名乗る老人と出会ったスズラン、手がかりの不一致に気づいたグレースロート、それぞれがそれぞれの想いを抱く中、激しさを増す市民の感情は、爆発寸前となっていた
TW-7 山脈の崩落 戦闘前スズランが新たな手がかりを皆に共有し、それについて議論を交わしていると、怒りに満ちた市民が独断でドデカフォニー通りを包囲しに行ったとの報せが入る。市民の脅威に気づいたマドロック小隊もウォルモンドに歩を進め、事態は悪化の一途をたどる。
TW-7 山脈の崩落 戦闘後街が三つの勢力によって混戦模様を挺する中、セベリンは持病に倒れる。グレースロートが発見した容疑者も既に死んでおり、手がかりはそこで途絶えた。それらの出来事は、フォリニックを動揺させるには十分だった。一方、決意を固めたマドロックは、ついにその真の力を見せつけようとする。
TW-8 月光の零落 戦闘前市民が焼死する様子を目撃したタチヤナは平静を失い、容疑者の死によりフォリニックは再び失意のどん底に落ちた。しかしそれでも、戦場は彼女を待ってはくれない。今ロドスの前に立ちはだかるのは、レユニオンのサルカズ部隊「マドロック小隊」なのだから。
TW-8 月光の零落 戦闘後進退窮まった戦いは、セベリンの介入により終演を迎える。セベリンは自らの死を以て暴動を収めようとしたが、ロドスがそれを制止する。マドロックも考えを改めたのか、争いを鎮める側に加担する。
TW-ST-2 燃え滓の上で暴動は収束を迎えたが、一同に知らされたのは、真相は未だ手の届かないところにあるという現実だった。だが、街の安寧のためにもそれは心の奥底にしまっておくことしかできないだろう。街は再び一致団結し、天災の魔の手から逃れなければならないのだから。
TW-S-1 三体の巨像ビーダーマンは窓の外を眺め、身体の奥底から湧き上がる恐怖を感じた。それは放火どころではない、恐ろしい提案だった。
TW-S-2 一束の哀悼火災の現場で、フォリニックとグレースロートは献花に来たマドロックと再び出会う。このウォルモンドでは、誰もが何かを止めようと足掻き、誰もが失敗したのだ。

帰還!密林の長

ストーリー一覧を展開する

RI-1 落下物 戦闘前ガヴィルの故郷に向かう道中、一行を乗せた飛行装置は謎の攻撃を受け墜落する。ガヴィルとケオベはドクターを起こし、飛行装置の墜落地点へ向かった。しかしそこで、飛行装置が包囲されている様子を目の当たりにする。
RI-1 落下物 戦闘後相手を退けた後、ガヴィルはそれが昔の知り合いの部下であることに気付く。その後一行は、飛行装置のエンジンが奪われたことを知る。その時ガヴィルの崇拝者であるトミミが現れ、一行は別行動をとることに。
RI-2 太さ比べ 戦闘前道中でトミミはこの一帯の情況をドクターに説明した。その最中、尻尾のことで言い争っている集団がガヴィルの注意を引いた。
RI-2 太さ比べ 戦闘後紆余曲折を経て、一行はようやく目的地――祭典の会場に到着した。
RI-3 昔話 戦闘前祭典を観戦しながら、トミミはドクターにガヴィルの小さい頃の武勇伝を語った。そのとき、ケオベが祭典に乱入する。
RI-3 昔話 戦闘後未だ夢の中にいるケオベは、大暴れした後どこかに行ってしまった。ガヴィルが追ったが結局見失ってしまう。
RI-4 機械獣の咆哮 戦闘前ガヴィルの旧友であるズゥママが現れ、場の熱は最高潮に達した。
RI-4 機械獣の咆哮 戦闘後向かう所敵なしのズゥママを見て、我慢ならなくなったガヴィルはステージに上がりズゥママに挑む。危うく敗れそうになったズゥママは切り札――機械の巨獣「ビッグ・アグリー」を持ち出した!
RI-ST-1 密林の長ガヴィルは失神から目を覚ますと、潔く負けを認めた。しかしズゥママが鉱石病罹患のリスクを無視して鉄鉱石を採掘している可能性があると知り、ズゥママに問いただすことを決める。
RI-5 それぞれの長所 戦闘前トミミは所用により一旦一行と離れる。その後、ガヴィルとドクターはイナムの部族で、はぐれていたクロワッサンを発見する。イナムと談笑していると、部族は襲撃を受ける。その襲撃者はなんとウタゲだった。
RI-5 それぞれの長所 戦闘後ウタゲが連れていた者たちを倒した後、彼女から襲撃の理由を聞いた一行は、思わず苦笑した。その後、イナムから語られるトミミの話に、ガヴィルは感銘を受けた。大所帯となった一行は引き続き歩を進める。
RI-6 邂逅 戦闘前自分の部族の縄張りに戻る最中、ズゥママはガヴィルが自分を探していることを知った。クマールという戦士が、ガヴィルを止めに行くと名乗りを上げた。しかし彼女はガヴィルに出会う前に、ブレイズに遭遇するのだった。
RI-6 邂逅 戦闘後思わぬ計画が、一行の知らないところでひっそりと蠢いている。その一方、クマールを担いだブレイズも、ようやくドクターたちと合流した。
RI-ST-2 憩いのひと時トミミの部族で、操縦士のディランとLancet-2が何気ない話をしている。滝の下で、ドクターたちが休憩を取っているところに、ケオベが突然乱入してきた。その後彼女は、ズゥママの部族の方へ駆けていった。
RI-7 先客 戦闘前ズゥママの部族にて、エンジンを搭載したビッグ・アグリーが再び起動する。
その瞬間、ケオベが一人で部族に乗り込んだ。ズゥママはその相手にと、部下をけしかける。
RI-7 先客 戦闘後駆け付けたガヴィルがケオベを正気に戻すと、場はようやく収まった。話し合いの後、ガヴィルはズゥママを誤解していたことに気付くが、やはり戦いは避けられないようだ。
RI-8 ガヴィルの拳 戦闘前ズゥママはガヴィルに勝たなければならない理由を述べた。しかし話の途中で、エンジンの出力を上げすぎたビッグ・アグリーが暴走を始めた。一行はビッグ・アグリーを止めるために力を合わせる。
RI-8 ガヴィルの拳 戦闘後ビッグ・アグリーが倒れた後、ズゥママは負けを認め、大族長の座をガヴィルに譲った。その後ガヴィルは大族長の座をトミミに譲ろうとするが、それは逆にトミミの行動を決定づけることとなった。
RI-9 さらば密林 戦闘前トミミの裏切りによって、今回の事件のパズルの最後のピースがはまった。彼女の計画はもう完成間近だ……
RI-9 さらば密林 戦闘後トミミは切り札を使うが、その手はドクターが早々に看破していた。これにてようやく一件落着だ。最後に、トミミ、ズゥママ、クマールは、ドクターたちと共にロドスに行くことに決めた。
RI-EX-1 東に声して西を撃つ車がエネルギー切れとなり、AUSは補給のためにやむなくジャングルに踏み入った。AUSとその音楽は、ジャングル中で大きな反響を呼んだ。

マリア・ニアール

ストーリー一覧を展開する

MN-ST-1 登壇世話になっている老人たちの車を修理したマリア・ニアール。その後彼女はなんと、騎士競技の試合会場に現れる。
MN-1 エレンズチョイス 戦闘前怒ったゾフィアはマリアを訪ね、騎士競技を諦めさせようとする。しかし逆にマリアのコーチになるよう説き伏せられるのだった。
MN-1 エレンズチョイス 戦闘後叔父のムリナールの反対を押し切り、マリアはゾフィアによる訓練を数週間にわたって受け、ある程度の戦闘技術を習得する。
MN-2 ロアーガード 戦闘前先の一戦で名を揚げたマリアの評判は多くの敵を引き寄せた。次の戦いではロアー騎士団の先鋒“プラスティック”シェブチックが立ちはだかる。
MN-2 ロアーガード 戦闘後合成樹脂騎士の弱点に気付いたマリアは、見事逆転勝ちを収めた。それにより、彼女にはさらなる注目が集まることとなる。
MN-3 ローズ新聞 戦闘前試合後の祝勝パーティーで、皆がそれぞれの過去を話しているところに、企業からのスポンサー依頼が舞い込んだ。そうこうしているうちに、次の試合はもう目前だ。
MN-3 ローズ新聞 戦闘後残虐な錆銅騎士に立ち向かったマリア。全力を尽くして何とか引き分けるも、ケガを負ってゾフィアにこっぴどくられたのだった。一方で、無冑盟が何やら不穏な動きを始めたようだ。
MN-4 グローリーシールド 戦闘前ついに表立って動き出した代弁者は、大会関係者と個人的なやり取りをして何やら企んでいる様子。マリアはゾフィアの提案に従い、次の作戦を決めた――団体混戦に参加するのだ。
MN-4 グローリーシールド 戦闘後マリアは、焔尾騎士との激戦の末に好成績を収めた。一方、時を同じくして、悪い知らせがゾフィアの耳に入ったのだった。
MN-5 スウォマー食品 戦闘前マリアの人気の上昇は、彼女に多くのトラブルをもたらした。ゾフィアは潮時と見て切り上げることを勧めるが、マリアは聞き入れない。二人の意見は平行線となり、怒ったゾフィアは出て行ってしまう。
MN-5 スウォマー食品 戦闘後合成樹脂騎士には代弁者の計略が、焔尾騎士には想定外の出来事が待ち受けていた。マリアも叔父と再び口論になるなど、騎士たちは試合以外でも、平穏な時を過ごすことはままならない。
MN-6 ブルーイヤー酒造 戦闘前マリアは、バーに訪れた代弁者と対峙する。彼が去るとまもなく、負傷した焔尾騎士と灰毫騎士が、追い詰められた様子でバーに逃げ込んできた。
MN-6 ブルーイヤー酒造 戦闘後久しぶりにバーへとやってきたゾフィアだが、マリアの対戦相手を知らされて驚く。そしてマリアは、左腕騎士の圧倒的な実力を前に過去最大のピンチを迎えるのだった。
MN-7 ミェシュコグループ 戦闘前大勢の人々が注目する中で、マリアは何かを決心したようだった。マリアの本気の思いをその目で見届けたゾフィアは、自らも気持ちを改めた。
MN-7 ミェシュコグループ 戦闘後相手を侮った左腕騎士は、マリアに勝機を与えてしまった。しかしマリアは勝利したにもかかわらず、喜ぶことなく困惑した表情を見せる。そして、左腕騎士が破れたことにより、暗い影が蠢き出す。
MN-ST-2 ワイングラスマリアの勝利の裏で、代弁者と無冑盟も動き始めた。全ての陰謀は、次の大きな試合へと向けられている。
MN-8 商業連合会 戦闘前決まっていたパートナーが突如として失踪し、マリアは一人で試合に臨むことに。裏で企てられた陰謀により、想像をはるかに超える凶悪の敵が、マリアの前に立ちはだかる。
MN-8 商業連合会 戦闘後絶体絶命の窮地に陥るマリア。その瞬間、溢れる光が会場を覆った。光とともに現れたのは伝説の耀騎士。心を一つにした姉妹による栄光への戦いが始まろうとしていた。
MN-ST-3 静かなる旅立ち事態を収拾し、騎士たちは再び新たなる長い旅路に就く。
セントラルジャーナル#1 
セントラルジャーナル#2 
セントラルジャーナル#3 
セントラルジャーナル#4 
セントラルジャーナル#5 
カヴァレリエルキスポーツ#1 
カヴァレリエルキスポーツ#2 
カヴァレリエルキスポーツ#3 
カヴァレリエルキスポーツ#4 
The RED WINE News#1 
The RED WINE News#2 
The RED WINE News#3 
The RED WINE News#4 
The RED WINE News#5 
特別メール 

孤島激震

ストーリー一覧を展開する

MB-1 密会 戦闘前サイレンスとメイヤーは、謎の人物からバーに招待された。そこで二人を待ち受けていたのは、生態課の主任ミュルジスと彼女による脱獄に関する情報の取引だった。
MB-1 密会 戦闘後監獄に潜入したカフカは、救出作戦の対象であるアンソニーをうまく見つけ出した。しかし相手との接点を確立するために、何か有効な手段が必要だった。
MB-2 別の視点から 戦闘前ミュルジスは、カフカよりも、アンソニー救出チームのもう一人――ロビンの視点に興味があるようだった。彼女の要求に応じて、サイレンスは違う角度から説明を行った
MB-2 別の視点から 戦闘後ロビンは監獄内の雰囲気や、これから行うことに抵抗があった。しかし父親の治療費のため、彼女もどうにかアンソニーと接触する方法を見つけ出した。
MB-3 最初の襲撃 戦闘前マンスフィールド監獄の実態と、その背後に潜むものにサイレンスは大きな衝撃を受ける。そして脱獄の経緯について自分の代わりにメイヤーに話してもらうのだった。
MB-3 最初の襲撃 戦闘後ロビンは、突然のアンソニー暗殺事件に巻き込まれ、意識を失う。同じく暗殺に巻き込まれてたカフカは、要領よく立ち回った結果、アンソニーとのつながりを確保することに成功した。
MB-ST-1 招待物語の外では、ミュルジスがメイヤーを自身の研究チームに誘う。そして物語の中では、アンソニーがロビンを脱獄チームに誘った。
MB-4 勇敢、かつ無鉄砲 戦闘前なかなか戻ってこないサイレンスの様子をメイヤーが見に行くと、彼女はひどく落ち込んでいる様子だった。サイレンスはメイヤーに自分がこの件に関わった理由と、カフカの過去を話し始めた。
MB-4 勇敢、かつ無鉄砲 戦闘後サイレンスは未知だった多くのことへ、そして自分が今行おうとしていることへの恐れを、メイヤーに打ち明けた。慰めることができないメイヤーだが、少なくとも彼女に一時の勇気を与えられた
MB-5 危険な取引 戦闘前サイレンスがミュルジスとの会話に戻る。今回、彼女の意思がより強く見えた。
MB-5 危険な取引 戦闘後ロビンの監房には、招かれざる客が来ていた。彼は自分も殺し屋だと名乗る。その目的は、ロビンとある取引をすることだった。
MB-6 計画の制定 戦闘前サイレンスとミュルジスの舌戦はまだ続いていた。メイヤーがある事実を明らかにした――脱獄チームのメンバーで、納棺師のドゥーマが監獄を去るつもりはないということだ。
MB-6 計画の制定 戦闘後脱獄の段取りについて話すサイレンスは、静かに脱獄の全貌を明らかにした。
MB-7 裏切り 戦闘前ついに脱獄の日が来た。しかし、決行の時間になっても、ロビンは現れない。カフカとアンソニーがメインコントロール室へとやってきた時、二人の前に立ち塞がったのはまさにロビンだった。
MB-7 裏切り 戦闘後ロビンによる足止めがあと一歩で成功するところで、塔の仕掛けは起動した。轟音とともに塔が地下に沈んでゆく。暗闇の中、アンソニーとの間で交わされた会話がロビンの心を揺さぶる。
MB-8 激戦の末 戦闘前霊安室では、ジェッセルトンが待ち構えていた。彼はドゥーマを人質にアンソニーを脅し、ロビンに選択を迫る。しかしロビンはアンソニーを助けることを選んだ。
MB-8 激戦の末 戦闘後ジェッセルトンの周到な計画に翻弄され、アンソニーたちは徐々に劣勢へと追いやられていく。脱獄が失敗に終わるかと思われたその時、救援に駆けつけたのは、サリアだった。
MB-ST-2 正しさの代償全ての物語が語り終えられた。そしてミュルジスが真の目的を明らかにし、ある取引を提案するがサイレンスに拒絶される。最後に、ミュルジスは忠告を残して去り、一行はロドスへの帰路に就いた。

画中人

ストーリー一覧を展開する

WR-ST-1 恩義ニェンの依頼を受けて炎国へと足を運んだラヴァとクルースは、運悪く事故に巻き込まれたトランスポーターのウユウを救出する。ウユウの提案の下、一行は彼の道案内に従い灰斉山(かいせいざん)へと向かう。
WR-1 目覚め 戦闘前講談師の物語を聞き終わると、ラヴァたちはいつの間にか不思議な町にいた。数々の異変により、彼女らは自分たちがすでに面倒に巻き込まれていることに気付いた。
WR-1 目覚め 戦闘後講談師の物語を聞き終わると、ラヴァたちはいつの間にか不思議な町にいた。数々の異変により、彼女らは自分たちがすでに面倒に巻き込まれていることに気付いた。
WR-2 墨魎 戦闘前町の講談師である煮傘居士(しゃさんこじ)のもてなしによって、ラヴァたちも「婆山町(ばざんちょう)」について多くを知った。だがそれは、現実の炎国のものとはどうしても結びつかなかった。その時、極東から来たという、とある客僧が話しかけてきた。
WR-2 墨魎 戦闘後ラヴァ、クルース、ウユウは手分けして町で手がかりを集め、突破口を見出そうとした。すると「墨魎」と名付けられた化け物が再び襲撃してきたのだった。
WR-4 女将 戦闘前客僧のサガは驚くべき実力を見せた。それだけでなく、彼女は墨魎の言葉を理解できるようだった。ラヴァは困惑したが、それでもサガと共に戦場を片付けると、街角にひっそりと佇む寂れた質屋を訪れた。
WR-4 女将 戦闘後少女を連れて逃げたウユウは、どうにかクルースとの合流に成功。一方、サガ、レイ、ラヴァの三人は、しばらく質屋に隠れていた。どうやら店主のレイは何かを知っている様子だった。
WR-5 拙山 戦闘前サガはラヴァに驚くべき物語を話す。そしてレイは、どうにかしてラヴァに手がかりを暗示しようとしていた。クルースとウユウも、皆と合流したが、落ち着く暇もなく、空の色が急変した。
WR-5 拙山 戦闘後昼と夜の移り変わりがなぜか正常に戻った。墨魎も太陽を恐れなくなり、町民を襲い始めた。皆は必死で町民を守り、ウユウも意外な実力を発揮する。だが、依然として力及ばずだった。
WR-ST-2 一日の災い災難が去った後、婆山町では家を失った難民で溢れた。ラヴァたちも町の再建を手伝ったが、その惨状に、落ち込みを隠せなかった。その頃、普段とは違う様子の講談師がレイの元を訪れていた。レイはすぐにそれに気がつき、彼にある物語を話した。
WR-6 画中 戦闘前皆が目を覚ますと、なんと町は昨日の災難など発生しなかったかのように、全て元通りになっていた。ラヴァたちはすぐレイを訪ね、事の経緯を話した。するとレイはこの地の「法則」を打ち明けた。
WR-6 画中 戦闘後再び墨魎の襲撃を退けた後、皆は次第に現状を受け入れはじめた。ウユウは心を開き、実力を隠していた理由を全て話した。この嘘か真実か分からない場所で、皆は喩えようのない閉塞感に包まれる。
WR-8 夢幻 戦闘後何度も繰り返し町を守る毎日に、ラヴァ、ウユウ、クルースは辟易し始めていた。その時、レイが「墨魎は爆竹を怖れる」という情報を携えてきた。
WR-8 夢幻 戦闘後十年も絵巻の中を渡り歩いたサガは、朦朧とした夢が醒めるようについに「シー」の真実の姿を目にする。
WR-10 夕 戦闘前儚い夢から目覚めた一同が見たのは、出し抜けに現れたニェンが、探していた妹のシー本人と対峙する姿であった。
WR-10 夕 戦闘後姉妹の決戦は無数の絵に跨って繰り広げられた。しかし最後に、二人の罵り合いは突然現れたサガによって遮られる。しばしの問答の末に、シーはひとまずニェンの説得に応じる形で落ち着いた。
WR-ST-3 答えロドスに到着したシーは、過去のとある出来事を思い出していた。しかし彼女が今最も気にしているのは「ケルシー」と「ドクター」が何者かということだった。

オペレーション オリジニウムダスト

ストーリー一覧を展開する

OD-ST-1 コード「ラマルク」レインボー小隊はウラル山脈内の廃棄ラボに襲撃を実行、レヴィ・クリチコというマッド・サイエンティストを捉えるべく行動した。が、彼らは思いもよらぬ突発事件に巻き込まれた。
OD-1 外勤記録 戦闘前レンジャー他数名のロドスオペレーターの外勤任務に不慮の事故が発生。帰還用の乗り物がなくなってしまったため、四人のオペレーターはサルゴンの砂漠を徒歩で渡りきることを強いられた。
OD-1 外勤記録 戦闘後ロドスの外勤チームは謎の変異生物に襲撃された。加えて、意外にもロドスの隠れたセーフハウスからの救援信号を受信した。チーム一同は調査に赴くことを決意した。
OD-2 防衛範囲拡大 戦闘前レインボー小隊のメンバーが事故によってテラの大地にトリップしてから、すでに半年の時が過ぎようとしていた。驚きと戸惑いから持ち直した彼らは、テラでの生活に次第に慣れていった
OD-2 防衛範囲拡大 戦闘後感染生物と奇妙な傭兵たちはロングスプリングの感染者地区を襲撃した。レインボー小隊は感染者たちが難を逃れられるように手を尽くすが、状況は急変した。
OD-3 セーフハウス攻防戦 戦闘前レインボー小隊とロドスのセーフハウス管理者との間に協力協定が結ばれ、地区の感染者たちはセーフハウスに避難した。だが、傭兵と襲撃者はなおも彼らの後を追ってきた。
OD-3 セーフハウス攻防戦 戦闘後ロングスプリングのセーフハウスに駆けつけたロドス小隊は、セーフハウスを襲撃している傭兵と変異生物を目の当たりにした。ロドス小隊はレインボー小隊と協力し、襲撃者を撃退した。
OD-5 物資回収計画 戦闘前ロドスのオペレーターとレインボー小隊のオペレーター間で協力協定が結ばれた。双方とも保守的な行動方針を選び、できる限り町の混乱の件以外では政治的な紛争に巻き込まれないように、セーフハウスの守りを固めることを専念することにした。
OD-5 物資回収計画 戦闘後セーフハウスの物資と食料が不足し始めた。ロドスのオペレーターから、破壊された感染者地区から押収されなかった食料などの補給を回収するという提案が上がった。だがその実行中に、彼らはロングスプリングの領主の衛兵隊と遭遇してしまう。
OD-6 領主邸攻防戦 戦闘前ロングスプリング領主の衛兵隊の隊長は非常に横暴で会話が通じない者だった。彼女はロドスとレインボー小隊のオペレーターたちの駆逐を命じ、感染者たちを全て連れ去ってしまった。
OD-6 領主邸攻防戦 戦闘後ロングスプリング領主の長男が権力の強奪を企み、傭兵と変異生物に領主への襲撃を命じた。領主の衛兵隊は襲撃の中で全滅してしまい、ロドスはレインボー小隊と協力し反乱軍と交戦した。
OD-ST-2 とある葬式領主長男の反乱は鎮められた。だが、一人の感染者がそのために命を落とした。レインボー小隊は彼の墓の前で友人を偲ぶ。ロングスプリングは依然として混乱したまま、戦いはまだ終わらない。
OD-7 最終防衛線 戦闘前レインボー小隊はロングスプリングの危機を根本から断つことを決意した。戦術を定めたのち、戦力を分散、Ashがチームを率いて坑道内に潜む災難の源を消滅させようとする。
OD-7 最終防衛線 戦闘後変異生物の数ははかり知れず、領主の屋敷を防衛するオペレーターたちは苦戦を強いられていた。Tachankaは他の者が避難所へ退避するための殿を務めた上で、一人全てに立ち向かおうと決意する。
OD-8 浸透作戦 戦闘前計画通り、Ashはロングスプリングの坑道内にたどり着いた。全ての真実が暴かれた。マッドサイエンティストのレヴィもこの大地にトリップしており、ここで領主の長男と組んで自身の狂った実験を引き続き行っていた。
OD-8 浸透作戦 戦闘後激しい戦いの結果、レヴィと彼の生み出したモノはロングスプリングのはるか地下に葬られた。領主の屋敷を防衛するオペレーターの元にも、意外な増援が駆けつけた。
OD-ST-3 大地を行くロングスプリングの危機は円満に鎮められた。レインボー小隊はロドスで登録を行った。短期の駐在を経て、彼らはロドスを後にし、元の世界に戻る方法を捜すべく荒地へ向かっていった。

遺塵の道を

ストーリー一覧を展開する

WD-1 囲まれたレッドホーン 戦闘前現代。サルゴンへと任務に向かったシェーシャとヘビーレインは、謎の来客を受ける。それは、二十数年前にイバト地区で起きた、とある箱の争奪戦に関する、数奇な因縁と繋がっていた。
WD-1 囲まれたレッドホーン 戦闘後二十二年前。クルビアのある企業が、サルゴンにとある原型サンプルを密輸した。複数の勢力がそれを巡って争い、血が流れた。ケルシーは最後の生き残りであるエリオットを保護し、共に旅立つのだった。
WD-2 オアシスの霹靂 戦闘前名もなきウルサスの辺境の村で、一人の医師が急性感染者の緊急手術をしていた。ちょうどその時、医師の過去に関わる者――石棺事件の犠牲者の家族であるリリアが彼女を訪ねた。リリアは彼女に、自身の復讐への助力を願った。
WD-2 オアシスの霹靂 戦闘後ケルシーとリリアのパインバレー療養所潜入から、しばらくの時が経過していた。復讐の対象である大公に近づく機会をうかがう中、ケルシーはある異変に気付いた。
WD-3 サボテンの丘 戦闘前十三年前。ヴィクトリア、トロン郡。この地を治めるヴィンセント伯爵は、ディナーパーティーの客人を荘園の入口で出迎えていた。少女ハイディは密かに忍び込もうとするも、伯爵に見つかってしまう。
WD-3 サボテンの丘 戦闘後パーティーでは、貴族たちが談義に花を咲かせていた。会話に入り込めずにいたハイディは、ケルシーに話しかけ、二人だけになるチャンスを得た――実は、少女はある特別な任務を背負っていた。
WD-ST-1 パインリリー突然の財務大臣ヴィッテの訪問で、療養所内が慌ただしくなった。ケルシーはこのまたとないチャンスを逃さなかった。彼女は大公に注射を打ち、罪人が旅立つまでの最後の時間を共に過ごすのだった。
WD-5 沁礁の地 戦闘前舞台は再び現代、サルゴンに戻る。シェーシャとヘビーレインは、突然ロドスへの加入を希望してきた謎の来客「サンドソルジャー」に、慎重に対応していた。彼の正体は、どうやらケルシーと関わっているようだった。
WD-5 沁礁の地 戦闘後二十二年前。「サンドソルジャー」になる前のエリオットとケルシーは、沁礁闇市から共に国外への脱出を目論んでいた。そのためには闇市へと導いてくれる手助けが必要だったが、その人物はちょうどケルシーの前に現れたのだった。
WD-7 故郷 戦闘前ケルシーたちが身を隠していた拠点をサルカズの傭兵が襲撃する。激戦は避けられない。
WD-7 故郷 戦闘後闇市に着いたケルシーたちはイシンの助けのもとで旅の準備を始める。しかしエリオットは同行をためらった。彼は己の過去を終わらせるため、サルゴンに留まることを選んだ。
WD-8 大雪来たれり 戦闘前ヴィクトリアの荘園に降る雪がいっそう強くなる。ハイディと彼女の父は、密かにヴィクトリアの平和のために尽くしていた。ハイディとケルシーの密談中、辺りに舞う雪が黒く染まり、ウルサスの意思が静かに現れた。
WD-8 大雪来たれり 戦闘後ケルシーはどうにか近衛兵に手傷を負わせたが、彼女もダメージを受けた。対話の末に、近衛兵は一旦ケルシーの主張を認めて去る。ケルシーの怪我は浅くなかったが、カズデルからの手紙を見た彼女は次に向かう目的地を決めるのだった。
WD-ST-2 異郷より来る者サルゴンで長い年月を過ごしたエリオット。彼の周りの者は皆運命は予測できないものだと言っていたが、運命が彼にいたずらをした。そして今日、彼はケルシーに再会したのだった。

潮汐の下

ドッソレス・ホリデー

ニアーライト

ストーリー一覧を展開する
   
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

オムニバスストーリー

戦地の逸話

ストーリー一覧を展開する

無名氏の戦争Scoutに救出されたロドスの前衛オペレーターは、ヘラグがパトリオットと話しているタイミングで目を覚ました。
Scoutが残した依頼に向き合い、前衛オペレーターも自分の決断を下した。
破局せし者Wはチームを率いて、傭兵部隊から抜けた裏切り者を抑えた。対立の末、エンカクはレユニオンの包囲を突き破る。
そして、ロドスにやってきたエンカクを、もう一人の知り合いが待っていた。
射撃訓練リスカムとフランカの指導のもと、ジェシカは自分のトレーニングをこなす。彼女は実際は優秀なのだが、まだ少し自信に欠けるところがあった。
公正の存続ラテラーノ公証人役場の公証人イグゼキュターは、依頼を執行しにシラクーザへ向かった。イグゼキュターは依頼の対象者であるヴァーミルを見つける。依頼に従い、ヴァーミルに治療を受けさせるべく、イグゼキュターは彼女をロドスに連れて行くことになった。
宿題イフリータとレッドが宿題をめぐって言い争いになった。イフリータは感情をコントロールできなくなり、暴走しかけてしまう。だが最後には周囲の助けを借りて自身をコントロールすることに成功したのだった。
北極星北の地にある観測ステーションでは設備の異常が発生していた。マゼランは今後やって来るかもしれない探検家のことを考え、危険を冒してでも修理のために外に出ようとしていた。しかしその瞬間、彼女を迎えに来ていたオペレーターのサンタラが彼女を呼び止めた。
和光同塵ロドスの廊下が停電になったので、クロージャがケルシーを誘い、一緒に回路をチェックすることになった。クロージャの導きを受けた人、例えケルシーでさえも本音を吐き出してしまう。

洪炉示歳

午後の逸話

ストーリー一覧を展開する
 コンパでもやろうよバニラがメランサとスチュワードにペットのお世話を頼んでいると、感染者の少女とブレイズがやって来る。彼女たちは、任務が終わったら治療中の子たちのお見舞いに行き、コンパを開く約束をする。
日記帳フィリオプシスが日記をつけている。彼女には、忘れたくない大切な人や物事を、日記に記録する習慣があるのだ。ただ今は、字を書くよりも、直接その大切な人たちと話がしたいようだ。
本日のキッチンマッターホルンはシルバーアッシュの言いつけにより、クリフハートの昼食を用意する。お腹を空かせてやって来たイーサンにも料理を作ってやったマッターホルンだったが、イーサンからお返しがあるとは想像もしていなかったようだ。
流れ者の帰る場所ハイビスカス姉妹が連れ帰った流浪者をヴァルカンに一旦預けると、ヴァルカンは彼女にケオベと名前を付けた。ケオベがロドスに加入するかは、彼女自身の判断に委ねられた。
自業自得後方支援部への加入を迷うオーキッドに、ミッドナイトが自身の過去を語る。
過去がどんなものであれ、大切なのは「今」、そして「どんな生活を送りたいか」なのだ。
前へフェンとビーグル、クルースがドーベルマンの部屋を訪れる。掃除を手伝う中、ふと、古びた認識票が目に入る。ドーベルマンは過去をあまり語らないが、今日はその気になったようだ。

ウルサスの子どもたち

ストーリー一覧を展開する

習慣ジュナーがグムの攻撃時の不思議な癖を指摘する。グムはそれを克服しようと試みるが、失敗に終わる。彼女の癖は過去の経験が残した傷跡であり、それが完全に癒えるには、まだ時間がかかりそうだ。
選ばされた答えイースチナが宿舎でセルフケアを試みていると、メイがドアを叩いた。どうやら、メイと共にウルサス学生自治団のメンバーであるナターリアもやって来たようだ。
夢の中で悪夢から目覚めることができないズィマー。彼女はいつもそんな悪夢を見る。と言うよりも、彼女はずっとそんな悪夢を見続けているのだ。
ジレンマズィマーが自治団の仲間であるナターリアを訪ねる。二人はお互いに、相手に聞きたい問題も、誰かに吐き出したい悩みもあった。問題の解決には至らなかったが、彼女たちはこれからも共に歩む。
デタラメ冒険譚はちみつジュースに酔ったリェータは、ビーハンターに彼女の「輝かしい功績」を語る。そこで語られた話には、他の自治団メンバーすらも知らない情報も含まれていたのかもしれない。
いつも通りウルサス学生自治団で、唯一後方支援部に所属しているナターリアから、アーミヤ宛てに前線への異動申請が届く。ドクターはアーミヤと相談後、その少女のもとを訪ねることにする。
春になったら占領された学校から逃げ出したゾーヤは、その途中で父親の同僚と出会い、現状を知る。母親は生死不明、父親は学生を救援する為にペテルヘイム高校へ向かったという。

在りし日の風を求めて

ストーリー一覧を展開する

帰る場所スルトとメテオリーテは連れ立って任務地点――辺鄙な鉱山集落であるベルーニ村へやって来た。ロドスの任務に加え、スルトはここで自分の過去の痕跡を探す。
異郷の同胞アレーンは証明書のサインを貰いに工房へ行くが、あいにく見習いのアドナキエルしかいなかった。無駄足を踏みたくないアレーンは同族であるアドナキエルに武器の検査を頼み、ついでにサンクタ人について話をする。
郷関を出ずセイリュウと炎国の伝統的な祭日について語り合っていたエリジウムは、武器のメンテナンスのことでソーンズに教えを請いに来たアブサントと出会う。話しているうちに、エリジウムは自分の故郷を思い出す。
振り返るマドロックは小隊を率いてカズデルまでやって来たが、謎の術師の襲撃に遭い、前進するか、過去の深淵へ戻るかの選択を迫られる。
四月の歌任務から帰還したエイプリルは、トランスポーターと話していたアンセルを見かけて興味を持つ。彼との対話を経て、エイプリルはそれまで思いもしなかったことに気づく。
光と影の交錯ミス・クリスティーンの導きでファントムを見つけた人事オペレーターは、プロファイルの内容に関していくつか質問をする。彼の回答に嘘はなかったが、その内容は居合わせた者たちを困惑させた。
天空の物語物語が物語を呼び、多くの物語が語られる。幼いオペレーターたちが祭日のパーティの合間に語ったのは、古より伝わる各地の天空の物語であった。

彼方を望む

ストーリー一覧を展開する

続かずホシグマは久しぶりに愛車にまたがった。車上で風と一体化して、貴重な休日を過ごすことにした。そして、駆け抜けた道の先で意外な人物に会うのだった。
荒野悠々シラクーザ中西部の荒野、街から逃げ出した三人の青年は、盗んだ車を運転し、新たな旅を始めた。
不滅の童話二十年前の約束を果たすため、アイリスはある人物の足跡をたどって旅に出る。途中、彼女は小さな鉱石病患者に出会うのだった
信仰という名の電車ランデン修道院の財政難を救うため、はるばる龍門までやってきたヒルデガルト。無事に一仕事終わらせた後、彼女は自分とこの大地とのつながりについて考え始めるのだった。
あてのない旅新人オペレーターのグレイは、他の二名と共に、彼にとって初めての外勤任務へと急行する。しかし艦船外の見知らぬ世界に向き合うために、彼にはまだ時間が必要だった。
剣と天秤龍門を去ったチェンは、己がどう行動すべきかずっと考えていた。自らの目で、クルビアの「犯罪者」を取り巻く状況を確認した後、チェンは自らの決心を、より明確に捉え直すのだった。
よりよい自分ウタゲ、ミルラ、ビーンストークの三人は、任務の最中にイベリアの奇妙な噂話をし始める。しかし噂は噂。本当のイベリアは人々が想像するものとは異なっているかもしれない。

灯火の序曲

我が見聞のままに

レッドパイン

ストーリー一覧を展開する
   
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

0章

ストーリー一覧を展開する
   
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

その他

ケオべのきのこ狩り迷界

連動競技 ヒュムノイの叡智

ストーリー一覧を展開する

断罪者からの挑戦状

ストーリー一覧を展開する
タイトルとURLをコピーしました