アークナイツ

ストーリー翻訳






©Hypergryph Co.,Ltd. All Rights Reserved.
©2018 Yostar, Inc. All Rights Reserved.
当ブログ上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
  • 覚醒
    HOUR OF AN AWAKENING

  • 幻滅
    SHATTER OF A VISION
  • 残映
    SHADOW OF A DYING SUN

 

闇夜に生きる -Darknights Memoir
戦争を避ける道とは共存の道であり、共存の道とは憎しみを殺す道でもある。サルカズは生存を渇望し、サルカズは復讐も渇望する。
彼らの結果は一つしかない。一杯の飯、一つの静かな都市国家、一つの火種、一つの争いの標的。
ある人は種族の身分を捨て、戦場に身を投じる。ある人は、力の限りを尽くして戦火を遠ざけようとする。
長い夜に生まれた子供もいる。彼女はこの揺れ動く物語の中でどのように生きていくかを学んだ。
彼女は傭兵で、偽りの者で、手段を選ばない危険分子だ。
そして”根無し草”であり…サルカズでもある
闇夜に生きる -Darknights Memoir 翻訳ページ

遺塵の道を -Walk In The Dust
あても無く歩く者は大地を歩み、諸楼を見て立ち並び、文明は林立する。天災は猛威を振るい、源石は広がり、戦争は四方で起こり、火花が消えることは無かった。
破壊され、再構築され、最も堅固な時間も道の向こうへと捨て去られた。彼女は無数の学識に精通しており、ただ多くの職責を実践するために。時には目を瞠り見守り、時には自らの手で創り出し、時には破壊の化身となる。今でも彼女は彼女のままで大地を彷徨っている。幾万の生霊のように。
遺塵の道を -Walk In The Dust 翻訳ページ

潮汐の下 -Under Tides
海風がとあるメッセージを運んできた。一部細胞の抽出が成功した。彼らの組織形態は我々とは異なっているが、遺伝物質は合致する部分がある。そのため、神経がメッセージを受け取った時点で、我々の生理構造は変異した種子に埋められてしまった。
我々はそれを治療する事は出来るのだろうか?それとも適応させられるのだろうか?
上記で述べたこの死んだ町で起きた事件についての陳述は、序言でも無ければ、決して結論でも無い。
潮汐の下 -Under Tides 翻訳ページ

阿呆船 -Stultifera Navis
グランファロ、かつてイベリアの「復興」の重責を任された町。今は砂浜に座礁した船のように、役割を忘れ去られていた。アビサルハンターは陸地を捜索、ケルシーは歴史の中で算段し、イベリアは大いなる静謐で傷を負い、長い時間が経った。
しかし、彼らは決して諦めはしない。彼らは諦めるつもりが無いのだ。
今、イベリアは首を縦に振り、ハンター達の歩みは獲物に従って進み、過去の同胞が残した手掛かりを探す。故郷に帰る手掛かりは海を暴く手掛かりだ。或いは人にはまだ理解が出来ない、審判の扉を開ける、その神託が生まれた場所を伺うための……手掛かりだ。
その手掛かりを私たちはストゥルティフィラ”阿呆船”と呼んでいる。
これは世代の終点であり、世代の起点でもある。そしてこれは大地の最も完璧な縮図であり、必ず沈没する船でもある。
阿呆船 -Stultifera Navis 翻訳ページ

騎兵と狩人 -Grani and Knights Treasure
カジミエーシュの辺境にある村・滴水村は最近賞金稼ぎたちに占領されてしまった。
賞金稼ぎたちはここに埋められているという騎士の財宝を求めて、村を大いに荒らした。
救難信号を受け取った騎馬警官のグラニは、事件の解決に自ら名乗り上げた。
はたしてグラニは、賞金稼ぎたちを駆逐し、神秘なる騎士の財宝を見つけ、
滴水村に再びの平和をもたらすことができるのだろうか?
乞うご期待あれ。
騎兵と狩人 -Grani and Knights Treasure 翻訳ページ

青く燃ゆる心 -Heart of Surging Flame
黒曜石祭がシエスタ市で好評開催中!
ロドスのオペレーターたちも休暇やリラックスを求めてやってきた。
近くの火山が噴火間際であることをロドスのオペレーターたちは偶然知ってしまった!
しかし都市の管理者はその危険性を無視しようとしている?
暑さと音楽と戦闘の中で、ロドスは市長の娘であるセイロンと共に、
この難題に立ち向かう。
青く燃ゆる心 -Heart of Surging Flame 翻訳ページ

喧騒の掟 -Code of Brawl
フェンツ運輸の御曹司が待ち伏せに遭ってしまい危機一髪に?
彼を助けたのは父の伝手ではなく、ペンギン急便?
安魂の夜だというのに、龍門の中は不穏な動きが?
龍門の闇の支配者は一体誰なのか?
フェンツ運輸?ペンギン急便?シラクーザのマフィア?それとも別の誰かなのか?
龍門の夜空の下で、一晩限りの宴が始まろうとしている!
喧騒の掟 -Code of Brawl 翻訳ページ

ウォルモンドの薄暮 -Twilight of Wolumonde
失踪したアントの消息を追って、フォリニックとスズランはこの地へ訪れる。
ここはウォルモンド――リターニア冬霊山脈の「八つ目の月」。
天災により静寂に沈み、人々が疑心暗鬼に陥った移動市街である。
火難が命を焼き尽くすと、さらに多くの疑惑が燻り始める。
感染者と住民との対立も、レユニオンの到来により熾烈さを増してゆく。
果たして事態は収束に向かうのだろうか?そして真実は明らかになるのだろうか?
ロドスのオペレーターたちと共に、薄暮の裏に潜む真相に迫れ。
ウォルモンドの薄暮 -Twilight of Wolumonde 翻訳ページ

帰還!密林の長 -Gavial The Great Cheif Returns
ドクターとガヴィル一行が乗った飛行ユニットはガヴィルの故郷へ向かっていた。
サルゴンの奥地、アカフラである。
だが目的地までもうすぐというところで、飛行装置が撃墜される!
ドクターたちは徒歩で近くの集落に助けを求めざるをなかった。*1
広大なジャングルの中には一体どのような陰謀が隠されているのであろうか?
ロドス一行は飛行装置を修理して無事帰還できるのだろうか?
ガヴィル、ここは君の故郷だ。すべては君に託されている!
帰還!密林の長 -Gavial The Great Cheif Returns 翻訳ページ

マリア・ニアール -Maria Nearl
消費と娯楽こそ現代の騎士国の本流だ。
年若いマリア・ニアールは家族の地位を守るため、騎士競技に足を踏み入れなければならなかった。
しかし少女は今日の「騎士」という言葉が、一体どのような意味を含んでいるのかを知りはしなかった。
カジミエーシュの社会が実際にはどのように動いているかも……
マリア・ニアールの歩む道は、疑いなく険しく困難なものである。
マリア・ニアール -Maria Nearl 翻訳ページ

孤島激震 -Mansfeld Break
クルビアには移動都市から独立し、孤独に大地を歩く特殊な刑務所が存在している。この特殊な刑務所には往々にして厄介な人物が収監されることが想像出来る。そのような人物は彼等という存在だけで常人では想像することすら出来ない事を引き起こす可能性がある。アンソニーをめぐる事件はその一つだ――。
孤島激震 -Mansfeld Break 翻訳ページ

画中人 -Who is Real
炎国、勾呉城の地界、灰斉山の頂上。
ニェンの手によってお陰様で、依頼書一枚によって、本来静かな町である山水の町は混乱に陥った。奇異な天象により人は不安となり、見たこともない奇異な怪物も。
しかし、ラヴァはそれよりも前にとある問題について考えていた。
彼女たちは画の中にいるのか、それとも画の中に彼女たちが描かれているのか?
誰があれを描いた者で、いつになったらこの夢は覚めるのだろうか?
画中人 -Who is Real 翻訳ページ

オペレーション オリジニウムダスト -Operation Originium Dust
从磁山2号実験室からサルゴンの砂漠へ。
一人の狂人、一回の出動、一つの思いがけないこと、一つの奇遇。
4人の異郷の訪問客、4人はここに迷い込んだオペレーターだった。
銃器による轟音の中で。
異なる世界の文化と認知が入り混じり衝突する。
この小さなサルゴン砂漠の町では陰謀と災難が醸造されている。
オペレーション オリジニウムダスト -Operation Originium Dust 翻訳ページ

ドッソレス・ホリデー -Dossoles Holiday
ドッソレス、そこはボリバルの有名な商業観光移動都市であり、龍門とは商業貿易の往来を維持している。
この年の夏、ドッソレスはいつものようにウェイ・イェンウー夫妻と鼠王を休暇に招待し、ウェイ・イェンウーはいつものように断る予定だったが、文月夫人の手配によって、龍門は結果的に使者を派遣する事となった。
シエスタにいたチェンはスケジュールを変える事となった。予想もしなかった再会、騒々しい都市、暗流の押し寄せた試合、チェンの休暇が始まる。
ドッソレス・ホリデー -Dossoles Holiday 翻訳ページ

ニアーライト -Near Light
時代。時代とはカジミエーシュでは一つの言葉に濃縮されている。私達はそれをカヴァレリエルキと呼び、私達はそれを大騎士領とも読んでいる。新たなカジミエーシュ騎士特別選手権が始まり、私達は栄光の金型を用いて、また一つの茶番劇を流し込んだ。
都市は光に溢れ、ネオンは空を征服した。金貨がカチカチと音をたて、キラキラと光り、小さな人物の顔がよく見えないほどに輝いていた。夜明けはまだ訪れてはいない。しかし長い夜は終わりを告げる。
ニアーライト -Near Light 翻訳ページ

風雪一過 -Break The Ice
イェラグ、人呼んで雪境。このカランド貿易を対外窓口としている雪国の小国は近年急速に発展しているようだが、その背後にある雪境の御三家にはますます鋭くなる矛盾が存在する。
様々な兆候はこの雪に覆われた白い土地で何が起こるのかを示している。時を同じくしてカランド貿易の主、エンシオディス・シルバーアッシュの招待を受け、ドクターはイェラグへと向かった。ドクターを待つは陰謀か、それとも……。
風雪一過 Break The Ice 翻訳ページ

将進酒 -Invitation to Wine
蜀の道は険しく、山あり谷あり、容易く手が届くものではない。
春寒厳しく、尚蜀に次々と訪れる客人達は「三山十七峰」のために訪れたのか、それとも源流不明の酒坏のために訪れたのか?
過去の怨念、彷徨う夢幻、ここで遭逢するであろう異郷人は、何故この棋局に閉じ込められているのか、はたまた自身の執念か?
答者は日が登ろうとも酔う、酒を飲み詩を唱う。
将に酒を進めんとす、杯停むること莫れ。
将進酒 -Invitation to Wine 翻訳ページ

己が導きへ -Guiding Ahead
ラテラーノ、ここは楽園であり、ここは奇跡でもある。無数の都市と王国は戦火に囚われ、瞬く間に消え去ったがラテラーノだけは永遠に残ってきた。教皇は前代未聞の会議を開催しようと画策、各国の代表が次々に足を踏み入れ、各国に分散していたトランスポーターも大聖堂へと再び戻った。
その中にはモスティマと彼女の神秘的な監督官も含まれていた。しかし、盛況の下、潜む危機はゆっくりと湧き上がる……
己が導きへ -Guiding Ahead 翻訳ページ

塵影と余音 -Guiding Ahead
アベンドート区、移動都市ヴィシェハイムの感染者居住区、オペレーターのハイビスカスは任務の目的地の調査を行った。
とある音楽家との告別コンサートが開幕し、貴族と流浪者がここに出会った。
人々は巷に漂う音楽を楽しんでいたが、危機の接近には気づかなかった。
数十年の時を経て、アベンドート区の心臓に長い間封じ込められていた旋律が再び響いた。
塵影と余音 -lingering Echoes 翻訳ページ

戦地の逸話 -Operation Intelligence
託された「言葉」、望まぬ「再会」、分かたれる「信念」、踏み出す「冒険」、誰しも自らの往く道がある。
戦地の逸話 -Operation Intelligence 翻訳ページ

洪炉示歳 -Ancient Forge
祭りの夜、龍門の街に「招かれざる客」が訪れる。
時には巨人、時には軍隊、その伝説と言われた存在が今、その姿を顕現させる。
洪炉示歳 -Ancient Forge 翻訳ページ

午後の逸話 -Stories Of Afternoon
安らぎの一時
記憶を紡ぐ1ページ
ここに記されるのは、
ささやかで大切な日常—―
午後の逸話 -Stories Of Afternoon 翻訳ページ

ウルサスの子どもたち -Children of Ursus
”不安、不信、不条理
忘れざる学園の光景が
やがて終幕のない劇となる。
過去が、今も彼女たちを責め立てる。”
ウルサスの子どもたち -Children of Ursus 翻訳ページ

在りし日の風を求めて -Rewinding Breeze
通り過ぎた過去が、
静かに降り積もる。
それは、すべて、ロドスに繋がる旅路。
在りし日の風を求めて -Rewinding Breeze 翻訳ページ

彼方を望む -Behind Here
帰るべき場所も、逢いたい人も、
今は遙か遙か遠く…。
それでも、目の前の日々を精一杯に生きていく。
彼方を望む -Behind Here 翻訳ページ

灯火序曲 -Preluding Lights
風が吹けば動かない葉は無い。各地での平穏や波乱の情勢下、人々はいつも各々の固守を持ち、それらを選択する。
長い時の川の流れの中、全てが前に進み出す。
灯火序曲 -Preluding Lights 翻訳ページ

 

我が眼に映るまま -VIGILO
希望は抱かなかった。
忘れなどしない。
資格があるかは分からない。
私の考えはこれだけに留まらず。
道がどこに向かおうが恐れはしない。
最後の賭けと共に。
我が眼に映るまま -VIGILO 翻訳ページ

赤松林 -Pinus Sylvestris
カジミエーシュの繁華街はいつも様々な人が慌ただしく通り過ぎている。騎士、スタッフ、観客……一人一人が自分の物語を持っている。
どれだけの人が希望、理想、抱負を抱いて都市の縁を彷徨い、その門に入る事が出来ないでいるのだろうか。そして、どれだけの人が権勢や名誉、利益と自己の衝突にもがき、無意識の内に深く嵌っていったのだろうか。
赤松林 -Pinus Sylvestris 翻訳ページ

暗雲に散る火花 -A Lights Spark in Darkness

暗雲に散る火花 -A Lights Spark in Darkness 翻訳ページ

ケオべのきのこ狩り迷界

連動競技 ヒュムノイの叡智

ストーリー一覧を展開する

断罪者からの挑戦状

ストーリー一覧を展開する

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました